「柚」を名前に使うとよくない4つのデメリット|子供の将来に影響?
スポンサーリンク

柚子の実やその音の響きは、一般的には好意的なイメージを持たれがちです。

最近では、赤ちゃんの名前に「柚」を選ぶ親御さんが増えており、名前ランキングでも上位に。

しかし、この漢字が名前に適さないという意見もあるのです。

今回は以下の点について詳しく解説します。

  • 名前として「柚」が適さない理由
  • 「柚」を名前に採用する正当な理由
  • 「柚」を含む人気の名前

 

スポンサーリンク

名前に「柚」を選ばない方がいい4つの理由

一般的に「柚」の文字を名前に使うことに対して否定的な見方があるのは、以下の4点です。

  • 不美人(しこめ)を連想させる
  • 木に危険な棘がある
  • 成長が遅い
  • 地味で古風な印象

「柚」には思いがけないネガティブな側面があることに驚かれるかもしれません。

それでは、詳細に見ていきましょう。

不美人(しこめ)を連想させるため

「柚」の字を辞書で調べると、以下のような記述が見つかります。

「不美人(しこめ)を指す。」

不美人(しこめ)は、文字通り、見た目が魅力的でない女性を意味します。

柚子の果実の表面は、一般的なミカンと異なり凹凸があります。

その表面の凹凸は、まるでニキビを思わせるよう。

正直なところ、美しいとは言い難いですね。

美しく成長してほしい女の子に

「見た目が悪い果実の名をつけるのは適切ではない」と考える人もいるのです。

木に危険な棘があるため

柚子の木には鋭くて長い棘があります。

これは柑橘類に共通する特徴で、みかん狩りを経験した人ならご存知でしょう。

不注意だと、手に刺さって怪我をすることも。

  • 棘のある表現
  • 棘のある性格
  • 棘のように引っかかること

これらの棘に関連する表現は、ネガティブな意味合いを持ちます。

柚の字を名前にすることで、性格がきつくなり、他人を傷つけるようになると考える人もいるのです。

実が成るまでの長期間

柚子の木を種から育てる場合、実をつけるまでには相当な時間が必要です。

その期間は、驚くべきことに15年から20年にも及ぶことがあります。

この柚子の特性から、

「桃栗三年柿八年、柚の大馬鹿十八年」

というような揶揄されることもあります。

「つまり、成長が遅い柚を育てるのは無駄な努力と見なされることもあるのです。」

このため、柚を名前に選ぶと、

  • 子供の成長が遅れる
  • 女の子が不妊になるリスクがある

と考える人もいるのです。

※ただし、園芸店で販売されている柚子の苗木は接ぎ木によって育てられており、4~5年で収穫が可能です。

シンプルでレトロな印象

「柚」が人名用漢字として認められたのは1990年4月からです。

まだ30年ほどと比較的新しい歴史を持っています。

しかし、一部では「柚はどこか地味で、古風な感じがする」という意見もあります。

確かに、明治や大正時代の物語に登場するキャラクターの名前にふさわしい雰囲気があります。

キラキラネームを好む現代の傾向と比較すると、柚はやや時代遅れに感じられるかもしれません。

スポンサーリンク

「柚」を名前に選ぶ際の3つの魅力的な理由

それでは、なぜ「柚」をお子様の名前に選ぶことが素晴らしい選択なのか、その理由を3つご紹介します。

  • 柚子の果実が持つ魅力的なイメージ
  • 大器晩成の価値
  • 美しい花言葉

柚子の果実の魅力

「柚子」という言葉を耳にすると、私たちはすぐにその爽やかな香りを思い浮かべることでしょう。

外見の果皮よりも、中身の果実が私たちの心に強い印象を残します。

これは多くの方々に共通する感覚かもしれませんね。

柚子の果実の外見は少々粗野かもしれませんが、

  • ゆず湯での心地よいリラックスタイム
  • 鍋料理に加える爽やかな一滴
  • ポン酢の酸味で味わい深い食事
  • 柚子胡椒のピリッとした刺激
  • 柚子ジャムの甘酸っぱさ

これらはすべて心地よいイメージをもたらします。

「柚」を名前に選ぶことで、お子様には女の子に限らず、男の子にも素敵な印象を与えることができるでしょう。

 大器晩成の美徳

柚子の木は、実をつけるまでに15年から20年の時間を要します。

桃や栗が早熟型であるのに対し、柚子は「大器晩成」の代表例です。

お子様の成長が少し遅いと感じることもあるかもしれませんが、世界には遅くとも大成した多くの偉人がいます。

早熟型は若い時に脚光を浴びますが、「20歳を過ぎればただの人」という言葉もありますね。

「大器晩成は決して劣っているわけではなく、その独自の価値があるのです。」

柚子の木のように、時間をかけてゆっくりと成長することも、一つの美しい過程です。

花言葉が良いから

柚子は果実をつけるまえに、白い花を咲かせます。

その柚子の花の「花言葉」がこちら。

  • 健康美
  • 汚れなき人
  • 恋のため息
  • 幸福
  • 嬉しい知らせ

どれもポジティブなもので、ネガティブなものはひとつもありません。

特に「健康美」なんて、女の子にとってはうってつけの花言葉です。

「健康で美しく、ピュアな人に育ってほしい」

そんな願いをこめて「柚」の字を選ぶのも素晴らしいと思いますよ。

スポンサーリンク

「柚」の花言葉を詳しく教えて!

冬至が近づくと、私たちの目に飛び込んでくるのが柚子の実。

その花は、ミカン科の植物らしく、中心に黄色い花弁を持つ星型の白い花です。

地域によって異なりますが、一般的には5月から6月にかけてその美しさを楽しむことができます。

柚子の花には、「健康美」「清らかな人」「恋のため息」という花言葉があります。

「健康美」は、花が咲く時期の木の姿から来ています。

青々とした葉と、澄んだ白い花が、清潔感と健やかさを象徴しています。

「清らかな人」は、その清々しい葉と花の外見から名付けられました。

特に、深い緑に囲まれた中で際立つ白い花は、高潔で魅力的な人物を思わせます。

「恋のため息」は、柚子特有のほんのり甘い香りから来ています。実の香りとは異なる、独特の甘さが感じられるのです。

これらの花言葉は、柚子の花が持つ清潔感と控えめな甘さを表しています。

柚子の色や種類による花言葉の違い

獅子柚や本柚子など、柚子にはさまざまな種類がありますが、花言葉に関しては種類別のものは特にありません。

ただし、日本と海外では花言葉に若干の違いがあります。

日本では「健康美」「清らかな人」「恋のため息」といった花言葉が一般的ですが、海外では「リラクゼーション」「香り高い」といった、香りに焦点を当てた花言葉が見られます。

また、「幸福」や「嬉しい知らせ」、「花嫁の喜び」といった花言葉もあり、結婚式でのフラワーシャワーやブーケに使われることもあります。

そのため、最近では日本でも「幸福」を花言葉に加えることが増えています。

柚子の花言葉に不吉な意味はあるのか?

結婚式で使用されることからも分かるように、柚子の花言葉には基本的に不吉な意味はありません。

しかし、柚子の木にはトゲがあることや、実のデコボコした外見から、「トゲトゲしい性格で見た目が醜い」という意味を連想させることがあります。

また、「桃栗三年柿八年柚子の大馬鹿十八年」という言葉があり、他の植物に比べて実がなるまで時間がかかることを揶揄しています。

これは、『二十四の瞳』の作者、坪井栄さんが用いたフレーズで、古くから使われていた「柚子は九年で花盛り」「柚子は九年でなりさかる」という言葉をアレンジしたものです。

しかし、柚子は強い植物で、土があまり肥えていなくてもしっかりと育ちます。そのため、名前に使うには縁起の良い字とも言えるでしょう。

「柚」の漢字を含む有名人

  • 塩越柚歩:サッカー選手
  • 山本柚月:サッカー選手
  • 山中柚乃:陸上競技選手
  • 橋本柚稀:女優
  • 若村柚那:女優
  • 清水柚羽:女優
  • 白方柚香:女優
  • 樋口柚子:女優
  • 木下柚花:女優
  • 平井柚葉:女優
  • 小田柚葉:女優
  • 布施柚乃:女優
  • 青木柚:俳優
  • 大野柚布子:声優
  • 貫井柚佳:声優
  • 紅波柚香:声優
  • 春井柚佳:声優
  • 水沢柚乃:声優
  • 神月柚莉愛:声優
  • 高沢柚衣:声優
  • 河合柚花:タレント
  • 高須柚羽:タレント
  • 斉藤柚季:タレント
  • 大沼柚希:タレント
  • 谷野柚葉:タレント
  • 南雲柚月:タレント
  • 鈴木柚里絵:タレント
  • 紘希柚葉:タカラジェンヌ
  • 風間柚乃:タカラジェンヌ
  • 万里柚美:タカラジェンヌ
  • 栗本柚希:歌手
  • 天羽柚月:歌手
  • 望月柚枝:脚本家

「柚」を使ったかわいい名前の例を紹介!

柚を使った名前、実はとってもかわいいんです。

名前は、一生の宝物。特に、お子さんに名前をつける時は、その意味や響きにこだわりたいですよね。

柚を使った名前には、心温まる魅力がたくさん隠れています。

男の子にも女の子にもぴったりな、素敵な名前のアイデアが満載です。柚の名前を考える際の参考にしてみてください。

女の子におすすめの「柚」を入れた名前ベスト10

「柚」を使った女の子の名前、素敵な響きがいっぱいですよね。

この名前には、美しさや優しさ、そして強さも感じられます。

それでは、女の子におすすめの「柚」を含む名前ベスト10を紹介しますね。

  • 柚希(ゆずき) - 希望を持つ柚子のような明るい未来を意味します。
  • 柚花(ゆずか) - 柚子の花のように美しく、香り高い存在を表します。
  • 柚葉(ゆずは) - 新緑の葉のように、いつも新鮮で生き生きとしたイメージです。
  • 柚美(ゆずみ) - 美しさと柚子の特徴を合わせた、魅力的な名前です。
  • 柚里(ゆうり、ゆずり、ゆり) - 柚子のように、周りに優しさを分け与える心を持つ名前。
  • 柚子葉(ゆずは) - 柚子の葉のように、健やかで生命力に満ちたイメージ。
  • 柚音(ゆずね) - 柚子のように心地よい音色を持つ、音楽的な名前。
  • 柚絵(ゆずえ) - 絵のように美しい、芸術的な感性を持つ名前。
  • 柚月(ゆずき) - 月のように穏やかで、柚子のように清らかなイメージ。
  • 柚香(ゆずか) - 柚子の香りのように、人々を惹きつける魅力的な名前。

これらの名前は、それぞれに素敵な意味が込められています。

柚子の特徴を生かしつつ、女の子の将来に美しい願いを込めた名前たちです。

どの名前も、女の子が自分らしく輝けるような、素敵な意味を持っていますよ。

ちなみに2021年の子供の名前ランキングでは、32位に柚葉、39位に柚希、80位に柚月、93位に柚花がランクインしていました。

男の子におすすめの「柚」を入れた名前ベスト10

「柚」を使った男の子の名前、それは力強さと優しさを兼ね備えた響きですね。

それでは、男の子におすすめの「柚」を含む名前ベスト10を見てみましょう。

  • 柚斗(ゆずと) - 柚子のように爽やかで、斗(戦い)の字が力強さを表します。
  • 柚哉(ゆずや) - 哉(なんと)という字が、感嘆や驚きを表し、ユニークな印象を与えます。
  • 柚輝(ゆずき) - 輝くような明るい未来を意味し、希望に満ちた名前です。
  • 柚大(ゆずき、ゆうだい) - 大きな存在感を示し、堂々とした印象を与える名前。
  • 柚生(ゆう、ゆずき、ゆずは、ゆい) - 生命力あふれる柚子のように、元気で健康なイメージ。
  • 柚翔(ゆずと) - 翔(飛ぶ)の字が、高く飛び立つような成長を願う名前。
  • 柚海(ゆずみ、ゆうみ) - 海のように広く深い心を持つ、穏やかな名前。
  • 柚樹(ゆずき) - 樹木のようにしっかりと根を張り、成長するイメージ。
  • 柚希(ゆずき) - 希望を持ち、明るい未来を歩むことを願う名前。
  • 柚太(ゆうた、ゆた、ゆずた) - 太いという字が、強さと安定を表し、頼りがいのある印象を与えます。

これらの名前は、それぞれに力強さや優しさ、そして未来への希望が込められています。

柚子の特徴を生かしつつ、男の子の成長や強さを象徴するような名前たちです。

どの名前も、男の子が自信を持って成長できるような、素敵な意味を持っていますよ。

まとめ:「柚」を名前に含めるのはよくない、最終的にどうする?

最後に、名前に「柚」を選ぶことに関する総括です。

  • 不美人(しこめ)を連想させる
  • 危険な棘がある
  • 成長が遅い
  • 地味で古風なイメージ

これらはすべて事実ですが、柚子について詳しくないと気づかない点ばかりです。

時代遅れと感じる方もいるかもしれませんが、最近の新生児の名前ランキングでは「柚」を含む名前が多く見られます。

他人の意見に左右されず、気に入った漢字であれば積極的に選択することをお勧めします。

おすすめの記事