【最新】名前に「朱」を使うと良くない3つの理由!事典で背が低いの意味で?
スポンサーリンク

名前に「朱」を含めることについて、どう思いますか?

この漢字は、なんと切り株を象徴しており、そこから「背が低い」という意味も派生しています。

しかし、このような解釈を知っている人はごくわずか。

ですから、過度に心配することはないでしょう。

特に女の子の名前に好んで使われる「朱」は、その明るさと華やかさで、多くの人々を魅了してきました。

それでいて、派手過ぎずに落ち着きを保つそのバランスの良さが魅力です。

それでも、「名前に使うのは良くないよ」という声も、一部には存在します。

今回は、以下のポイントに焦点を当てて、「朱」の全貌に迫ります。

  • 「朱」の意味や由来
  • 「朱」の読み方
  • 「朱」のイメージ
  • 名前に「朱」を使うと良くない3つの理由
  • 親が「朱」に込める願い
  • 「朱」の名前の現在の人気度
  • 「朱」を用いた子供の名前例

をご紹介します。

この記事を通じて、「朱」に関するあらゆる疑問や不安を解消し、名付けに際して安心感を持って選択できるようになるでしょう。

名前に「朱」を使うと良くない3つの理由!事典で背が低いの意味で?

スポンサーリンク

「朱」の意味とその由来

「朱」の意味とその由来

「朱」と聞いて、どのような色を思い浮かべますか?

実は、赤色の中でも特に黄色がかった赤を指すのが「朱」です。

この漢字は、「木」と「一」を組み合わせ、「木の心部の赤みがかった部分」を象徴しています。

さらに、朱色は「輝く太陽の色」とも表現され、太陽の光が降り注ぐ夏を「朱夏」と呼ぶように、太陽そのものを象徴する言葉としても用いられます。

スポンサーリンク

名前での「朱」の読み方

名前での「朱」の読み方

名前において「朱」はどのように発音されるのでしょうか?

「あか」「あけ」「じゅ」といった読み方があります。

男の子の名前にも見られますが、特に女の子の名前での人気は高く、「朱莉(アカリ)」や「朱里(ジュリ)」など、親しみやすい名前が多いですね。

スポンサーリンク

「朱」の漢字に対するイメージ

「朱」の漢字に対するイメージ

「朱」には、まるで太陽のような活力に満ちたイメージがあります。

また、朱色が宮殿や寺院の装飾に使われることから、「和風」や「古風」な雰囲気も感じさせます。

このように、「朱」はただの色を超え、豊かな文化的背景を持つ漢字として、名前に深みと個性を与えてくれるのです。

名前に「朱」を使うと良くない3つの理由

名前に「朱」を使うと良くない3つの理由

名前に「朱」を含めることに良くないとされる主な理由は以下の通りです。

  • 「朱」の由来が「切り株」であるから
  • 「朱に交われば赤くなる」という諺を思い起こさせるから
  • 「朱を入れる」という表現を連想させるから

「朱」の由来が「切り株」であるから

「朱」が名前に良くないとされる理由の一つに、「切り株」という由来があります。

この漢字は、木の中心部を横切る線を描くことで切り株を象徴しており、そこから赤い色を意味するようになりました。

この背景は、「朱」を名前に使う際の一つの考慮点となっています。

辞書で「背が低い人」の意味

辞書で「朱」を調べると、「背が低い人」という意味も見つかることがあります。

「朱」に人偏を加えた「侏」は、直接的に「背が低い人」や「短い」を意味します。

このような解釈から、「朱」が名前に適していないと感じる人もいるようです。

「朱に交われば赤くなる」という諺を思い起こさせるから

「朱」が名前に良くないとされるもう一つの理由は、「朱に交われば赤くなる」ということわざに関連しています。

このことわざは、人の交友関係がその人の性格や行動に影響を与えることを示していますが、しばしば否定的な文脈で用いられるため、「朱」のイメージにも影響を及ぼしています。

「朱を入れる」という表現を連想させるから

「朱」に関するもう一つの懸念は、「朱を入れる」という表現から来ています。

これは、朱色の墨で文書を添削することを意味し、間違いを指摘する行為を連想させます。

この表現が持つ厳しいイメージは、名前に「朱」を用いることへの躊躇を生む原因となっています。

「朱」の名前に託される親の願い

「朱」の名前に託される親の願い

しかし、名前に「朱」を選ぶことには、ポジティブな側面もあります。

親は「朱」に以下のような願いを込めています。

  • 明るく元気な子になってほしい
  • 日本の伝統美を大切にしてほしい

明るく元気な子になってほしい

朱色は、太陽や炎を思わせる情熱的な赤であり、これを名前に用いることで、子どもが太陽のように明るく、周囲を元気づける人物に成長してほしいという親の願いが表されます。

日本の伝統美を大切にしてほしい

朱色は、神社の鳥居や社に使われるなど、日本独特の色彩です。

この色を名前に用いることで、子どもが日本の伝統や美を大切にし、それを誇りに思う人間に育つことを願っています。

外国人にその由来を説明する際にも、日本の文化を伝える素晴らしい機会となります。

「朱」の名前の現在の人気度は?

「朱」の名前の現在の人気度は?

「朱」という漢字が名前にどれほど用いられているか、現代の人気度を探るために、以下の二つの指標を基に人気度を調査しました。

  • 赤ちゃんの命名ランキングでの「朱」
  • 名前に「朱」を持つ有名人

赤ちゃんの命名ランキングでの「朱」

毎年、新生児にどの漢字が多く用いられたかを集計し発表する大手機関のデータによると、

女の子の名前で「朱莉」が72位にランクインしていますが、男の子ではランク外でした。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

これは、「朱」が完全に人気がないわけではなく、特定の名前でのみ注目を集めている状況を示しています。

名前に「朱」を持つ有名人

さまざまな分野で活躍する有名人の中から、「朱」を名前に含む人物を見てみると、女優やタレント、スポーツ選手など、多岐にわたる分野で「朱」を名に持つ女性が目立ちます。

  • マッハ文朱:女優、タレント、歌手、元女子プロレスラー
  • 小幡朱里:俳優
  • 石塚朱莉:俳優
  • 吉田朱里:タレント、元アイドル
  • 羽賀朱音:アーティスト
  • 川鍋朱里:元モデル
  • 浜田朱里:元女優・元アイドル歌手
  • 藤波朱理:女子レスリング選手
  • 井上奈々朱:バレーボール選手
  • 稲葉朱里:水球選手
  • 木村朱里:ボッチャ選手
  • 西山加朱紗:キャスター/リポーター
  • 斉藤朱夏:声優
  • 伊藤朱里:作家
  • 三浦朱門:作家
  • 鈴木朱雀:画家

「朱」を使った男の子の名前例

「朱」を使った男の子の名前例

男の子の名前に「朱」を取り入れる際の豊富な選択肢をご紹介します。

この漢字が持つ独特の魅力を反映した名前を50例、以下に挙げます。

  • 朱樹(あかき):赤い木のように強く、生命力あふれる名前。
  • 朱志(あかし):赤い志のように、情熱的で目標に向かって進む名前。
  • 朱司(あかし):赤い司令のように、リーダーシップを持った名前。
  • 朱嗣(あかし):赤い色の遺産を継ぐ、伝統を重んじる名前。
  • 朱飛(あかと):赤い飛翔のように、高く飛び立つ名前。
  • 朱央(あけお):赤い中心、人々を引きつける中心人物の名前。
  • 朱吾朗(あけごろう):赤く明るい未来を象徴する名前。
  • 朱定(あけさだ):赤い安定、堅実な基盤を持つ名前。
  • 朱智(あけさと):赤い知恵、賢明で思慮深い名前。
  • 朱里(あけさと):赤い里、温かなコミュニティを築く名前。
  • 朱悟(あけさと):赤い悟り、深い理解と洞察力を持つ名前。
  • 朱史(あけし):赤い歴史、偉大な足跡を残す名前。
  • 朱成(あけしげ):赤く成し遂げる、成功と成長を意味する名前。
  • 朱茂(あけしげ):赤く茂る、豊かな生命力を持つ名前。
  • 朱二朗(あけじろう):赤い二つの明るさ、二重の幸福を意味する名前。
  • 朱太郎(あけたろう):赤く健康な若者、力強さと健やかさを持つ名前。
  • 朱一(あけち):赤い一番、際立つ存在感を持つ名前。
  • 朱慈(あけちか):赤い慈しみ、温かい心を持つ名前。
  • 朱次(あけつぐ):赤い継承、家族の伝統を受け継ぐ名前。
  • 朱継(あけつぐ):赤い継続、長い間続く繁栄を意味する名前。
  • 朱常(あけつね):赤い常に、変わらぬ信念を持つ名前。
  • 朱翔(あけと):赤い翔、高く飛び立つ希望を持つ名前。
  • 朱俊(あけとし):赤い俊敏さ、素早い行動と賢さを持つ名前。
  • 朱知(あけとも):赤い知識、深い学びと智慧を持つ名前。
  • 朱尚(あけなお):赤い尚、高い価値観と理想を追求する名前。
  • 朱直(あけなお):赤い直感、真っ直ぐな心を持つ名前。
  • 朱之進(あけのしん):赤い進歩、常に前進する勇気を持つ名前。
  • 朱優(あけまさ):赤い優しさ、周囲を思いやる心を持つ名前。
  • 朱翔(あやと):赤い大空、広い視野と飛躍を意味する名前。
  • 朱音(あやと):赤い音色、心に響く美しい響きを持つ名前。
  • 朱登(あやと):赤い登山、高みを目指す強い意志を持つ名前。
  • 朱吾(しゅうご):赤い我、個性的で強い自己主張を持つ名前。
  • 朱梧(しゅうご):赤い桐、高貴で美しい存在を意味する名前。
  • 朱馬(しゅうま):赤い馬、力強く駆け抜ける生命力を持つ名前。
  • 朱太郎(じゅたろう):赤く健やかな若者、元気と活力を持つ名前。
  • 朱羽眞(しょうま):赤い羽の真実、純粋で真っ直ぐな心を持つ名前。

「朱」を使った女の子の名前例

「朱」を使った女の子の名前例

女の子の名前に「朱」を取り入れた場合の、魅力的な名前を50例紹介します。

これらの名前は、「朱」の持つ美しさと温かみを表現しています。

  • 朱音(あかね):情熱的な赤色を思わせる、美しい音色を持つ名前。
  • 朱莉(あかり):赤い光のように、周囲を明るく照らす名前。
  • 朱奈(あかな):赤色の美しさと、柔らかな響きを持つ名前。
  • 朱花音(あかね):赤い花のように鮮やかで、美しい音色を持つ名前。
  • 朱織(あかり):赤色の糸で織りなす、美しい模様を持つ名前。
  • 朱璃(あかり):赤い宝石のように輝き、美しい名前。
  • 朱梨(あかり):赤い果実のように甘く、魅力的な名前。
  • 朱凛(あかり):赤い色の凛とした強さと美しさを持つ名前。
  • 朱李(あかり):赤い実のように豊かな恵みを持つ名前。
  • 朱理(あかり):赤い色の理想と、知的な美しさを持つ名前。
  • 朱律(あかり):赤い色の調和と、秩序を意味する名前。
  • 朱星(あかり):赤い星のように、遠くからでも輝く名前。
  • 朱俐(あかり):赤い色の巧みさと、聡明さを持つ名前。
  • 朱麗(あかり):赤い美しさが際立つ、麗しい名前。
  • 朱希(あき):赤い希望を象徴する、明るい未来を意味する名前。
  • 朱美(あけみ):赤い色の美しさを内包する、魅力的な名前。
  • 朱心(あけみ):赤い心のように情熱的で、温かい名前。
  • 亜朱香(あすか):亜細亜の赤い香り、エキゾチックで魅力的な名前。
  • 明朱香(あすか):明るい赤色の香り、希望と幸福を運ぶ名前。
  • 亜朱奈(あすな):亜細亜の赤い奈良、神秘的で美しい名前。
  • 朱花(あやか):赤い花のように鮮やかで、生命力あふれる名前。
  • 朱香(あやか):赤い香りのように、心を引きつける名前。
  • 朱夏(あやか):赤い夏のように、情熱的で活力あふれる名前。
  • 朱和乃(あやの):赤い和の象徴、平和と調和を意味する名前。
  • 朱里紗(ありさ):赤い里の紗のように、繊細で美しい名前。
  • 杏朱(あんじゅ):杏のような甘さと、赤色の魅力を合わせ持つ名前。
  • 香朱美(かすみ):香り高い赤色の美、優雅で魅力的な名前。
  • 朱優(しゅう):赤い優しさを持つ、穏やかで心温まる名前。
  • 朱叶(しゅうか):赤い願いが叶う、希望に満ちた名前。
  • 朱華(しゅか):赤い華やぎ、美しく輝く人生を象徴する名前。
  • 朱那(しゅな):赤い色の奏でる、優雅な響きを持つ名前。
  • 朱菜(しゅな):赤い野菜のように、健やかで生命力に溢れる名前。
  • 朱乃(しゅの):赤い野のように、自然と調和する美しい名前。
  • 朱栞(しゅり):赤い色のしおり、物語のような人生を歩む名前。
  • 朱瑠名(じゅりな):赤い瑠璃のように、神秘的で美しい名前。
  • 朱寿(すず):赤い寿命、長寿と幸せを願う名前。
  • 紗朱(すず):紗のように軽やかで、赤い色の美しさを持つ名前。
  • 朱珠(すず):赤い珠のように、貴重で美しい名前。
  • 朱々菜(すずな):赤々とした菜の花、明るく元気な印象の名前。
  • 朱美玲(すみれ):赤い美しさと、玲らかな音色を持つ名前。
  • 朱邑(みお):赤い邑、共に暮らす人々と温かい関係を築く名前。
  • 結朱(ゆず):結びつける赤、人々との絆を大切にする名前。
  • 結朱羽(ゆずは):結びつける赤い羽、自由と希望を持つ名前。
  • 莉朱(りあ):美しい赤、魅力的で心を惹きつける名前。
  • 利朱(りあ):利益をもたらす赤、成功と繁栄を願う名前。

これらの名前は、「朱」の漢字を用いることで、伝統と現代の美を融合させた独特の魅力を持つことができます。

まとめ:「朱」を名前に含めることに最終的にどうする?

まとめ:「朱」を名前に含めることに最終的にどうする?

名前に「朱」を避けるべきだとされる主な理由は以下の三点です。

  • その由来が「切り株」であること
  • 「朱に交われば赤くなる」という諺を思い起こさせること
  • 「朱を入れる」という表現を連想させること

これらの理由は、切り株の意味や「背が低い」という派生的な意味があまり知られていないため、実際には大きな心配事ではないかもしれません。

また、残りの二点に関しても、それほど重大な問題とは考えられず、多くの場合は些細な懸念に過ぎません。

もし「朱」の漢字やそれが持つイメージに魅力を感じるなら、名付けに躊躇する必要はありません。

この記事は、事実に基づいたリサーチと個人的な見解をもとにしていますが、「朱」を名前に持つ人々への批判や中傷を意図したものではないことをご理解ください。

おすすめの記事