名前に「亜」を含めるとよくないという6つの理由と漢字の意味は?
スポンサーリンク

なぜ名前に「亜」を使うことが避けられるのでしょうか?

主な理由は、この漢字が元々「お墓」を象徴しているからです。

さらに、「亜」には「2番目」や「亜流」といった、否定的な解釈を受ける可能性のある意味も含まれています。

美しい左右対称の形と、「あ」というシンプルな音を持つ「亜」は、多くの名前に用いられています。

この漢字は女の子の名前にも男の子の名前にも適していますが、一部には使用を避けるべきだという意見もあります。

この記事では、「亜」を名前に使うべきでない理由、適している理由、そして名前としての人気度について解説します。

この内容を読めば、「亜」を名前に採用するかどうかの判断がしやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

名前に「亜」を使うべきでない6つの理由

「亜」を名前に使うべきでないとされる理由は、以下の6点に集約されます。

  • 「亜」は「お墓」を象徴する漢字であるため、不吉な印象を与えることがあります。
  • この漢字は「二番手」という意味を持ち、第一位になれないというネガティブなイメージを持つことがあります。
  • 「曲がった背中の人」を示すとされる漢字であるため、老化や衰えを連想させる可能性があります。
  • 「悪」と形が似ているため、悪い印象を与えることがあります。
  • 「亜流=二流」というイメージがあり、オリジナリティに欠けると見なされることがあります。
  • 「ヤンキー」風の印象を持つこともあり、特に一部の世代にはネガティブなイメージを持たれることがあります。

「墓地」を象徴する漢字としての「亜」

「亜」が名前に適さないとされる理由の一つに、この漢字が「墓地」を象徴していることが挙げられます。

「亜」の古形は「亞」と表記され、この形は王族や貴族の墓を上から見た形を模しています。

このような墓地を象徴する意味合いから、「亜」を名前に用いると、健康や家族運に悪影響を及ぼすと考えられています。

この漢字の背景を知る人々は、名前に「亜」を使用することに対して不吉な警告をすることがあります。

「サブポジション」を意味する「亜」

「亜」が名前に向かないとされる別の理由は、この漢字が「サブポジション」、つまり「二番手」を意味することにあります。

「亜」が付く言葉は、以下のようにしばしば「二番手」の位置を示します。

  • 亜将:大将の下に位置する中将や少将
  • 亜熱帯:熱帯に次いで温暖な地域

このため、一部の人々は「亜」を名前に使用すると、「トップに立てない」や「最高峰に達することができない」といったネガティブな解釈をすることがあります。

親としては、子どもが最高の地位に達することを望むのは自然なことであり、そのような意味合いを持つ漢字を避けることは理解できるでしょう。

「曲がった背の人」を象徴する「亜」

「亜」が名前に適さないとされる理由の三つ目は、この漢字が「曲がった背の人」を象徴するという説に基づいています。

漢字辞典にはこのような記述は見当たりませんが、一部の解釈では「亜」にこのような意味があるとされています。

「曲がった背」というイメージは老化を連想させるため、特に新生児には適さないと考えられています。

「悪」との類似性によるネガティブな印象

「亜」が名前に不適切とされる四つ目の理由は、その形が「悪」と似ていることにあります。

このため、特に子供たちの間で「亜」が「悪魔」とからかわれることがあるかもしれません。

実際、「悪」という漢字は、「亜=墓」と向き合う際に生じる不吉な感情を表すとされています。

古代には、王族の墓に生贄を捧げる習慣があり、その神聖な墓に対して抱かれる忌まわしい感情を象徴していたと言われています。

「二流」と見なされる「亜流」の印象

「亜」が名前に適さないとされる理由の五つ目は、「亜流=二流」というイメージがあるためです。

「亜流」という言葉は、「亜」を含む代表的な例で、以下のような意味を持ちます。

「第一流の人物に追随するが、独創性に欠ける人、単なる模倣者。」

この意味合いから、「亜」を名前に含めると、オリジナリティがなく二流と見なされる可能性があるとされています。

親としては、子供にこのようなレッテルを貼られることは避けたいと考えるでしょう。

「不良」と関連付けられる「亜」のイメージ

「亜」が名前に不適切とされる六つ目の理由は、この漢字が「不良」や「ヤンキー」といったイメージを持つことにあります。

これは完全に主観的なイメージですが、1980年代から1990年代にかけての不良を描いた漫画で「亜」を含む名前のキャラクターが多く登場していたことが影響しています。

このため、特に一世代前の親世代には、「亜」を含む名前に対してネガティブな印象を持つことがあります。

スポンサーリンク

「亜」の漢字の深い意味とその起源

「あ」という音を含む名前は、その穏やかで温かな印象から、名前によく使われます。

「亜」は一文字で発音できるため、名前に取り入れやすく、多くの著名人もこの漢字を選んでいます。

ここでは、「亜」の意味、読み方、そして由来について詳しく解説します。

「亜」の意味とは

元々「亞」と書かれていた「亜」は、「主要なものの次に位置する」という意味を持ちます。

これは「次位」や「二番目」という意味を表す漢字です。

「亜」の起源

「亜」は、建築物の基礎を意味する漢字としても使用され、地下に掘られた四角い土台を象徴しています。

また、曲がった背を持つ人の形を表すという解釈もあります。

スポンサーリンク

名前に「亜」を使用することの是非

「亜」は古く「亞」と表記され、建物の基礎を意味する漢字でした。

また、中国古代の貴族の墓の形を表す漢字であり、霊的な儀式を司る者を「亜」と呼んでいました。

このような背景から、死に関連する文字と見なされ、名前に使用すると家庭運や健康運に不吉な影響を及ぼすとされています。

しかし、「次に続く」という意味では、「先人を尊重する人物になってほしい」「伝統を大切にする人になってほしい」という願いを込めて名付けることもあります。

亜細亜(アジア)という言葉からは、「広大で寛大な心を持つ人物に成長してほしい」という意味を込める親もいます。

漢字には多様な意味が込められており、重要なのは親がどのような思いで子供に名前をつけるかです。

「亜」を名前に選ぶべき2つの肯定的な理由

「亜」という漢字が名前に適しているとされる理由は、主に以下の2点です。

  • 偉大な人物の次に位置するという意味を持つこと。
  • 亜細亜のように広大な心を持つ人物になることを願うこと。

偉大な人物に次ぐ存在としての「亜」

「亜聖」という言葉があります。これは「聖人や偉人に次ぐ、立派な人物」という意味を持ちます。

親としては、子供が聖人や偉人になることを直接期待することは少ないかもしれませんが、それに次ぐレベルであれば可能性があると考えることができます。

子供に大きな期待をかけることはプレッシャーになるかもしれませんが、この程度の希望は負担にならないでしょう。

亜細亜のような広大な心を持つ人物への願い

昭和時代には、「亜」を使った名前は、「亜細亜大陸のように広く大きな心を持ち、大らかな人物になってほしい」という願いを込めて名付けられることがありました。

現代では、アジア地域の国々、特に中国や韓国が発展していることを考慮すると、亜細亜全域で活躍することを願う意味合いを持たせて名付けることも一つの選択肢です。

現代における「亜」の人気度調査

現在の「亜」という漢字の人気度を測るために、以下の二つの指標を基に調査を行いました。

  • 新生児の名前ランキング
  • 「亜」を名に持つ著名人の数

新生児の名前ランキングにおける「亜」

新生児の名前に使われる漢字の人気度は、大手機関によって毎年発表される上位100位のランキングで確認できます。

最新のランキングによると、「亜」は以下のような状況にあります。

  • 女の子の名前:ランキング外
  • 男の子の名前:ランキング外

参考:明治安田生命 | 名前ランキング2022

この結果から、「亜」は近年あまり人気のある漢字ではないことがわかります。

しかし、このことは他の子供と名前が重複する可能性が低いというメリットも意味しています。

「亜」を含む名前の著名人たち

「亜」という漢字を名前に含む著名人について調査を行い、以下にその一覧をまとめました。

女性の著名人

  • 小清水亜美:(声優)
  • 須田亜香里:(アイドル)
  • 城戸真亜子:(タレント)
  • 向井亜紀:(タレント)
  • 八代亜紀:(歌手)
  • 石川亜沙美:(女優)
  • 稲村亜美:(タレント)
  • 八木亜希子:(アナウンサー)
  • 川原亜矢子:(モデル、女優)
  • 鈴木亜美:(歌手)
  • 亀井亜紀子:(政治家)
  • 柴田亜衣:(水泳選手)
  • 東原亜希:(タレント)
  • 矢田亜希子:(俳優)
  • 加隈亜衣:(声優)
  • 菊地亜美:(タレント)
  • 先田亜季:(俳優)
  • 大貫亜美:(歌手)
  • 島津亜矢:(歌手)

男性の著名人

  • 九里亜蓮:(プロ野球選手)
  • 宮本亜門:(演出家)
  • 白濱亜嵐:(ダンサー、歌手、俳優)
  • 田中亜土夢:(サッカー選手)
  • 小林亜星:(俳優、作曲家)
  • 三崎亜記:(小説家)
  • 三木亜生:(芸人)
  • 鈴木亜久里:(元F1ドライバー)

男の子向け「亜」を含む名前の提案50選

「亜」を用いた男の子の名前の例をいくつか紹介します。

一般的なものからユニークな名前まで、名付けの際の参考にしてみてください。

  • 亜緒人(あおと):穏やかな音色を思わせる響き
  • 亜埼(あさき):鮮やかな朝の光を連想させる明るさ
  • 結亜(ゆうあ):絆を大切にする温かさ
  • 亜津也(あつや):深みのある強さと信頼感
  • 亜須可(あすか):明日への希望と可能性
  • 亜弓(あゆみ):歩むことの大切さを示唆する穏やかさ
  • 加之亜(かのあ):加えてゆく成長と進歩
  • 亜郷(あさと):明るく朗らかな人々の集う場所
  • 吏亜/理亜(りつ):理を重んじる公明正大さ
  • 亜斗夢(あとむ):大きな夢を秘めた力強さ
  • 亜以己(あいき):自己を基軸にした誠実さ
  • 亜沙(あさ):朝の新鮮な清々しさ
  • 亜光(あこう):光輝く未来への期待感
  • 亜門/亜文(あもん):新たな扉を開く知恵と才能
  • 瑠亜(るあ):美しい瑠璃色のような貴重さ
  • 亜矢斗(あやと):力強く飛翔する勢い
  • 斗亜/杜亜(とあ):大自然の中で育まれる健やかさ
  • 亜生/亜緒(あお):生命の息吹を感じさせる新鮮さ
  • 亜羅夢(あらん):果てしなく広がる夢と希望
  • 亜良汰(あらた):新たなる良き変革をもたらす力
  • 星亜(せいあ):無限の宇宙を想像させる壮大さ
  • 琉亜(りゅうあ):強く美しい琉球ガラスのような個性
  • 亜希良(あきら):希望と良い方向へ導く明るさ
  • 亜央生(あおい):広く生き生きとした世界観
  • 李亜(りあ):美しい果実のような甘く温かい魅力
  • 亜弦(あいと):音楽の弦のように人々を結びつける調和
  • 亜成(あせい):成し遂げる力と成功への期待
  • 光亜(こうあ):明るい光と希望の象徴
  • 燈亜/透亜(とうあ):灯りのように温かく道を照らす導き
  • 亜玲(あれい):美しい音の響きを持つ洗練された存在
  • 凪亜(なぎあ):穏やかな海のような安らぎ
  • 莉亜斗(りつと):花のように美しく、勇敢に進む力
  • 樹希亜(じゅきあ):樹木が育つように、望みを育て上げる使命感
  • 亜樹/亜紀(あき):時間をかけて育まれる深い知識と経験
  • 莉亜武(りあむ):力強さと美しさのバランス
  • 亜緒人(あおと):調和のとれた人間関係の構築者
  • 亜久理(あぐり):長く根付く理性と知恵
  • 嶺亜(れいあ):山に広がる壮大な眺望と新たな頂を目指す野心
  • 悠亜(はるあ):遥かなる時間とともに成熟するゆったりとした広がり
  • 亜央葉(あおば):新緑の葉のような生命力と成長
  • 亜希士(あきと):希望と歴史を担う運命
  • 乃亜/埜亜(のあ):大地を思わせる安定感と豊かな実り
  • 呼亜(こあ):人を惹きつける呼び声のような魅力
  • 颯亜(そうあ):颯爽とした風のような爽快さ
  • 亜温(あのん):穏やかで温もりのある優しさ
  • 知亜輝(ちあき):知識と輝きを兼ね備えた才能
  • 亜虎(あこ):虎のような力強さと機敏さ
  • 亜沙飛(あさひ):朝日のように希望を高く掲げるエネルギー
  • 亜悠武(あゆむ):悠々自適に進む勇気と力強さ
  • 亜流十(あると):常に流れる時間の中で十分に生きる豊かさ
  • 亜友人(あゆと):友人思いの優しさと信頼感

女の子向け「亜」を含む名前の提案50選

ここでは、「亜」を取り入れた女の子の名前の例をいくつか紹介します。

定番の名前から珍しいものまで、名付けの際の参考にしてみてください。

  • 鞠亜(まりあ):丸く優しい心に満ちた愛らしさ
  • 亜実(つぐみ):実り多き人生への願いを込めて
  • 南亜芽(なつめ):夏の恵みを思わせるような生命力
  • 亜優美(あゆみ):優れた美しさを一歩ずつ踏み出す歩み
  • 亜喜(あき):喜びに満ち溢れている輝き
  • 亜矢芽(あやめ):新しい芽生えのような清新さ
  • 亜季/亜紀(あき):季節ごとの美しさを楽しむ豊かな感性
  • 亜紗比(あさひ):朝日に照らされる希望という名の比
  • 心莉亜(みりあ):心に響く美しい莉花の香り
  • 由梨亜(ゆりあ):由緒ある梨園からインスピレーションを受けた優雅さ
  • 亜月(あづき):小豆色の落ち着いた温もりを感じる存在
  • 亜依花(あいか):依存される花のような優しさと美しさ
  • 莉亜菜(りあな):彩り豊かな菜園のような潤いと和み
  • 亜里珠(ありす):高貴な珠のように輝く智慧と美
  • 亜利沙(ありさ):利を生み出す沙のような柔軟で賢明な女性
  • 亜心/亜子(あこ):亜の夢を心に、または子として愛される存在
  • 留亜(るあ):留まることなく前進する意志の強さ
  • 珠里亜(じゅりあ):珠のように貴重で、里のように温もりある愛
  • 青亜(せいあ):澄んだ青空のような限りない可能性
  • 亜衣莉(あいり):愛と衣りを纏ったりりしさ
  • 亜幸(あゆき):幸福へ向かって歩んでいく進取の気性
  • 千亜希(ちあき):千の望みを希望するような明るい未来
  • 亜晄(あきら):明るく晄々とした気高さ
  • 亜耶実(あやみ):耶のように神秘的で実りある人生を
  • 紅亜(くれあ):紅の鮮やかさを映すような情熱の持ち主
  • 早亜弥(さあや):早朝の清新さと伸びやかな生命力
  • 亜央衣(あおい):広い視野と豊かな感受性を内包する衣
  • 亜佳音(あかね):佳い音色のような和やかで美しい調和
  • 亜依奈(あいな):依る場所を提供するなよなかった支え
  • 澪亜/怜亜(れあ):水面に映る澪のように穏やかで、怜悧なる心持
  • 亜奈(あんな):柔和で穏やか、安らぎを与える女性
  • 梨亜/莉亜(りあ):梨のように甘く、莉花のように美しく
  • 美亜/珠亜(みあ):美しさと貴重なる珠のような存在
  • 亜麻音(あまね):亜麻色の穏やかな調べを奏でるような人
  • 蕗亜(ろあ):蕗の薹のようにそっと支える強さ
  • 想亜(そあ):人々の心に思いを馳せるような優しさ
  • 亜咲(あさ):新しい朝に咲く花のようなフレッシュな魅力
  • 美亜李(みあり):美と亜李の果実のように甘く、豊かな情感
  • 茉依亜(まいあ):茉莉花のように清楚で依り甲斐のある優しさ
  • 乃亜(のあ):穏やかな乃の木の下で成長する安心感
  • 亜紙香(あかり):明るく照らす光を放つ香り立つ存在
  • 心亜(ここあ):心から温かさを与える甘美なチョコレートのように
  • 嶺亜(れいあ):山嶺のように凛とし、でも親しみやすい愛らしさ
  • 亜美/亜海(あみ):美しさ、または広大な海のように大きな心
  • 凛亜(りんあ):凛とした冷たさと亜の柔らかさが融合した美しさ
  • 亜弥菜(あやな):菜園のように日々成長する美しさと健やかさ
  • 侑亜(ゆうあ):侑み、助け合いの精神を持つ豊かな心
  • 亜衣(あい):愛に満ちた衣を纏うような繊細さ
  • 亜香里(あかり):芳醇な香りを放つ里のような温かな佇まい
  • 亜梨愛(ありあ):愛される梨のように甘く、人を惹きつける
  • 悠亜(ゆあ):悠々とした時間を過ごす静かな美しさ
  • 亜弥乃(あやの):広がる野原のような自由や素朴な魅力
  • 亜紙羽(みあ):紙のように軽やかで、羽のように自由な精神

 

まとめ:名前に「亜」を含めると良くないという6つの理由、最終的にどうする?

「亜」という漢字が名前に適さないとされる主要な理由は、以下の6つの点に集約されます。

  • 墓地を象徴する漢字であることから、不吉な印象を与える可能性があります。
  • 「二番手」という意味を持つことで、常にトップに立てないというネガティブなイメージが生じることがあります。
  • 曲がった背を持つ人を示す漢字であるとされ、老化や衰弱を連想させる可能性があります。
  • 「悪」と形が似ているため、悪い印象を与えることがあります。
  • 「亜流=二流」というイメージがあり、オリジナリティに欠けると見なされることがあります。
  • 「ヤンキー」風の印象を持つこともあり、特に一部の世代にはネガティブなイメージを持たれることがあります。

これらの点は、一見、劣る位置にあるように感じさせる要素ですが、実際にはリーダーを支える謙虚で愛される人物になる可能性を示唆しています。

社会は少数のトップと多数のサポート役で成り立っており、これらの特徴が必ずしも悪い意味を持つわけではないということです。

おすすめの記事