【燈】名前に使うと良くない3つの理由!火災の危険性から避けるべき?
スポンサーリンク

名前に「燈」を含めることについて、どう思いますか?

この漢字が火を連想させるため、一部では不吉な象徴と捉えられがちです。

しかし、そうした見方は古い迷信に基づくもので、現代社会ではそれほど心配する必要はありません。

日常ではあまり目にしない「燈」は、新鮮で魅力的な印象を与えます。

男の子の名前に限らず、様々な読み方で使用されるようになっていますが、「名前には不向き」と主張する声も確かに存在します。

そこで、この記事では以下のポイントを深掘りしていきます。

  • 「燈」の意味と由来
  • 名前に「燈」を使うと良くない3つの理由
  • 名前「燈」に託される親の深い願い
  • 現在の「燈」の人気度
  • 「燈」を含む子どもの人気名前の例

この記事を読めば「燈」にまつわる疑問や懸念を解消できるでしょう。

【燈】名前に使うと良くない3つの理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

「燈」の意味とその由来

「燈」の意味とその由来

名前に「燈」を考えている方へ、この漢字の意味と背景について知っておくべきことがあります。

ここで詳しくご紹介します。

「燈」の意味とその使用法

「燈」という漢字は、その周囲を明るく照らす力を象徴しています。

さらに、リーダーシップを示したり、積極的に行動する力も内包しています。

まるで灯火が暗闇を照らすように、道を指し示す存在であることから、その意味が派生しています。

この漢字は、男の子の名前に適していると感じられるかもしれませんが、女の子にも同様に使えます。

女の子の場合は、周囲を温かく包み込むような優しさを表現するのに適しているでしょう。

「燈」の由来

「燈」の由来は「火」が「登る」の組み合わせです。

ともしびという意味を持つように、たいまつやろうそくに火をともして暗い部屋を明るく照らすといった意味が由来になります。

ともしびというと、か細い光という意味がイメージされるかもしれませんが、明かりがないところに明かりを照らすものとして周囲を安心させるという意味があるのです。

ただの火ではなく、人の心を安心させる火が由来になっていると覚えておきましょう。

「燈」の成り立ち

「燈」の由来は、火が上に登る様子を組み合わせたものです。

たいまつやろうそくを灯して暗闇を照らす姿から、この漢字が生まれました。

一見、弱々しい光かもしれませんが、その光が周囲に安心感を与える力を持っています。

単なる火の光ではなく、人々の心を温める、そんな深い意味が込められています。

灯と燈の違い

一般的に「燈」は「灯」の旧字体とされていますが、実は元々は異なる意味を持つ別の漢字でした。

「燈」はほのかな光や小さな光を意味し、「灯」はより強い火を象徴します。

この二つの漢字が一つに統合された背景には、国語審議会の漢字部会による再検討があります。

その結果、「燈」は「灯」に統一され、現在では「燈」を旧字体、「灯」を新字体として区別しています。

名前における「燈」の意味

「燈」という漢字は、常用漢字には含まれていませんが、人名用漢字として使用することができます。

名前に「燈」を用いる際は、「周囲を優しく照らす光のような存在になってほしい」「人々を温かく包み込むような優しさを持つ人に」という願いが込められています。

この漢字は、優しさや安心感、そして人生の道を明るく照らす灯台のような存在になることを願う際に選ばれます。

スポンサーリンク

名前に「燈」を使うと良くない3つの理由

名前に「燈」を使うと良くない3つの理由

名前に「燈」を含めることに懸念を抱く主な理由は以下の三点に集約されます。

  • 火を連想させる漢字は運気に良くないとされる
  • 火に関連するイメージが否定的な印象を与えがち
  • 常用漢字ではないため、日常生活での不便さ

火を連想させる漢字は運気に良くないとされる

「燈」が名前に適さないとされる一つ目の理由は、「火偏の漢字が運気に悪影響を及ぼす」という考え方にあります。

「燈」の左側にある「火」は、過去に木造建築が主流であった日本において、火災の危険性が高く、大きな損失や命の危険に直結していました。

そのため、火には特別な警戒心があり、名前に含めることで不吉な出来事を引き寄せるという考えが根強く残っています。

火に関連するイメージが否定的な印象を与えがち

「燈」を避けるべき二つ目の理由は、火が持つイメージが人物の性格にネガティブな影響を与えると考えられるからです。

火は生活に必要不可欠な要素でありながら、攻撃性や怒りっぽさ、強い気性といった性格特性を連想させることがあります。

特に、穏やかで優しい性格を願う女の子の名前に「燈」を用いることに対して、適さないとする意見も存在します。

常用漢字ではないため、日常生活での不便さ

三つ目の理由は、「燈」が常用漢字に含まれないため生じる日常生活での不便さです。

2136文字からなる常用漢字に「燈」は含まれておらず、これが原因で正確に書けない、読めない人が多くいます。

名前にこの漢字を使用すると、誤った読み方をされたり、書類上で正しく記載されないリスクがあります。

また、口頭での伝達も難しくなるため、より一般的な漢字を使用することが推奨される理由です。

スポンサーリンク

名前「燈」に託される親の深い願い

名前「燈」に託される親の深い願い

「燈」という名前に対して躊躇いを感じるかもしれませんが、この名前には親が子どもに込めたいと願う、深く温かなメッセージがあります。

  • 混沌とした世の中で道しるべとなるように
  • 暗闇を優しく照らす、穏やかな人格を持つように

混沌とした世の中で道しるべとなるように

「燈」は、その昔から「あかり」や「ともしび」と同じく、光を象徴する漢字です。

現代社会が直面する数々の困難や自然災害の中で、子どもたちがまるで灯台のように、希望の光を放ち、人々を正しい方向へと導く存在に成長してほしいという願いが込められています。

この漢字を名前に選ぶことで、性別を問わず、将来リーダーシップを発揮する人物になることを期待しています。

暗闇を優しく照らす、穏やかな人格を持つように

「燈」は眩しすぎず、柔らかな光を放つことから、人々を優しく包み込むような人柄を象徴します。

この名前を持つ子どもが、人を強引に引っ張るのではなく、支えとなり、背中を押す存在になってほしいという願いがあります。

親としては、子どもがどんな人生を歩むにせよ、「優しさ」という普遍的な価値を大切にしてほしいと願うものです。

現在の「燈」の人気度は?

現在の「燈」の人気度

漢字「燈」が名付けにおいてどれほどの人気を集めているか、最新のデータを基に探ってみました。

  • 赤ちゃん命名ランキングでの「燈」
  • 名前に「燈」を含む有名人

赤ちゃん命名ランキングでの「燈」

最近の赤ちゃんに選ばれる名前のトレンドを見るため、大手調査機関が発表したランキングをチェックしました。

そこでの「燈」の位置はどうでしょうか?

「燈」も「灯」も、残念ながらトップ100には見当たりませんでした。

しかし、これは逆に「燈」を選ぶことで、一般的ではないユニークな名前を子どもに与えるチャンスとも言えます。

同じ名前や漢字の重複を避けたい親御さんにとっては、意外な狙い目かもしれません。

名前に「燈」を含む有名人

「燈」の漢字を名前に含む知られた人物を調べてみましたが、その数は思ったよりも少ないことがわかりました。

  • 赤澤燈:俳優
  • 花間燈:作家
  • 野田大燈:教育者・僧侶

男の子に人気の「燈」を含む名前例

男の子に人気の「燈」を含む名前例

以下は、男の子に選ばれる「燈」を含む人気の名前を紹介いたします。

  • 燈弥(とうや):灯のように人々を照らし、温かさを与える名前。
  • 燈哉(とうや):明るい灯のように、希望を示す名前。
  • 燈和(とうわ):灯の光が和らぐように、穏やかな心を持つ名前。
  • 侑燈(ゆうひ):助けを与える灯のように、人々を支える名前。
  • 佑燈(ゆうひ):守護する灯のように、周囲を明るくする名前。
  • 燈矢(ともや):矢のようにまっすぐ進む、明るい灯を意味する名前。
  • 燈李(とうり):美しい灯のように、人を引きつける魅力を持つ名前。
  • 燈明(とうあ):灯の光が明るく輝き、希望を照らす名前。
  • 燈和(ひより):日和のように温かい灯の光を意味する、穏やかな名前。
  • 祐燈(ゆうひ):灯を祐うように、幸福をもたらす名前。
  • 燈真(とうま):真実を照らす灯のように、誠実な心を持つ名前。
  • 睦燈(りくと):人々が睦み合う灯のように、和やかな関係を築く名前。
  • 桜燈(はると):桜のように美しく、灯のように温かい名前。
  • 燈也(とうや):灯のようにも、広い可能性を持つ名前。
  • 燈々斗(ひびと):日々と灯の光を組み合わせ、毎日を明るく照らす名前。

女の子に人気の「燈」を含む名前例

女の子に人気の「燈」を含む名前例

女の子に選ばれる「燈」を含む人気の名前を紹介します。

  • 燈璃(あかり):灯の光が煌めく瑠璃のように、美しく輝く名前。
  • 燈佳(ともか):灯のように優しく、佳しい光を放つ名前。
  • 燈菜(ひな):灯の光が優しく照らす野菜のように、生命力あふれる名前。
  • 燈奈(ひな):灯の光に導かれるように、温かい心を持つ名前。
  • 遥燈(はるひ):遠くまで照らす灯の光のように、広がりを持つ名前。
  • 彩燈(あやひ):色とりどりの彩りと灯の光を合わせ、華やかな名前。
  • 燈満里(ひまり):灯の光が満ちる里のように、幸せが溢れる名前。
  • 燈鞠(ひまり):灯の光が柔らかく包む鞠(球)のように、優しさを持つ名前。
  • 燈茉里(ひまり):灯の光に照らされる茉莉花の里のように、清らかな名前。
  • 燈舞里(ひまり):灯の下で舞う里のように、美しく踊る名前。
  • 燈真理(ひまり):灯の光が真理を照らすように、真実を追求する名前。
  • 燈依(ひより):灯の光に依存する日和のように、穏やかな日々を送る名前。
  • 燈胡(とうこ):灯の光が胡蝶のように舞う、美しく自由な名前。
  • 燈瑚(とうこ):灯の光が珊瑚のように温かく、美しい海を照らす名前。
  • 燈和(ひより):灯の光が和やかな日和をもたらす、穏やかな名前。

まとめ:「燈」を名前に含めることに最終的にどうする?

まとめ:「燈」を名前に含めることに最終的にどうする?

「燈」を名前に選ぶ際の考慮点は以下の通りです。

  • 火偏の漢字が不吉とされること
  • 火に関連するイメージがネガティブな印象を与える可能性
  • 常用漢字外であるための日常生活での不便

しかし、「燈」に関する懸念は個人の価値観によって異なります。

この漢字が持つポジティブな意味合いを重視し、少々の不便を乗り越える価値があると感じる親御さんも多いでしょう。

名付けは、親が子どもに対して持つ愛情と願いを形にする行為です。

だからこそ、「燈」を選ぶことに何の問題もありません。

この記事が、名前を選ぶ際の一助となれば幸いです。

おすすめの記事