「奏」を含む名前が良くないと言われる3つの問題点|キラキラネームとしての印象は?
スポンサーリンク

「奏」という名前が好ましくないとされることがありますが、その背景にはどのような理由があるのでしょうか?最近では、赤ちゃんの名付けにおいて「奏」の人気が高まっていますが、一方で批判的な意見も存在します。

この記事では、以下の3点に焦点を当てて解説します。

  • 「奏」の名前としての問題点
  • 親が「奏」に込める願い
  • 「奏」の現在の人気度

「奏」に関する疑問や不安をこの記事で解消していきましょう。

スポンサーリンク

「奏」の名前としての3つの問題点

「奏」という名前が適切でないとされる主な3つの理由は以下の通りです。

  • キラキラネームとしての印象
  • 「裂いた獣」を連想させる漢字という説
  • 男性が「かなで」と呼ばれると女性と間違えられること

キラキラネームとしてのイメージ

「奏」が名前として不適切とされる理由の一つは、キラキラネームとしてのイメージが強いことです。特に最近20年の間に、この名前を持つ人が急増しました。

昭和時代にはあまり見られなかったため、年配の方々には馴染みが薄く、軽い印象を与えることがあります。

さらに、「奏」は「かなで」以外にも

  • そう(例:奏太)
  • かな(例:奏汰)
  • (例:愛奏)
  • (例:奏亜)

など、様々な読み方が可能で、他の漢字と組み合わせることでキラキラネームになる可能性があり、これが一部には否定的に受け取られています。

「奏」の漢字に関する古い伝承

「奏」が好ましくないとされるもう一つの理由は、この漢字が「裂かれた獣」を象徴するという伝承があることです。

「奏」の漢字は、「裂かれた獣」と「両手」を組み合わせた象形文字とされています。

一般的には「差し出す」という意味を持ちますが、「裂かれた獣」の要素が含まれていることが、一部の人に不快感を与える可能性があります。

このため、「奏」は不吉なイメージを持つ漢字として敬遠されることがあります。

異なる解釈も存在

一方、「奏」の漢字には別の解釈もあります。何かを手に持ち、神に捧げる形から成立しており、その「何か」には複数の解釈があります。

  • 完全な形をした動物の体
  • 木の枝(玉串)
  • 楽器

これらは全て神に捧げる行為を象徴しており、不敬なものではないとされています。この観点から、「奏」に不吉な意味が含まれるとは考えにくいとも言えます。

男性が「かなで」と呼ばれる際の誤解

「奏」という名前に関連するもう一つの問題は、男性が「かなで」と呼ばれた場合、女性と間違われる可能性があることです。

男女どちらにも適する名前である「奏」ですが、文化作品の中で「奏(かなで)」という名前のキャラクターはしばしば女性に使われます。

このため、男の子に「奏(かなで)」と名付けると、性別に関する誤解を招くことがあると考える人もいます。

スポンサーリンク

「奏」という漢字の意味と起源

「奏」の漢字は9画で構成されており、訓読みでは「かな(でる)」、「もうす」、「すす(める)」と読まれ、音読みでは「ソウ」となります。

この漢字は、意見をまとめて提出する、君主に申し上げる、楽器を奏でる、成果を得るといった意味を持ちます。

起源としては、「奏」は神に乗り移るとされる木の枝を象徴する部分と、物を捧げる意味を持つ文字の省略形を組み合わせて作られた漢字です。

この漢字は、音楽を神に捧げるという意味合いを持つとされています。

スポンサーリンク

「奏」という名前に込められた親の希望

「奏」という名前は、その美しい響きとともに、多くの肯定的な意味を内包しています。

子供にこの名前を付ける際、親は次のような希望を込めることができます。

  • 音楽や芸術への愛と才能
  • 社会的な調和を大切にする性格
  • 目標達成への強い意志

これらは、多くの親が自分の子供に対して持つ、普遍的な願いです。

音楽と芸術への情熱

「奏」という文字は、楽器を奏でるというイメージを想起させます。

ピアノやギターなど、音楽と深く関連しているこの文字は、音楽を愛する親にとって、子供にも同じような情熱を持ってほしいという願いを表しています。

音楽の分野で才能を発揮し、成功を収めることを夢見る親の願いが、この名前には込められています。

社会的調和の重要性

音楽には、一人で演奏する独奏から、オーケストラやバンドのような集団演奏まで様々な形態があります。

特に集団での演奏では、各演奏者が調和を保つことが非常に重要です。

この点から、「奏」という名前は、他人との調和を重視し、孤立することなく共同体の一部として活躍する人物になることを願う親の思いを反映しています。

目標達成への強い意志

「奏」という名前には「成し遂げる」という意味が込められています。

人はそれぞれに大小様々な夢や目標を持っていますが、それらを実現することは容易ではありません。

親は、「奏」と名付けられた子供が、どんなに困難な目標であっても達成できるような強い意志を持ってほしいと願っています。

「奏」という名前の現代における人気

現代社会において「奏」という名前がどれほどの人気を集めているのか、新生児の名付けトレンドと「奏」を名に持つ著名人という二つの視点から分析しました。

新生児の名付けトレンド

最近の赤ちゃんの名付けにおけるトレンドを調査すると、「奏」という名前の人気が明確になります。

主要な命名データベースを参照すると、この名前はどれほど頻繁に選ばれているのでしょうか。

女の子の名前としてはランキングに入っていませんが、男の子の名前としては以下のような順位にランクインしています。

  • 42位:奏
  • 47位:奏翔
  • 70位:奏多
  • 82位:奏太
  • 82位:奏汰
  • 82位:陽奏

幼稚園や小学校には「奏」を含む名前の子供たちが一定数存在すると考えられます。

また、名前の読み方のみを基準にしたランキングでは、「奏」という読みが男の子の名前でより高い順位に位置しています。

これは、「奏」という読みが日常生活で頻繁に耳にする名前であることを示しています。

名前に「奏」を持つ著名人たち

「奏」という漢字を名前に持つ著名人を、性別ごとに紹介します。

男性の著名人

「奏」を名に持つ男性著名人には、以下のような方々がいます。

  • 本郷奏多(ほんごうかなた):俳優として活躍
  • 村治奏一(むらじそういち):クラシックギタリスト
  • 勝呂奏(すぐろすすむ):日本近代文学の研究者
  • 渡辺奏吾(わたなべそうご):バレーボール選手
  • 田中奏生(たなかかなう):俳優
  • 千葉奏汰(ちばそうた):サッカー選手
  • 渡邉奏人(わたなべたくと):タレント
  • 藤原奏哉(ふじわらそうや):サッカー界の注目選手
  • 渡邉奏太(わたなべそうた):陸上競技選手
  • 野力奏一(のりきそういち):ピアニスト
  • 富山奏(とやますすむ):国文学の分野で活躍する学者

女性の著名人

「奏」を名に持つ女性著名人には、次のような方々がいます。

  • 佐藤奏(さとうかなで):音楽界で活躍するドラマー
  • 伊藤奏子(いとうかなこ):有名なヴァイオリニスト
  • 相川奏多(あいかわかなた):声優として注目される
  • 林奏絵(はやしかなえ):声優と女優の両方で活動
  • 石井奏美(いしいかなみ):アナウンサーとしての活躍が目立つ
  • 七木奏音(ななきかのん):俳優として知られる
  • 高尾奏音(たかおかのん):声優として豊富な経験を持つ
  • 星野奏子(ほしのかなこ):歌手兼作詞家として活躍
  • 坪山奏子(つぼやまかなこ):アナウンサー
  • 石栗奏美(いしぐりかなみ):歌手として才能を発揮
  • 星野奏(ほしのかなで):アイドル、レースクイーンとして活躍
  • 木村奏絵(きむらかなえ):女優として活動

「奏」を含む赤ちゃんの名前70選

「奏」を使用した赤ちゃんの名前のバリエーションを70種類紹介します。これらは「奏」の魅力を引き立てる様々な読み方で表現しています。

  • 奏向(かなた):新しい方向へと歩を進める旋律
  • 奏心(かなと):心を込めた音色が響きわたる名前
  • 奏太(そうた、かなた):力強い響がある名前
  • 奏伍(そうご):五線譜上の音楽のように和んだ雰囲気
  • 奏汰(かなた、そうた):遠いところまで響く大きな音のような存在感
  • 翔奏(かなた):鳥が翔るような軽やかさを奏でる名前
  • 奏志郎(そうしろう):向上心を奏でながら強く誠実な男性
  • 奏輔(そうすけ):支える旋律のような頼もしさ
  • 奏来(そら):空高く響くような開放感
  • 奏宙(そら):大きな宇宙へと響きわたる音
  • 奏陽(かなた):太陽のように明るく元気なメロディ
  • 奏成(そうせい):成し遂げる力強い牽引力を持つ名前
  • 奏良(そら):空のように広く深い心を持つ名前
  • 奏芽(かなめ):新しい芽吹きを奏でるような清新さ
  • 奏大(かなた、そうた):大きな存在感と共に響く勇ましさ
  • 奏星(そうせい):星空に響く神秘的なメロディー
  • 奏叶(かなと):願いが叶うような幸せを奏でる名前
  • 奏詞(そうし):言葉にのせた奏でる想いを持つ名前
  • 奏(かなで、そう):音を奏でることの美しさと純粋さ
  • 奏亮(そうすけ):明るい光を放つような清々しさ
  • 奏空(そら、かなた):空を自由に奏でる想像力
  • 奏明(かなめ):明るい未来を灯すような希望
  • 陽奏(ひなた):陽光の中で奏でる生命力あふれる名前
  • 奏護(そうご):守り護る力強い旋律
  • 空奏(そら):空のように広がる無限の可能性
  • 奏祐(そうすけ):助け合いながら調和を奏でる心
  • 奏澄(かなと):澄んだ心で純粋な音を奏でる名前
  • 和奏(かなで):和やかな音楽のように人々をなごませる
  • 奏仁(かなと):人々に優しい旋律を届ける名前
  • 奏守(そうま):守り続ける力を象徴するような名前
  • 奏人(かなと):人々と共に調和の旋律を奏でる
  • 奏杜(かなと):生命力あふれる森のような深さをもつ名前
  • 奏采(かなと):色彩豊かな人生を奏でるような名前
  • 奏音(かなと):澄んだ音色が特徴の美しい響き
  • 奏利(かなと):利のある、理にかなったスマートな印象
  • 奏羽(そう):軽やかに羽ばたくような自由な響き
  • 奏風(かなた):風を感じるような爽やかな音色
  • 奏都(かなと):都会的で洗練されたスタイルを奏でる
  • 奏弥(そうや):広がりを持ちながらも包容力のある名前
  • 奏志(そうし):志を持って人生を奏でる強さ
  • 奏翔(かなと):空高く翔るような未来に向かう姿
  • 奏一郎(そういちろう):一郎という伝統的な名前に奏でる一つのリズム
  • 奏樹(かなた、そうた):大きく育つ樹木のような堂々とした名前
  • 奏馬(そうま):勢いよく駆ける馬のように力強い音色
  • 心奏(かなで):心から音を奏でる情熱の名前
  • 奏和(かなと、そうわ):和を大事にする温かい音色
  • 奏希(そうき):希望を奏でる明るい未来
  • 奏夢(かなむ):夢を奏でる神秘的で幻想的な響き
  • 奏多(かなた、そうた):多様性を持ち合わせる豊かな人生
  • 奏寿(そうじゅ):長寿と幸福を奏でる健やかな名前
  • 奏海(かいと):広い海のように開放感あふれるメロディを持つ
  • 奏弦(そうげん):弦のように微細で力強い音色を持つ名前
  • 奏佑(そうすけ):佑助する力を備えた優しい響き
  • 厚奏(あつかなで):厚い人情を奏でる暖かい性格の持ち主
  • 奏楽(そら):楽しい音色で人々を魅了する名前
  • 奏平(そうへい):穏やかでバランスのとれた響き
  • 遥奏(はるか):遥か彼方まで届くような伸びやかな旋律
  • 奏要(かなめ):重要な役割を果たす中心的な存在
  • 奏斗(かなと):戦いを挑むような勇敢な響き
  • 奏歩(かなと):一歩一歩を大切にする穏やかな軌跡
  • 奏磨(そうま):磨かれた技術や能力を奏でる名前
  • 奏太朗(そうたろう):太陽のように明るく元気な表情
  • 奏真(そうま):真実を奏でる素直な心の持ち主
  • 奏士郎(そうしろう):士気を高める強さと誠実さを兼ね備えた名前
  • 奏吾(そうご):我を通す強い意志を奏でる力
  • 奏士(そうし):士としての高潔な響きを持つ名前
  • 奏登(かなと):高みに登っていくような成長の音色
  • 奏波(かなは):波のように力強い動きを持つ名前
  • 奏一(そういち):唯一無二の個性を奏でる名前
  • 奏優(そう):優れた才能を奏でる洗練された響き

まとめ:「奏」を含む名前が良くないと言われる3つの問題点、最終的にどうする?

「奏」という名前についての懸念点は、以下の三つでした。

  • キラキラネームとしての印象
  • 「裂いた獣」を象徴する漢字という説
  • 男性が「かなで」と呼ばれた際の性別の混同

これらはすべて比較的小さな問題であり、大きな心配事とはならないでしょう。

特に、「奏」という漢字には悪い意味が含まれていないため、名付けにおいて安心して使用することができます。

おすすめの記事