【茉】名前によくない3つの理由!不吉な印象を持つから?
スポンサーリンク

「茉」という文字が名前によくないという話を耳にしたことはありますか?

そんな説は、実は根拠のない無意味な批判に過ぎません。

実際には、赤ちゃんに「茉」と名付けることに何の障害もありません。

「茉」の字には、どこか異国情緒を感じさせる不思議な魅力が漂います。

にもかかわらず、一部からは「好ましくない言葉」とか「相応しくない」という声が上がることも事実です。

この記事では、以下のポイントを明らかにしていきます。

  • 「茉」の意味とその由来
  • 名前における「茉」の読み方
  • 名前に「茉」はよくない理由
  • 「茉」が名前にふさわしい根拠
  • 「茉」を使った名前の現在の人気
  • 「茉」を使った子供の名前

を詳しく解説します!

これらを読み進めることで、名付けに関するあなたの疑問が解消され、自信を持って決断できるようになるでしょう。

【茉】名前によくない3つの理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

「茉」の意味とその由来は?

「茉」の意味とその由来は?

「茉」は、植物の茂りを示す「くさかんむり」と、「枝先」や「こずえ」を意味する「末」が合わさってできた漢字です。

この字は、特にジャスミンを指す「茉莉」「茉莉花」に使われることから、一文字でジャスミンを想起させます。

ジャスミンとはどのような花でしょうか?

ジャスミンは、モクセイ科ソケイ属に属する植物で、「茉莉花」とも呼ばれます。

ペルシャ語で「神の贈り物」という意味を持ち、その美しさと甘美な香りで知られています。

クレオパトラも愛したとされるこの花の香りには、リラックス効果や美肌効果があるため、香水やアロマオイル、紅茶などにも用いられています。

スポンサーリンク

名前における「茉」の読み方は?

名前における「茉」の読み方は?

「茉」は、その柔らかな響きから特に女の子の名前に好んで使われます。

「ま」と読まれ、例えば「茉歩」「茉菜」といった組み合わせによって、様々な魅力的なニュアンスを名前に加えることができます。

画数が比較的少ないため、どんな漢字とも組み合わせやすいのも特徴です。

「ま」と読む他の漢字には、「真」「麻」「馬」などがありますが、「茉」の独特な魅力を求める人には代替えの利かない存在です。

スポンサーリンク

「茉」が持つイメージ

「茉」が持つイメージは?

「茉」の字は、ジャスミンの白く美しい花を思い起こさせ、純粋でエレガントな印象を与えます。

この花の豊かな香りはリラックス効果があるとされ、その結果、周囲を穏やかに癒すような華やかさをイメージさせます。

美しい花が緑豊かな葉の中から咲き誇る姿は、新しい命の誕生や自然の生命力の象徴とも言えるでしょう。

名前に「茉」はよくない3つの理由とは?

名前に「茉」はよくない3つの理由とは?

名前に「茉」を用いることに対して懸念される理由は主に以下の三点です。

  • 「末」の漢字が含まれることによる不吉な印象を持つこと
  • 書き慣れない文字であること
  • 名前の説明が難しいこと

これらは一見すると些細な問題に思えるかもしれませんが、名付けに際して細心の注意を払う方々にとっては、無視できない重要なポイントです。

ここでは、これらの懸念点を一つずつ検証していきましょう。

「末」の漢字が含まれることによる不吉な印象を持つこと

「茉」の字は、植物の意味を持つ「草冠」と、「末」が組み合わさっています。

「末」には、終わりや端、最後といった意味があり、これらは一般的にポジティブな印象を与えません。

特に、「終末」や「場末」、「末席」といった言葉に見られるように、否定的なニュアンスを持つことが多いです。

このため、一部の人々は「茉」を名前に使うことに対して、慎重な姿勢を示すのです。

書き慣れない文字であること

「茉」は日常生活で頻繁に使われる漢字ではなく、学校の教育課程にも含まれていません。

そのため、この文字を正確に書ける人は少なく、特に手書きの場面では不便を感じることがあります。

デジタル機器の普及により、文字を書く機会自体が減少している現代でも、手書きが必要な場面は完全にはなくなっていません。

このような背景から、「茉」を名前に含むことは、実用性の面で疑問視されることがあります。

名前の説明が難しいこと

例えば、「絵茉」という名前の場合、電話などで自己紹介する際に「絵」の部分は容易に説明できますが、「茉」の方は説明が難しくなります。

「茉莉花(まつりか)」の「ま」や「草かんむりに末(すえ)」と説明しても、相手に正確に伝わる保証はありません。

一般的にあまり知られていない漢字であるため、このような不便が生じるのです。

「茉」が名前にふさわしい根拠とは?

「茉」が名前にふさわしい根拠とは?

「茉」という文字を名前に選ぶことには、以下のような素晴らしい理由があります。

  • 限定的に使用される珍しい漢字であること
  • ジャスミン(茉莉花)という花の美しい花言葉
  • 「神様からの贈り物」というギリシャ語の由来

これらのポジティブな側面は、どんなネガティブな意見も覆す力を持っています。

限定的に使用される珍しい漢字であること

多くの漢字が複数の意味を持つ中、「茉」は主に「茉莉」、つまりジャスミンを指すために使われます。

この一点に絞られた使用は、「茉」をニュートラルでありながら特別な漢字にしています。

「茉莉(まつり)」、または「茉莉花(まつりか)」として知られるジャスミンは、その唯一無二の魅力を持つ花です。

ジャスミン(茉莉花)という花の美しい花言葉

「茉」=ジャスミンという等式は自然で、ジャスミンの花言葉には以下のような美しい意味が込められています。

  • 「愛想が良い」「愛らしさ」(全般)
  • 「温順」「柔和」(白い花)
  • 「優美」「優雅」(黄色い花)

これらの言葉は、ジャスミンの外見と香りの美しさを反映しており、女の子の名前としてこれらの特質を願う親にとって理想的な選択です。

ピンクの花言葉「官能的」も、成長した際の魅力を象徴するポジティブな意味合いを持ちます。

「神様からの贈り物」というギリシャ語の由来

ジャスミンは、その語源であるペルシャ語の「ヤースミーン」から、ギリシャ語で「神様からの贈り物」という美しい意味を持ちます。

この深い意味は、新生児にジャスミンを象徴する「茉」の文字を選ぶことの適切さを強調します。

さらに、ジャスミンは英語圏を含む多くの文化で女性の名前として愛され、世界中で人気があります。

「茉」の名前の現在の人気度は?

「茉」の名前の現在の人気度は?

では、今現在、どのくらい「茉」が入った名前は指示されているのか、その人気度から「使ってはよくない」説を否定していきましょう。

データとしてご用意したのがこちら。

  • 命名ランキングの順位
  • 名前に「茉」を持つ有名人

それぞれ人気度調査の調査元としては必要十分なはずです。

命名ランキングの順位

大手機関による最新の赤ちゃん命名ランキングでは、「茉」を含む名前が以下のようにランクインしています。

女の子は、依茉(30位)、咲茉(33位)、愛茉(59位)、一方で、男の子の名前としてはランクインしていません。
参考:名前ランキング

これらのデータから、「茉」を含む名前が女の子に対して一定の人気を保っていることがわかりますが、男の子の名前としてはランクインしていませんでした。

これは予想された範囲内の結果です。

名前に「茉」を持つ有名人

「茉」を含む名前を持つ有名人を調べてみると、以下のような人物が確認できました。

  • 松岡茉優(女優)
  • 幸咲茉歩(女優)
  • 坂口茉琴(女優)
  • 赤坂茉莉華(女優)
  • 高橋茉琴(女優)
  • 岡田茉莉子(女優)
  • 三倉茉奈(女優、タレント)
  • 曽田茉莉江(タレント)
  • 金城茉奈(タレント)
  • 岡田茉奈(タレント、モデル)
  • 西山茉希(モデル)
  • 佐竹茉里奈(モデル)
  • 瀬畑茉有子(モデル)
  • モーガン茉愛羅(モデル)
  • 村上茉愛(元体操選手)
  • 小山茉美(声優)
  • 伊瀬茉莉也(声優)
  • 吉岡茉祐(声優)
  • 宮澤茉凛(ギタリスト)

また、文学の世界では、明治時代の文豪・森鴎外の娘である森茉莉が小説家として活躍したことも注目に値します。

スポーツ界では、柔道家のベイカー茉秋も「茉」の名を持つ一例です。

これらの事例から、「茉」を含む名前が多岐にわたる分野で活躍する人物に選ばれていることが明らかになり、その魅力と普遍性が改めて確認できます。

「茉」を使った女の子の名前例

「茉」を使った女の子の名前例

「茉」を含む名前は、その独特の響きと意味から、女の子の名前として多くの親から選ばれています。

ここに、その美しさと個性を象徴するような名前の一部を紹介します。

  • 亜茉音(あまね):遠くまで響く美しい音色と、茉莉花の優雅さを持つ名前。
  • 衣茉琉(いまる):衣のように身を包む温もりと、茉莉花の透明感を持つ名前。
  • 伊茉梨(いまり):伊達(優雅)な茉莉花のような美しさと、梨のような甘さを持つ名前。
  • 愛茉(えま):愛される茉莉花のように、人々から愛される名前。
  • 恵茉(えま):恵み豊かな茉莉花のように、周囲に幸せをもたらす名前。
  • 笑茉(えま):笑顔を咲かせる茉莉花のような、明るい未来を持つ名前。
  • 咲茉(えま):満開の茉莉花のように、華やかで生命力に溢れる名前。
  • 茉衣(まい):茉莉花のような清らかさと、衣のような包容力を持つ名前。
  • 茉依(まい):茉莉花のように誰かを支える温もりと信頼感を持つ名前。
  • 茉伊(まい):茉莉花のような美しさと、伊達(優雅)な魅力を持つ名前。
  • 茉衣香(まいか):茉莉花の香りを纏った衣のように、優雅で美しい名前。
  • 茉唯奈(まいな):唯一無二の茉莉花のように、特別な存在感を持つ名前。
  • 茉央(まお):中心にいる茉莉花のように、人々を惹きつける名前。
  • 茉緒(まお):始まりを告げる茉莉花のように、新しい未来を切り開く名前。
  • 茉希(まき):希望を持つ茉莉花のように、明るい未来を象徴する名前。
  • 茉紀(まき):歴史に名を刻む茉莉花のように、記憶に残る美しい名前。
  • 茉子(まこ):小さな茉莉花のように、愛らしく可憐な名前。
  • 茉琴(まこと):真実のように純粋な茉莉花のような、誠実さを持つ名前。
  • 茉紗枝(まさえ):茉莉花の繊細さと、枝のような強さを持つ名前。
  • 茉沙美(まさみ):茉莉花のような清らかさと、美しさを兼ね備えた名前。
  • 茉純(ますみ):純粋な茉莉花のように、清潔感と真実を持つ名前。
  • 茉智(まち):茉莉花のように賢く、智慧に満ちた名前。
  • 茉都花(まどか):都会の花、茉莉花のように洗練された美しさを持つ名前。
  • 茉奈(まな):茉莉花のように愛らしく、人々を惹きつける名前。
  • 茉帆(まほ):帆のように大きな夢を持ち、茉莉花のように清らかな名前。
  • 茉実(まみ):茉莉花のように実り多き、豊かな人生を送る名前。
  • 茉弥(まや):茉莉花のように広がる美しさと、神秘的な魅力を持つ名前。
  • 茉佑(まゆ):茉莉花のように人々を支える力と、優しさを持つ名前。
  • 茉結(まゆ):茉莉花のように結ぶ縁と、絆の大切さを象徴する名前。
  • 茉莉愛(まりあ):茉莉花のような純粋な愛を持つ、愛情深い名前。
  • 茉凜(まりん):茉莉花のように凛とした美しさと、強さを持つ名前。

これらの名前は、それぞれが独自の魅力を持ち、子どもの個性や親の願いを表現しています。

「茉」を使った男の子の名前例

「茉」を使った男の子の名前例

男の子の名前に「茉」を取り入れることは少ないかもしれませんが、そのユニークな響きは男の子の名前に新たな風をもたらします。

以下は、「茉」を含む男の子の名前の例です。

  • 蒼茉(あおま):広大な青空と茉莉花(ジャスミン)の清らかさを象徴する名前。
  • 歩茉(あゆま):一歩一歩着実に進む、茉莉花のような清新さを持つ名前。
  • 郁茉(いくま):芳醇な香りを放つ茉莉花のように、人を惹きつける名前。
  • 英茉(えいま):英雄のように勇敢で、茉莉花の美しさを持つ名前。
  • 和茉(かずま):調和と平和を象徴する茉莉花のような名前。
  • 響茉(きょうま):心に響く美しい音と、茉莉花の香りを持つ名前。
  • 朔茉(さくま):新しい始まりと茉莉花の清新さを意味する名前。
  • 駿茉(しゅんま):速く走る駿馬と、茉莉花のような清らかさを持つ名前。
  • 翔茉(しょうま):広く翔ぶ空と、茉莉花の美しさを持つ名前。
  • 涼茉(すずま):涼やかな風と茉莉花の香りを感じさせる名前。
  • 茉央斗(まおと):中心を担う者として、戦う勇気を持つ名前。
  • 茉貴人(まきと):貴い人としての品格と茉莉花の美しさを持つ名前。
  • 茉己登(まこと):真実と誠実さを象徴する茉莉花のような名前。
  • 茉砂(まさ):茉莉花のように純粋で、砂のようにしっかりとした名前。
  • 茉沙樹(まさき):茉莉花の清らかさと、大樹のような強さを持つ名前。
  • 茉佐志(まさし):茉莉花の美しさと、志を持った強い意志を持つ名前。
  • 茉沙治(まさはる):茉莉花のように清らかで、治める智慧を持つ名前。
  • 茉那人(まなと):茉莉花のように美しく、人々を導く名前。
  • 茉宙(まひろ):広大な宇宙のように無限の可能性を秘めた名前。
  • 茉帆人(まほと):帆を広げる船のように、大きな夢を持つ名前。
  • 茉利央(まりお):利益をもたらす中心となる存在を意味する名前。
  • 茉蓮(まれん):清らかな蓮の花のように、美しい心を持つ名前。
  • 嵐茉(らんま):嵐のように激しく、茉莉花のように優雅な名前。
  • 竜茉(りゅうま):竜のように強く、茉莉花のように美しい名前。
  • 遼茉(りょうま):広大な遼と、茉莉花の清らかさを持つ名前。
  • 怜茉(れいま):聡明で理解力があり、茉莉花のように清新な名前。

これらの名前は、伝統的な性別の枠を超えた新しい感覚を反映しており、子どもたちに独自性と強さを与えることでしょう。

まとめ:「茉」を名前に含めることに最終的にどうする?

まとめ:「茉」を名前に含めることに最終的にどうする?

「茉」を名前に含めることに対する懸念は主に以下の三つでした。

  • 「末」の文字が不吉な印象を与えるという意見
  • 日常的に書かれる機会が少なく、書きにくいという点
  • 名前を口頭で説明する際の難しさ

これらの点については、確かに一考の余地がありますが、過度に心配する必要はありません。

実際に「茉」を名前に持つ多くの人々が、その名前で素晴らしい活躍をしています。

もしもこの名前が親御さんの心に響くのであれば、小さな懸念を乗り越えて選択する価値は十分にあります。

この記事を通じて、名前選びにおける一助となれば幸いです。

重要なのは、「茉」を名前に持つすべての人々への尊重と理解であります。

本記事が批判や中傷を意図するものではないことをご理解ください。

おすすめの記事