【吏】名前に使うと良くない4つの理由!口頭での説明が難しい?
スポンサーリンク

「吏」という漢字、一見すると堂々としていて、何か特別な印象を受けますよね。

しかし、実は名前に使うにはちょっと考えものなんです。

なぜかというと、

  • 「下級役人」という意味がある
  • 一般的に読み方が知られていない
  • 口頭での説明が難しい
  • 文化的な背景が異なる

という理由が挙げられます。

この記事では、「吏」という漢字の背景や、名前に使う際の注意点、さらにはその魅力についても掘り下げていきます。

子供の名付けを考える際の参考にしていただければ幸いです。

【吏】名前に使うと良くない4つの理由!口頭での説明が難しい?

スポンサーリンク

「吏」の漢字の意味と由来

「吏」の漢字の意味と由来

「吏」という漢字は、もともと中国の歴史や文化に深く根ざした言葉です。

この漢字がどのような意味を持ち、どのようにして生まれたのか、一緒に見ていきましょう。

「吏」の意味

「吏」とは、本来、政府や行政機関で働く官僚や役人、特に低位や中位の職員を指す言葉です。

公務を担う人々や、時には法律を厳格に適用する人々を表すこともあります。

「吏」の由来

この漢字は、古代中国の象形文字が起源です。

初期の形は、文書を扱う人の姿を表していたと考えられています。

時が経つにつれ、より抽象的な形に進化し、現在の形に至りました。

中国の官僚制度の発展に伴い、「吏」は役人を指す一般的な言葉として定着しました。

日本における漢字「吏」の使用

日本では多くの漢字が使われていますが、「吏」は日常生活で頻繁に使われるわけではありません。

日本の漢字としてはあまり馴染みがなく、そのため名前に使う際には注意が必要です。

スポンサーリンク

名前に「吏」を使うと良くない4つの理由とは?

名前に「吏」を使うと良くない4つの理由とは?

「吏」という漢字には、名前として使う際に考慮すべき4つの懸念点があります。

  • 「下級役人」という意味がある
  • 読み方が一般的でない
  • 口頭での説明の難しさ
  • 文化的背景の違い

これらの点を踏まえて、名前に「吏」を選ぶ際の参考にしてください。

「下級役人」という意味がある

「吏」が名前に向かないとされる理由の一つは、この漢字が「下級役人」を意味するからです。

もともとは役人を表す漢字でしたが、特に下級の役人を指すようになりました。

このため、名前に含まれると、地位や評価に関するイメージが伴うことがあります。

【反論】「吏」は単に「役人」を意味

一方で、「吏」が「下級役人」の意味だというのは一部の解釈に過ぎません。

実際には、「吏」は単に「役人」を意味し、上級・下級の区別はありません。

「小吏(しょうり)」が下級役人を指す言葉です。

読み方が一般的でない

また、「吏」の読み方はあまり知られていないため、名前に使うと誤解されることがあります。

馴染みの薄い漢字は、名前としての認識や理解に障壁を生じさせることがあります。

口頭での説明の難しさ

さらに、「吏」は口頭での説明が難しい漢字です。

一般的でないため、名前を伝える際に何度も説明が必要になることがあります。

これはコミュニケーションの障害となり、名前の覚えやすさにも影響します。

文化的背景の違い

最後に、中国の文化に根差した「吏」は、日本の文化的背景とは異なる意味を持ちます。

中国では官僚や役人を象徴する漢字ですが、日本ではその意味が十分に伝わらないことがあります。

異なる文化的背景を持つ漢字を名前に使うことは、アイデンティティの表現に複雑さをもたらすことがあります。

スポンサーリンク

名前に「吏」を取り入れるメリット

【吏】名前に使うと良くない4つの理由!口頭での説明が難しい?

名前に「吏」を取り入れるメリットは、子どもに「他人への貢献」の精神を植え付けることができる点にあります。

この漢字は「役人」を意味し、奉仕の心を象徴しています。

名前に「吏」を含めることで、子どもに対する思いやりや社会への貢献意識を育むことができます。

また、公務員や専門職としての役割を果たすことへの意識も高めることができるでしょう。

現代では、多くの若者が公務員を目指す時代ですから、そのような職業への関心を育てる一助となるかもしれません。

「吏」の現在の人気度は?

【吏】名前に使うと良くない4つの理由!口頭での説明が難しい?

「吏」という漢字が名前にどれほど人気があるのかを、以下の2つの指標で見てみましょう。

  • 赤ちゃんの命名ランキング
  • 有名人の名前に「吏」が使われているか

赤ちゃんの命名ランキングにおける「吏」

昨年度の赤ちゃんの名前ランキングを見ると、「吏」を含む名前はトップ100には入っていませんでした。

男の子も女の子もランク外で、一般的な人気はそれほど高くないようです。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

私の周りでも、「吏」を含む名前を持つ人はほとんどいません。

「吏」を含む名前の有名人

それでは、過去から現在にかけて、「吏」を名前に持つ有名人はどれくらいいるのでしょうか?

調べてみると、意外と多くの有名人が「吏」を名前に含んでいることがわかります。

俳優、ミュージシャン、スポーツ選手など、様々な分野で活躍している人々がいます。

  • 安田吏玖:俳優
  • 佐藤海吏:俳優
  • 内田吏音:俳優
  • 合田雅吏:俳優
  • 城桧吏:俳優
  • 井上優吏:俳優
  • 紡木吏佐:女性声優
  • 井上依吏子:女優
  • 酒井麻吏:女優
  • 相馬吏菜:女優
  • 安斎恵吏:女優
  • 四宮吏桜:女優
  • 滝元吏紗:女優
  • 清水 依与吏:ミュージシャン
  • 白木悠吏阿:グラビアアイドル
  • 高橋主吏:タレント
  • 佐藤優吏:タレント
  • 佐野吏音:タレント
  • 左藤吏奈:タレント
  • 吉田吏玖:サッカー選手
  • 中井栞吏:サッカー選手
  • 島田海吏:野球選手
  • 栗林良吏:野球選手
  • 一尾星吏夏:野球選手
  • 汐見吏沙:モデル
  • 滝元吏紗:モデル
  • 平井磨吏奈:モデル
  • 芝村裕吏:ゲーム作家
  • 宮島礼吏:漫画家
  • 北川悦吏子:脚本家/映画監督

「吏」を含む男の子の名前例

「吏」を含む男の子の名前

「吏」を使った男の子の名前には、様々な意味や願いが込められています。

名付けの参考にしてくださいね。

  • 吏(つかさ):権力と知恵を兼ね備えたリーダーになることを願う名前。
  • 吏夢(おさむ):夢を追い続け、目標を達成する強い意志を持つ名前。
  • 海吏(かいり):広い心と冒険精神を持ち、自由を愛する名前。
  • 吏志(さとし):知恵と志を高く持ち、周囲を導く名前。
  • 翔吏(しょうり):高く飛び、大きな成功を収めることを願う名前。
  • 千吏(せんり):千の道を極め、多才な才能を発揮する名前。
  • 桃吏(とうり):優しさと強さを兼ね備え、人々を惹きつける名前。
  • 万吏(ばんり):万事に通じ、多方面で成功を収める名前。
  • 雅吏(まさり):洗練された品格と知性を持ち合わせる名前。
  • 祐吏(ゆうり):幸運を引き寄せ、周囲にも幸せをもたらす名前。
  • 吏市(りいち):商才に長け、豊かな成果を上げる名前。
  • 吏希(りき):希望を持ち続け、困難を乗り越える強さを持つ名前。
  • 伊央吏(いおり):独自の道を切り開き、新しい価値を創造する名前。
  • 吏歩武(りあむ):歩みを止めず、勇敢に挑戦を続ける名前。
  • 吏駆斗(りくと):速さと力を兼ね備え、目標に向かって突き進む名前。

このように、各名前には子どもの未来への願いが込められています。

「吏」を含む女の子の名前例

「吏」を含む女の子の名前

女の子の名前にも「吏」を取り入れることで、美しい意味を持たせることができます。

  • 寿吏(じゅり):長寿と幸福を願い、愛される名前。
  • 波斗吏(はとり):波に乗り、大胆に夢を追う名前。
  • 吏莉(りり):美しく、知性と品格を兼ね備える名前。
  • 吏子(りこ):優しさと力強さを持ち、人々を支える名前。
  • 吏美(りみ):美しさと才能を兼ね備え、輝く未来を描く名前。
  • 吏佐(りさ):支える力と賢さを持ち、周囲を明るくする名前。
  • 吏紗(りさ):繊細で優雅、周囲を魅了する名前。
  • 星吏夏(せりか):星のように輝き、夏のように明るい名前。
  • 吏桜(りお):桜のように美しく、人々の心を和ませる名前。

これらの名前は、女の子の美しい未来への願いを表しています。

まとめ:「吏」が名前に良くないと言われる、最終的にどうする?

【吏】名前に使うと良くない4つの理由!口頭での説明が難しい?

「吏」が名前に良くないと言われるのは、

  • 「下級役人」を意味するから
  • 読めない人が多いため
  • 口頭で説明しにくいため
  • 文化的な意味合いが異なるため

この4つの理由からです。

しかし、私の見解では「吏」の漢字単体では「役人」しか意味しておらず、下級役人を意味するというのは誤解です。

「役人」に対しても悪いイメージを持つ人もいますが、人に奉仕する立派な仕事。

現代では憧れの職業のひとつですから、赤ちゃんの名前に悪いというわけではないと思います。

ただ、生まれてくる我が子に「将来は役人になってほしい」と願う親は少ないと思うので、その点をどう思うかは名付け親の判断に委ねられるでしょう。

おすすめの記事