名前に「稀」が良くないと言われる5つの理由:名前のデメリットとは?
スポンサーリンク

「稀」という文字は、普通「まれ」とか「ほとんど見かけない」という意味で使われます。

これは、何かが普通と違って珍しいという考えを示しています。名前に使われると、「幸せがめったに訪れない」といったネガティブな解釈をされることもあります。

しかし、「特別な才能がある」という意味で「類い稀」という表現が使われるように、この文字にはプラスの側面も存在します。

価値が高く、大切なものを表す時に使われることもありますし、昔は70歳まで生きるのが珍しかったことから、「長寿を祝う」という意味の「古稀」など、ポジティブなニュアンスを伝える場面もあります。

「稀」は洗練された字形で、男女問わず使いやすい特徴があります。

しかし、漢字の深い意味を理解する人たちの中には、赤ちゃんの名付けには向かないと考える意見もあります。

この記事では、以下のトピックについて詳しく説明します。

  • 名前として「稀」が不適切な理由
  • 「稀」に込められた親の願い
  • 「稀」の名前の最新の流行

この情報を基に、「稀」を名前として選ぶかどうかを判断する手助けになるでしょう。

 

スポンサーリンク

「稀」が名前として不適切な5つの理由

名前として「稀」が不適切とされる主な5つの理由は以下の通りです。

  • 個性が強すぎることによる問題
  • 幸運や良い出来事がまれであること
  • 「まばら」や「薄い」といった意味合い
  • 口頭での伝達が難しいこと
  • デジタルデバイスでの入力が難しいこと

個性が強すぎることによる問題

「稀」を名前にする際の問題点の一つは、「個性が強すぎることによる問題」です。

「稀」には「珍しい」という意味があり、この意味が悪く捉えられると、目立つ奇行を持つ人物と見なされることもあります。

日本社会では、集団に溶け込むことが重視されるため、個性的すぎる人は孤立しやすいという傾向があります。

このような懸念を持つ人も少なくありません。

幸運や良い出来事が稀

「稀」の名前が不適切とされる理由の二つ目は、「幸運や良い出来事が稀である」という点です。「稀」には「まれ」という意味が含まれており、「まれ」とは、ほとんど起こらないことを意味します。

この解釈が悪い方向に向かうと、人生での幸せな瞬間や幸運な出会いが少ないとも考えられます。

親としては、子どもに幸せな人生を送ってほしいと願うため、この点が気になる人もいるでしょう。

「希薄」や「少ない」という意味合い

「稀」を名前にするデメリットの三つ目は、「『希薄』や『少ない』という意味合い」です。

「稀」には「希薄」や「少ない」という意味も含まれています。これらの表現は、否定的な状況を描写する際によく使われます。

例えば、「人が少ない場所」「拍手が少ない」「薄い髪の毛」「回復の見込みが少ない」といった使い方が一般的です。

特に男性にとっては、これらの表現が敏感なトピックを連想させることもあります。私自身も、この点には敏感です。

口頭での伝達が困難

「稀」が名前として不適切な理由の四つ目は、「口頭での伝達が困難」という点です。

人生で何度かは、電話などで自分の名前を説明する必要があります。公共機関での対面時なども同様です。

このような場合、「稀」という漢字は説明が難しいものの一つです。

「のぎへんに希望の『希』」と説明する以外に、簡単な説明方法が思いつかないものです。

デジタルデバイスでの入力が難しい

「稀」を名前に選ぶ際の不適切な理由の五つ目は、、「デジタルデバイスでの入力が難しい」という点があります。

多くの場合、「稀」という名前は「き」と読まれることが多いですが、他人が「き」と入力してスマートフォンやパソコンで変換しようとすると、正しい候補がなかなか出てこないことがあります。

漢字に詳しい人なら「まれ」と入力して変換するかもしれませんが、そういった人は珍しいため、一般的には入力が難しいとされています。

スポンサーリンク

「稀」の基本的な読み方と画数

  • 音読み:キ、ケ
  • 訓読み:うす(い)、まば(ら)
  • 名乗り:まれ
  • 意味:まれ、まばら、少ない、めったにない、うすい
  • 由来と成り立ち:「希」という基本の漢字は「まれ」という意味を持ちます。
    この「希」に、穀物を意味する「禾」を組み合わせることで、「穀物が少ない」または「まばらな」状態を表現しています。
  • 説明方法:「禾(のぎへん)」に「希望」の「希」を組み合わせて、「まれ」と読むという形です。
スポンサーリンク

「稀」の意味とその由来

「稀」という漢字は、「まれ」という意味、すなわち「少ない」や「めったにない」という意味でよく使われます。

この漢字を形成する上で、「希」という字が中心的な役割を担っています。

元々「希」は「まれ」という意味で使われていましたが、後に「希望」という意味で使われることが多くなり、「まれ」という意味を持つ別の漢字が必要になりました。

そこで、「禾」という字を加えて「稀」という漢字が作られたのです。そのため、「稀」には「希望」という意味は含まれていません。

男女共用の名前としての「稀」

「稀」という漢字は、1990年代から名前に使われ始め、現在では男女どちらの名前にも使われています。

もともと「希」という漢字が男女問わず人気があったため、「希」を含む「稀」もすぐに名前として採用され、名前ランキングでの地位を確立しました。

例えば、男の子の名前では和稀(カズキ)、尚稀(ナオキ)、祐稀(ユウキ)、正稀(マサキ)などがあり、女の子では沙稀(サキ)、美稀(ミキ)、夏稀(ナツキ)、充稀(ミツキ)などが考えられます。

また、「マレ」という独特な響きを活かして、「ホマレ」という名前にも使われることがあります。このような響きは「稀」や「希」に特有のもので、その希少性が魅力とされています。

「稀」を名前に選ぶ親の願いとは?

「稀」という字の「珍しい」や「まれ」という意味を肯定的に捉えると、子どもに以下のような願いを託すことができます。

  • 自分だけの道を切り開き、独自の人生を歩んでほしい
  • 他にはない特異な才能を発揮してほしい
  • 困難や不幸が少なく、穏やかな人生を送ってほしい

独自の道を切り開く人生を歩んでほしい

歴史に名を残すような偉人や成功者は、しばしば「異端者」と見なされてきました。

これは時に批判の対象になることもありますが、それは彼らが持つ独特な才能や特性の証でもあります。

例えば、大谷翔平選手のように、二刀流という珍しい才能を持ち、そのユニークさで「ユニコーン」と称されることもあります。

親としては、子どもがそのような特別な人物に成長してほしいと願うのは自然なことです。

特異な才能を発揮してほしい

子どもを持つ親なら、努力だけでは超えられない、凡人と天才の間の壁を感じていることでしょう。

親は自分の子どもに「特異な才能」があることを望みます。これは、どの親にも共通する願いです。

「稀」の「まれ」という意味には、そうした特別な才能を持つことへの期待を込めることができるのです。

困難や不幸が少ない人生を願う

「稀」の名前に込められる願いの一つとして、「困難や不幸が少ない人生」があります。

これは、「良いことが滅多に訪れない」という意味を前向きに解釈したものです。

  • 稀にしか困難に直面しない
  • 不幸な出来事に遭遇することが珍しい

このような安定した、平和な人生を子どもに送ってほしいという願いを、「稀」という名前に込めることができます。

「稀」の名前の現在の流行度

「稀」という名前の現在の人気度を調べるために、以下の2つのデータを参照しました。

  • 赤ちゃんの命名ランキングの順位
  • 「稀」を含む名前を持つ著名人

赤ちゃんの命名ランキングの順位

毎年、主要な機関が前年に生まれた赤ちゃんの名前の人気ランキングを発表しています。

これによると、「稀」の名前のランキングは以下の通りです。

女の子も男の子も、どちらもトップ100には入っていない状況です。

2007年から2009年頃には、「遥稀」や「瑞稀」などの名前がランキングに見られましたが、近年では「稀」を含む名前の人気は低下しているようです。

「稀」を名前に持つ著名人たち

名字ではなく、名前に「稀」を含む著名人を性別別にリストアップしてみました。

これらの例は、他人に「稀」という名前を説明する際に参考になるかもしれません。

女性の著名人

  • 水菜由稀:声優
  • 丘野裟稀:女優
  • 橋本柚稀:女優
  • 小林美稀:タレント
  • 柳美稀:モデル兼女優
  • 日向稀美:声優
  • 小野早稀:声優
  • 六堂真稀:漫画家
  • 麻倉未稀:歌手 

男性の著名人

  • 原郁稀:俳優
  • 井上瑞稀:アイドル歌手、俳優、HiHi Jetsのリーダー
  • 竹田光稀:俳優兼モデル
  • 渡部大稀:俳優
  • 森本稀哲:元プロ野球選手
  • 水野達稀:プロ野球選手
  • 勝連大稀:プロ野球選手

「稀」を使った女の子の名前70選

  • 稀莉(きり):稀に見る美しさを持ち、清潔感のある人
  • 稀更(きさら):一層一層新しく、稀で価値ある存在
  • 稀月(きづき):一夜にして現れる稀な月のような人
  • 稀笑(きえみ):稀な笑顔で周囲に喜びをもたらす人
  • 稀海(きみ):広く深い海のように、稀で深い魅力を持つ人
  • 稀喜(きき):希少な喜びと幸せを分かち合う人
  • 稀生(きい):生き生きとした個性を持つ、稀有な存在
  • 稀桜(きお):稀な美しさと桜の如く儚くも美しい人
  • 稀代(きよ):代替えのきかない希少な人物
  • 稀羅(きら):美しい織物のように、希少で魅力的な人
  • 稀恵(きえ):希少な智慧と温かな心を兼ね備えた人
  • 稀咲(きさき):稀に咲く花のように、他にはない美しさ
  • 稀琴(きこと):珍しい音色を持つような魅力的な人
  • 稀葉(きは):一枚一枚が希少な葉のようにユニーク
  • 稀優(きゆう):希少な優しさを持ち、周りを包み込む人
  • 稀緒(きお):新しい始まりを象徴し、希少価値ある経緯
  • 稀那(きな):希少価値のある那の地から来た人
  • 稀汐(きせき):潮の流れのように、自然の摂理と稀なる奇跡
  • 稀花(きっか):めったにない花のように特別な美しさ
  • 稀久(きく):時を超えて残る、希少で長い価値
  • 稀穂(きほ):豊かな穂を実らせる稀有な才能の持ち主
  • 稀悠(きはる):稀有なほどに悠々自適に過ごせる人
  • 稀由(きゆ):稀な出来事や存在が由来する人
  • 稀子(きこ):珍しい才能を持ち、純真な心を持つ人
  • 愛稀(あいき):希少な愛を持ち、人を惹きつける
  • 亜稀(あき):希少なものへの想いを持つ、亜の世界の人
  • 彩稀(あき):多彩な希少性を持ち、色とりどりの人生を歩む
  • 朝稀(あさき):朝の清新さと、希少な価値を兼ね備える
  • 梓稀(あずき):希少な弓道具の素材として知られる梓のように、めったにない力を持つ
  • 樹稀(いつき):大樹のように堂々とし希少な存在感を放つ
  • 羽稀(うき):軽やかに羽ばたく希少な存在
  • 希稀(きき):希望と稀有さを兼ね備える
  • 紗稀(さき):紗のような繊細さと希少性を持つ
  • 刹稀(さつき):刹那的な美しさと稀有な魅力を持つ
  • 稀生(きなり):新たな希望と生命を育む輝かしい存在
  • 稀衣菜(きいな):一期一会の希少な出会いを大事にする人
  • 稀瑳羅(きさら):瑳の輝きのように鮮やかで稀有な人
  • 輝星稀(きせき):星のように輝き、稀有な奇跡を起こす人
  • 稀珠華(きみか):稀な珠のように貴重で華やかな存在
  • 稀世水(きよみ):清らかな水のような、希少で瑞々しい魂を持つ人
  • 稀莉梛(きりな):稀で繊細な美しさと強さを兼ね備える
  • 稀唯子(けいこ):唯一無二の稀少な個性を持ち、周囲を啓発する
  • 紗稀花(さきか):紗のように繊細で、希少な花のように美しい
  • 紗稀乃(さきの):先駆けとなり、希少性を大切にする人
  • 彩優稀(さゆき):多彩な優雅さと稀有な魅力を兼ね備える
  • 太真稀(たまき):偉大な真実と希少な価値を持つ
  • 千沙稀(ちさき):千の砂粒のように多くの可能性を秘めた希少性
  • 奈津稀(なつき):夏の日のように暖かく、希少な輝きを持つ
  • 羽津稀(はづき):羽のように軽やかな存在で、希少で特別な魅力
  • 陽乃稀(ひのき):陽の光のように温かく、希少な価値がある
  • 真紗稀(まさき):真実の紗のように透明感があり、稀有な存在
  • 稀亜羅(きあら):世界に希少な羅を広める人
  • 珠稀(たまき):珠のように貴重で稀な輝きを放つ
  • 兎稀(とき):素早く跳ねる兎のように活発で稀有な存在
  • 捺稀(なつき):力強く刻まれる印象と希少な個性を持つ
  • 悠稀(はるき):悠長な時間を経て育まれる稀な才能
  • 響稀(ひびき):遠くまで響くような稀有な存在感
  • 芙稀(ふき):芙蓉の花のような清らかさと稀な優雅さ
  • 眞稀(まき):真実の価値と稀有な存在を持つ
  • 優稀(まさき):優れた価値と稀有な魅力を持つ
  • 海稀(みき):広い海のように豊かで稀な心を持つ
  • 岬稀(みさき):海に突き出た岬のように、希少で特別な場所にいる人
  • 水稀(みずき):水のように純粋で稀有な清涼感を持つ
  • 桃稀(ももき):桃のように甘く香り高い、稀有な存在
  • 憂稀(ゆうき):憂いを帯びた美しさと希少な深みを持つ
  • 祐稀(ゆき):助けとなるような希少な価値を持つ人
  • 令稀(れいき):命令や法令のように、重みのある希少性を持つ
  • 安稀穂(あきほ):安らぎと希少な穂の成長を組み合わせた人
  • 亜稀羅(あきら):変わりゆく時代でも希少であるという羅の理念
  • 明日稀(あすき):明日への希望を秘めた稀有な展望

 「稀」を使った男の子の名前70選

  • 稀音(けいん):特別な音楽の才能と稀有な感性を持つ
  • 稀平(きっぺい):平穏を愛し、希少な安らぎを与える
  • 稀優(きゆう):優れた価値を持ち、希少な存在
  • 稀斗(きいと):新たな戦いに挑む、希少な勇者
  • 稀心(きしん):稀有な心を持ち、人々を魅了する
  • 稀流(きりゅう):流れに逆らう稀有な強さを示す人
  • 稀櫻(きおう):希少な桜の花のように美しく儚い人
  • 稀咲(きさき):稀に見る花のように美しく開花する人
  • 稀大(きお):大きな価値を持ち、希少性と力強さを兼ね備える
  • 稀晴(きはる):晴れやかな心と稀に見る明るさ
  • 稀瑛(きえい):輝かしい明日を象徴する希少なる人物
  • 稀澪(きみお):水路のように生命の流れを作る稀有な人
  • 稀和(きわ):和を尊び、稀に見る調和の人
  • 稀良(きら):美しく輝き、良質な希少性を持つ
  • 稀一(きいち):唯一無二の稀有な価値を持つ
  • 稀生(きい):新しく命を吹き込み、生命に満ちた稀有な存在
  • 稀優(きひろ):広大な優しさを持ち、希少価値ある導き手
  • 稀月(きづき):月のように神秘的で稀有な美しさを持つ
  • 稀楽(きらく):楽しい瞬間を大事にし、稀有な笑顔を与える
  • 稀八(きはち):八方美人ではなく、希少な八つの美徳を持つ
  • 稀助(きすけ):助けとなり、希少な存在感を放つ
  • 稀正(きせい):正しい道を歩み、希少な正義感を持つ
  • 稀利(きり):利益になる稀有な資質を持つ
  • 稀世(きよ):世に稀なる価値を持つ、清新な人物
  • 稀武(けん):武者のように勇敢で、稀有な力を秘めた人
  • 愛稀(あいき):愛情深く、稀有な魅力を持つ
  • 空稀(そらき):広大な空のように自由で希少な心を持つ
  • 麻稀(あさき):麻のように丈夫で、稀有なたくましさを持つ
  • 敦稀(あつき):厚く、人々に寛大な愛を注ぐ稀有な心の持ち主
  • 一稀(いっき):一度きりの人生を彩る希少な存在
  • 逸稀(いつき):常識を逸脱し、希少な独自性を持つ
  • 瑛稀(えいき):瑛々とした光輝くような希少な存在
  • 凰稀(おうき):凰の如く高貴で希少価値がある
  • 稀一子(けいし):一子相伝の技を持つ希少な才能
  • 稀弥緒(きみお):運命の緒の如く希少な縁を結ぶ人
  • 稀世彦(きよひこ):この世に稀な英雄と謳われる人
  • 稀羅斗(きらと):羅のような美しさと斗の勇みを持つ
  • 稀李弥(きりや):稀に出逢う実り多き人生を送る人
  • 稀伊恭(けいすけ):伊達のように恭しい稀有な品格を持つ
  • 稀武斗(けんと):武士の如き戦いを愛する希少な魂
  • 琥羽稀(こうき):琥珀色の翼を持つ、希少で自由な上昇志向
  • 樹稀也(じゅきや):樹のように根を張り、希少な存在を確立する
  • 斗稀也(ときや):闘いを楽しむ稀有な進取の精神
  • 真優稀(まさゆき):真の優しさを持ち、人々に稀有な安寧をもたらす
  • 未稀哉(みきや):未来への希望と哉の疑問を含む希少な探究心
  • 佑稀斗(ゆきと):佑助し、斗う力を持つ希少な支える者
  • 悠寿稀(ゆずき):悠久の時を経て続く寿命、希少なる長寧の象徴
  • 世志稀(よしき):世の中の志向を超える稀有な意思を持つ
  • 璃稀矢(りきや):璃(ガラス)のように透明感のある稀有な短歌能
  • 琉稀也(るきや):琉璃のような美しさを振りまく希少な個性
  • 和稀(かずき):調和を重んじる温もりのある希少性
  • 寛稀(かんき):寛大さを持ち、希少な広容を示す
  • 元稀(げんき):元気な姿で人々に活力と希少な喜びをもたらす
  • 倖稀(こうき):幸運を引き寄せる希少性と明るさを持つ
  • 智稀(さとき):賢明さと希少な知識を兼ね備える
  • 雪稀(せつき):雪のように純白で希少な清潔感を持つ
  • 絢稀(しゅんき):彩り豊かで、希少な美の存在
  • 世稀(せいき):世代を超えた希少な価値観を持つ
  • 泰稀(たいき):泰然とした余裕と希少な包容力を持つ
  • 竜稀(たつき):竜のような威厳と稀有な力強さ
  • 斗稀(とき):戦いの神斗のように果敢な挑戦を続ける
  • 尚稀(なおき):尚、何事も価値あるものを追求する稀有な姿勢
  • 成稀(なるき):成長を重ね、けなげな稀有な力を持つ
  • 久稀(ひさき):長く続く希少価値を持つ、変わらぬ存在
  • 嘉稀(ひろき):嘉賞されるような、希少で豊かな人
  • 楓稀(ふうき):楓の如く季節の変わり目に色を変える希少性
  • 有稀(ゆうき):有形無形の稀有な価値を持つ
  • 香衣稀(かえき):香り高い衣のように、人を魅了する希少な存在
  • 稀々也(ききや):稀に見るものであることを誇りに思う
  • 貴寿稀(きすけ):貴く長く生きる希少な人生を象徴する

まとめ:「稀」という名前が不適切とされる主な5つの理由に最終的にどうする?

「稀」という名前が不適切とされる主な5つの理由は以下の通りです。

  • 個性が強すぎることによる問題
  • 幸運や良い出来事が少ない
  • 「希薄」や「少ない」という意味合い
  • 口頭での伝達が困難
  • デジタルデバイスでの入力が難しい

「稀」という漢字の意味は、その解釈によって良い面も悪い面も持っています。

ほとんどの漢字がこのように両面性を持っており、「稀」も例外ではありません。

最終的には、名付けるあなたがこの漢字をどのように捉え、どれだけ肯定的に見ることができるかにかかっています。

おすすめの記事