【礼】名前に使うと良くない5つの理由!頭を下げる行為を連想する?
スポンサーリンク

名前に「礼」を取り入れることに対して、しばしば否定的な意見が聞かれますが、これらの意見が本当に妥当なのか考えてみましょう。

一般に言われる「良くない」という声は、実際には深い根拠に乏しく、小さな誤解や問題点に基づいていることが多いのです。

「礼」という漢字には、負の意味合いは全くありません。

実際、この文字は日々の生活の中でよく目にするもので、礼儀や礼節といったポジティブな価値を象徴しています。

そのやや古風な響きは、高貴さや上品さを感じさせることができるため、命名に際して積極的に選ぶべき文字の一つです。

にもかかわらず、なぜか「名前に使うのは良くない」という声が上がることがあります。

この記事では、そのような声がなぜ挙がるのか、以下の内容に沿ってその背後にある理由を詳しく掘り下げていきます。

  • 「礼」の意味とその由来
  • 名前に「礼」が良くないとされる5つの理由
  • 名前に「礼」を選ぶべき根拠
  • 「礼」の名前の現在の人気度
  • 「礼」を用いた子供の名前の例

この記事を読み終える頃には、「礼」を名前に含めることに対する迷いが晴れ、自信を持って選択できるようになるでしょう。

【礼】名前に使うと良くない5つの理由!頭を下げる行為を連想する?

スポンサーリンク

「礼」の意味とその由来

「礼」の意味とその由来

ここでは、「礼」という漢字が持つ意味、起源、そしてそれに関連するイメージについて、詳細にわたってご紹介します。

「礼」の意味

「礼」という漢字は、社会生活を営む上で守るべき行動や、模範とされる作法、さらには儀式や制度を意味します。

また、敬う心や感謝の気持ちを表す際にも用いられます。

「礼儀作法」「儀式」といった言葉でよく知られており、これらは「婚礼」「祭礼」のように、習慣に基づいて形式化された儀礼を指します。

社会上のルールや「礼拝」「敬礼」「礼状」「謝礼」といった表現を通じて、相手への敬意や感謝の心を示す、非常に道徳的な価値を持つ文字です。

「礼」の漢字の成り立ちと由来

「礼」の旧字体である「禮」は、「示」と「豊」の組み合わせから成り立っています。

これらの文字は共に神聖な意味合いを持ち、「示」は神への祈りを捧げる台、「豊」は神への供え物を盛る器を象徴しています。

このようにして、「神への奉納を行う儀式」という意味を持つ「礼」が誕生しました。

時間が経つにつれ、「礼儀」「作法」「儀式」といった意味を持つようになり、その由来は非常に尊いものとされています。

「礼」に対するイメージ

「礼」という文字は、尊敬や敬意、そして礼儀正しさを象徴するものとして広く認識されています。

社会生活における慣習や行動の規範を意味し、そのため聡明さや知的さ、誠実さを大切にする人々から特に好まれる傾向にあります。

スポンサーリンク

名前に「礼」を使うと良くないとされる5つの理由

名前に「礼」を使うと良くないとされる5つの理由

名前に「礼」を取り入れる際に表れる懸念点は、主に次の5つに要約されます。

  • 他人に対する敬意を表す際の「頭を下げる」動作を思い起こさせるから
  • 「れい」以外の読み方に対する一般的な認知度が低いから
  • 「れい」と読む他の漢字の選択肢が多いから
  • 性別を判別しにくいから
  • 架空のキャラクターや特定職業のイメージがあるから

他人に対する敬意を表す際の「頭を下げる」動作を思い起こさせるから

「礼」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、日常で見られる「お礼」のジェスチャーです。

これは日本文化に深く根ざした表現で、相手への敬意を示す行為を象徴しています。

しかしながら、この行為を名前に「礼」を含めることへの否定的な見方として捉える人もいます。

「れい」以外の読み方に対する一般的な認知度が低いから

「礼」の字には、「れい」の他にも「あや」「あき」「のり」「ひろ」「あきら」といった様々な読み方があります。

これらのバリエーションを持つ名前は個性的でありながら、一般的な認識が低いために誤読されやすいという現実があります。

この読み方の多様性が、名前として「礼」を良くないとする理由の一つになっています。

「れい」と読む他の漢字の選択肢が多いから

「れい」と読める漢字には、「礼」以外にも「玲」「怜」「鈴」「令」「麗」「零」「励」「嶺」といった多くの選択肢があります。

これらの中から「礼」を選ぶ明確な理由が見つからない場合、新鮮さを求める声や「礼」が古風に感じられるという意見が出ることがあります。

性別を判別しにくいから

例えば「鈴木礼」「佐藤礼」「田中礼」といった名前では、性別を一目で判断することができません。

名前だけでは性別が不明確であり、公的な書類や場面で性別を誤って扱われるリスクがあります。

これは「礼」を名前に含める際の考慮すべき点です。

架空のキャラクターや特定職業のイメージがあるから

実際に「礼」を名前に持つ人は少なく、このために架空のキャラクターやホストなど特定の職業のイメージが先行してしまうことがあります。

1949年に人名用漢字として追加された「礼」は、伝統的な印象を持ちつつも、使い方によっては現代的なニュアンスを帯びることも。

この複雑なイメージが、「礼」を名前に選ぶ際の選択を難しくしています。

スポンサーリンク

名前に「礼」を選ぶべき根拠

名前に「礼」を選ぶべき理由

「礼」という文字を名前に選ぶことに対しては様々な意見がありますが、実際にはこの漢字が持つ価値は計り知れません。

名前に「礼」を含めることの大きな魅力は主に二つあります。

  • 礼儀を重んじる性格を育む可能性
  • 漢字自体が持つ深い歴史と美しい由来

礼儀を重んじる性格を育む可能性

礼儀は時に息苦しく感じられることもありますが、それは日本文化の大切な一部であり、長い間大切にされてきました。

例えば、「礼に始まり礼に終わる」という剣道の教えのように、礼儀は私たちの生活のあらゆる面で重要視されています。

名前に「礼」を持つことで、子どもが礼儀正しく、感謝の心を持ち、他人を尊重する性格に育つことを期待できます。

これは、親が子どもに望む素晴らしい特質であり、「礼」を名前に選ぶ大きな理由となります。

漢字自体が持つ深い歴史と美しい由来

「礼」のもととなる「禮」は、「示」と「豊」の組み合わせで構成されており、これらは神への祈りや供物を象徴する文字です。

この組み合わせにより、「礼」は神への奉納や儀式を意味する漢字として誕生しました。

時間が経つにつれて、「礼儀」や「作法」といった意味を持つようになり、非常に尊い由来を持つことになります。

「礼」を名前に選ぶことは、このような豊かな歴史と文化を子どもに伝える意味合いも持ち合わせています。

「礼」を含む名前の現在の人気度

「礼」を含む名前の現在の人気度

「礼」を含む名前が今どれほどの人気を博しているか、以下の二つの視点から分析してみました。

  • 命名ランキングにおける「礼」
  • 「礼」を名に持つ有名人

この2つのデータから検証してみました。

命名ランキングにおける「礼」

赤ちゃんの名付けに関する最新のランキング情報を、大手機関から収集しました。

結果、「礼」を含む名前は、男の子でも女の子でも上位100位内にはランクインしていませんでした。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

これは、「礼」が現在、大流行しているわけではないことを示していますが、逆に言えば、他とは異なるユニークな名前を求めるには絶好のチャンスかもしれません。

「礼」を名に持つ有名人

一見、すぐには思い浮かばないかもしれませんが、「礼」を名前に含む有名人は意外と多いです。

例えば、以下のような方々がいます。

  • 菊川怜:女優
  • 檀れい:女優
  • 高島礼子:女優
  • 大西礼芳:女優
  • 春野寿美礼:女優
  • 水嶋礼子:女優
  • 大和田礼子:女優
  • 北川礼子:女優
  • 柚希礼音:女優、歌手
  • 広田礼美:女優
  • 本田礼生:俳優
  • 西脇礼門:俳優
  • 中島礼貴:俳優
  • 高地礼奈:モデル
  • 坂本礼美:モデル
  • 山下礼:モデル
  • 山下礼夏:モデル
  • 松田礼央:モデル
  • 星野礼奈:モデル
  • 永井礼佳:タレント
  • 丸山礼郁:タレント
  • 小牟礼愛子:タレント
  • 大森礼恩:タレント
  • 本田礼生:タレント
  • 内田真礼:声優
  • 中村礼子:水泳選手
  • 土佐礼子:マラソン選手
  • 宮島礼吏:漫画家
  • 広江礼威:漫画家
  • 土屋礼央:気象予報士
  • 丸山礼:お笑いタレント
  • 中川礼二:芸人
  • なかにし礼:作詞家、小説家

これらの有名人の存在は、「礼」を名前に持つことの魅力と、その名が持つ独特の個性を際立たせています。

「礼」を使った男の子の名前例

「礼」を使った男の子の名前例

男の子の名前に「礼」を含んだ男の子の名前候補をご紹介します。

  • 礼(れい):「礼」は礼儀や敬意を表し、社会的なマナーや尊敬の心を持つ人を象徴する名前です。礼享(みちたか):「享」は受け入れる、享受することを意味し、「礼」は礼儀を表します。他人からの教えや恩恵を礼儀正しく受け入れる人を意味する名前です。
  • 光礼(みつのり):「光」は明るさや希望を、「礼」は礼儀を意味します。明るい光のように周りを照らし、礼儀正しさを持つ人を意味する名前です。
  • 湖礼(みらい):「湖」は静かで穏やかな美を表し、「礼」は礼儀を意味します。「湖のような静けさと礼儀正しさを兼ね備え、未来(みらい)へと進む人」という意味の名前です。
  • 三礼(みれい):「三」は数や順序を示し、「礼」は礼儀を表します。三つの大切な礼儀を守り、敬意を持って生きる人を象徴する名前です。
  • 守礼(もりよし):「守」は保護すること、「礼」は礼儀を意味します。礼儀を守り、良い行いをする人を意味する名前です。
  • 恭礼(やすのり):「恭」は謙虚や敬うこと、「礼」は礼儀を表します。恭しく礼儀正しい行動を取る人を意味する名前です。
  • 安礼(やすよし):「安」は平和や安心、「礼」は礼儀を意味します。平和と安心をもたらし、礼儀を重んじる人を意味する名前です。
  • 幸礼(ゆきのり):「幸」は幸福、「礼」は礼儀を表します。幸福を感じながら、礼儀正しく生きる人を意味する名前です。
  • 義礼(よしのり):「義」は正義や道徳、「礼」は礼儀を意味します。正義感が強く、礼儀を守る人を象徴する名前です。
  • 礼恭(よしゆき):「恭」は敬うこと、「礼」は礼儀を表します。敬う心を持ち、常に礼儀を忘れない人を意味する名前です。
  • 礼翔(れいと):この名前は、"翔"の字が「高く飛ぶ」ことを意味し、"礼"は礼儀や敬意を表します。つまり、「礼儀を持ちながら高い目標に向かって努力する人」という意味を持つ名前です。
  • 礼真(れいま):「真」は真実や誠実さを象徴し、「礼」は礼儀正しさを意味します。この名前は「誠実さと礼儀を大切にする人」という意味合いを持ちます。
  • 礼也(れいや):「也」は「そうである」という肯定の意味を含み、「礼」は礼儀や敬意を示します。「礼儀正しく、確固たる人格を持つ人」という意味があります。
  • 礼弥(れいや):この名前も「礼也」と同様に、「礼」は礼儀を、「弥」は広がりや充実を意味します。「礼儀を広く行い、人生を豊かにする人」という意味を持ちます。
  • 礼椰(れいや):「椰」は椰子のことで、遠くの国の珍しいものを連想させます。「礼」は礼儀を指し、この名前は「異国のように珍しく、礼儀知らずな心を持つ人」という意味があります。
  • 礼陽(れいよう):「陽」は太陽や明るさを意味し、「礼」は礼儀を表します。この名前は「太陽のように明るく、礼儀正しい人」という意味合いを持ちます。
  • 礼朗(れいろう):「朗」は明るく晴れやかな様子を示し、「礼」は礼儀を意味します。「明るく礼儀正しい人」というポジティブな特徴を持つ名前です。
  • 礼於(れお):「於」は場所や事柄に対する前置きを示し、「礼」は礼儀を表します。この名前は「どの場所でも礼儀を忘れない人」という意味を持ちます。
  • 礼旺(れお):「旺」は栄えるや盛んであることを意味し、「礼」は礼儀を指します。「礼儀正しさによって栄える人」という意味があります。
  • 礼恩(れおん):「恩」は恵みや感謝を表し、「礼」は礼儀を意味します。「感謝の心を持ち、礼儀正しい人」という温かい意味を持つ名前です。
  • 礼温(れおん):「温」は温かさや優しさを意味し、「礼」は礼儀を示します。「温かい心を持ち、常に礼儀を忘れない人」という意味があります。
  • 礼遠(れおん):「遠」は遠く、広い視野を持つことを象徴し、「礼」は礼儀を表します。「広い視野を持ち、礼儀を重んじる人」という意味を持つ名前です。
  • 礼雅(れが):「雅」は美しさや上品さを意味し、「礼」は礼儀を示します。「上品で礼儀正しい、美しい心を持つ人」という意味があります。
  • 礼貴(れき):「貴」は尊いや貴重であることを意味し、「礼」は礼儀を表します。「尊く、礼儀を重んじる貴重な存在」という意味を持つ名前です。
  • 礼悟(れご):「悟」は理解や悟りを表し、「礼」は礼儀を意味します。「深い理解と礼儀を兼ね備えた、賢明な人」という意味があります。
  • 礼門(れもん):「門」は入り口や始まりを象徴し、「礼」は礼儀を示します。「新たな始まりに礼儀正しさを持ち込む人」という意味を持つ名前です。

「礼」を使った女の子の名前例

「礼」を使った女の子の名前例

女性の名前に「礼」を取り入れることで、優雅さや礼儀正しさを象徴する名前をご紹介します。

  • 礼(れい・あや):「れい」は礼儀や敬意を象徴し、品格と美徳を持つ人を意味します。「あや」の読み方では、より柔らかく親しみやすい響きを持ち、美しい礼儀を大切にする心を表します。
  • 礼唯(れい):「唯」は唯一無二を意味し、「礼」は礼儀や敬意を示します。唯一無二の礼儀正しさと、特別な存在であることを意味する名前です。
  • 礼菜(あやな):「菜」は菜の花や成長を象徴し、「礼」は礼儀を意味します。「あやな」という読みで、礼儀正しく、明るく成長する美しい人を象徴する名前です。
  • 亜礼菜(あれな):「亜」は次や、あるいはアジアを意味し、「礼菜」は礼儀と成長を組み合わせたものです。国際的な感覚を持ち、礼儀正しく成長する人を意味する名前です。
  • 英礼奈(えれな):「英」は英雄や優れるを意味し、「礼奈」は礼儀正しさと美しさを兼ね備えた人を示します。優れた礼儀を持ち、周りを魅了する人を意味する名前です。
  • 玖礼葉(くれは):「玖」は黒や美しい石を象徴し、「礼葉」は礼儀と自然の美しさを示します。自然の美しさと礼儀正しさを大切にする人を意味する名前です。
  • 彩礼(さあや):「彩」は色彩や華やかさを意味し、「礼」は礼儀を表します。「さあや」という読みで、華やかで礼儀正しい人生を送る人を象徴する名前です。
  • 沙絵礼(さえら):「沙」は砂や小さな粒子、「絵」は絵画や美しい姿を意味し、「礼」は礼儀を示します。繊細で美しい礼儀を持ち、人生を彩る人を意味する名前です。
  • 咲莉礼(さりれ):「咲」は花が咲くこと、「莉」は茉莉花を意味し、「礼」は礼儀を表します。花のように美しく、茉莉花のような清らかさと礼儀正しさを持つ人を意味する名前です。
  • 菫礼(すみれ):「菫」はすみれ(菫花)を意味し、「礼」は礼儀を示します。すみれの花のように美しく、礼儀正しい心を持つ人を象徴する名前です。
  • 寿美礼(すみれ):「寿」は長寿や祝福を、「美」は美しさを、「礼」は礼儀を意味します。長い人生を美しく礼儀正しく生きる人を象徴する名前です。
  • 珠美礼(すみれ):「珠」は宝石や貴重なもの、「美」は美しさ、「礼」は礼儀を表します。宝石のように貴重で美しく、礼儀を重んじる人を意味する名前です。
  • 素美礼(すみれ):「素」は自然や素朴を、「美」は美しさを、「礼」は礼儀を意味します。自然な美しさと素朴な礼儀正しさを持つ人を示す名前です。
  • 星礼音(せれね):「星」は星や夢を、「礼」は礼儀を、「音」は音色を表します。星のように輝く夢と、礼儀正しさ、美しい音色を持つ人を意味する名前です。
  • 天礼沙(てれさ):「天」は天や高い所を、「礼」は礼儀を、「沙」は砂や柔らかさを意味します。天からの恵みと礼儀正しさ、柔らかさを兼ね備えた人を象徴する名前です。
  • 麻亜礼(まあれ):「麻」は自然や素材を、「亜」は次やアジアを、「礼」は礼儀を表します。自然な素材のように素朴で、次世代を担い、礼儀を重んじる人を意味する名前です。
  • 現礼(みゆき):「現」は現在や実現を意味し、「礼」は礼儀を示します。現在の時代に合った礼儀正しさを持ち、実現力のある人を象徴する名前です。
  • 礼麗(らいり):「麗」は美しいや麗しいを表し、「礼」は礼儀を意味します。美しさと礼儀正しさを兼ね備え、麗しい人生を歩む人を意味する名前です。
  • 礼惟亜(れいあ):「惟」は思うや考えるを、「亜」は次やアジアを、「礼」は礼儀を表します。思慮深く、次代を担う礼儀正しい人を意味する名前です。
  • 礼衣加(れいか):「衣」は衣服や覆うものを、「加」は加えるや増すを、「礼」は礼儀を意味します。人に温もりを与え、常に礼儀を加える人を象徴する名前です。
  • 礼捺(れいな):「捺」は押すや確かめるを意味し、「礼」は礼儀を表します。確かな礼儀を押し出し、周囲に確かな印象を与える人を意味する名前です。
  • 礼菜(れいな):「礼」は礼儀や敬意を表し、「菜」は野菜や自然の恵みを意味します。自然の恵みに感謝し、礼儀正しい心を持つ人を象徴する名前です。
  • 礼羅(れいら):「礼」は礼儀を、「羅」は絹の薄布や広がりを意味します。広がりを持ちながらも、礼儀正しさを忘れない優雅な人を意味する名前です。
  • 礼蘭(れいら):「礼」は礼儀を、「蘭」は美しい花を表します。美しい蘭の花のように、洗練された礼儀正しさを持つ人を意味する名前です。
  • 礼於奈(れおな):「礼」は礼儀、「於」は場所や事柄に対する前置き、「奈」は美しい樹木を意味します。どんな場所でも礼儀を忘れず、美しく成長する人を象徴する名前です。
  • 礼菜(れな):別の読みで再登場する「礼菜」は、自然の恵みと礼儀を大切にする心を持つ人を意味します。
  • 礼美花(れみか):「礼」は礼儀、「美」は美しさ、「花」は花や美しいものを象徴します。礼儀を重んじ、内外ともに美しい人生を歩む人を意味する名前です。
  • 愛萌礼(あもれ):「愛」は愛情、「萌」は新しい芽が出ること、「礼」は礼儀を意味します。愛情深く、新しい始まりに礼儀正しさを持ち合わせる人を象徴する名前です。
  • 礼奈(りな):「奈」は美しい樹木を意味し、「礼」は礼儀を表します。美しい自然と調和し、礼儀正しい心を持つ人を意味する名前です。
  • 礼実(あやみ):「実」は実る、真実を意味し、「礼」は礼儀を表します。真実と誠実さを大切にし、礼儀正しい行動をする人を意味する名前です。
  • 歩礼(あゆみ):「歩」は歩む、進むを意味し、「礼」は礼儀を表します。人生を礼儀正しく歩み、成長していく人を象徴する名前です。
  • 絵礼奈(えれな):「絵」は美しい姿や形、「奈」は美しい樹木を意味し、「礼」は礼儀を表します。美しい絵のように魅力的で、礼儀正しく成長する人を意味する名前です。
  • 礼乃(よしの):「乃」は古語で「の」、所有や起点を示し、「礼」は礼儀を意味します。「よしの」は美しい場所や良いことを連想させ、礼儀を大切にする心を持つ人を意味する名前です。

これらの名前は、「礼」の持つ優雅さや尊敬の念を反映した名前です。名付けの参考にしてくださいね。

まとめ:「礼」を名前に使うことについて、最終的にどうする?

まとめ:「礼」を名前に使うことについて、最終的にどうする?

「礼」が名前に適さないとされる声はあるものの、その多くは具体的な根拠に欠け、主に先入観や表面的なイメージに基づいています。

実際には、これらの理由は決して名前を選ぶ際の大きな障壁とはなり得ません。

私の結論としては、名前に「礼」を取り入れること自体に問題はないと考えます。

もし親御さんが「礼」という文字に特別な魅力を感じ、お子様に対する深い愛情や願いを込めてこの名前を選ばれるのであれば、些細な懸念事項は気にする必要はありません。

この記事を通じて行った調査や分析、そして私個人の意見は、決して「礼」を名前に持つ人々を批判する意図ではありません。

むしろ、名前選びの一つの視点を提供し、より豊かな選択肢を考慮していただくためのものです。

おすすめの記事