名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由!悪い意味は本当か?
スポンサーリンク

「蒼」という名前には、実はいくつかの良くない懸念点があると言われています。

この漢字は「元気がない様子」や「老いた印象」を連想させることがあり、そのため一部では否定的な見方が存在します。

しかし、同時にポジティブな側面も持ち合わせており、名前として採用するかどうかは、個々の価値観に委ねられます。

特に、赤ちゃんの名付けにおいては、「蒼」は非常に人気のある漢字です。

そのため、賛否両論が交錯することも少なくありません。

今回は、以下の点を詳しくご紹介します。

  • 名前に「蒼」が良くないとされる理由
  • 名前に「蒼」を選ぶ親の願い
  • 「蒼」の名前の現在の人気度

これらを理解することで、名付けに対する迷いも解消されるでしょう。

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

スポンサーリンク

「蒼」という漢字の意味と由来

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

「蒼」という漢字には、自然の豊かさや深みを感じさせる意味が込められています。

この漢字は、青々とした草や青緑色、草木が生い茂る様子を表現しています。

草冠と倉を組み合わせた「蒼」は、穀物庫の屋根に生い茂る草木を描いており、そこからその意味が生まれました。

また、時には「蒼古」のように、古くなったり老いたりする様子を示すこともあります。

「あお」と読むこの漢字は、空や海を思わせるブルーを連想させがちですが、実際には青みを帯びた深い緑色を指しているのです。

スポンサーリンク

名前に使う「蒼」の良くない6つの理由

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

「蒼」を名前に使用する際の良くないとされる懸念点は、以下の6つが挙げられます。

  • 元気がない様子を示す漢字であるため
  • 老いた印象を与える漢字であるため
  • 慌てたり、あわただしい様子を示す漢字であるため
  • 鮮やかなブルーではなく、くすんだ青色を連想させるため
  • 未熟な若者を意味する「青二才」を思い起こさせるため
  • 流行りのキラキラネーム(DQNネーム)に見える可能性があるため

漢字辞典によると、「蒼」は「古びる」「年老いた様子」「あわてる」「あわただしい様子」「顔色が青ざめる」「色つやがない」といった意味を持っています。

これらの意味を知ると、名前に使う際の良くないとされる懸念点がより明確になりますね。

「元気がない」印象を与える漢字

「蒼」という漢字が名前に良くないとされる一つの理由は、それが「元気がない」状態を連想させるからです。

例えば、「蒼白い」とか「顔面蒼白」といった表現がありますね。

これらは体調が悪い時に使われる言葉で、顔色が悪くなる様子を示します。

「太陽に当たる機会が少ない病弱な人は、顔色がより青白くなる」というイメージもあります。

さらに、文学作品や聖書において「蒼ざめた馬」など、死を象徴する表現にも使われることがあります。

「老いた印象」を与える漢字

「蒼」が名前に良くないとされるもう一つの理由は、それが「老いたさま」を表す漢字であることです。

「古色蒼然」という言葉がありますが、これは時間の経過と共に古びた様子を表します。

このような使われ方から、一部では望ましいブルーとは異なる色合いを連想する人もいます。

「慌ただしい」または「あわてる」状態を示す漢字

「蒼」のもう一つの懸念点は、「あわてる」や「慌ただしい」状態を表す漢字であることです。

「蒼惶」という言葉がありますが、これは慌ただしい様子やあわてる様子を表します。

一般的にはあまり使われない表現ですが、知識の深い人々の間では、「蒼」がこのような意味を持つことも知られています。

鮮やかなブルーではない「くすんだ青」

「蒼」が名前に良くないとされる理由の一つに、「くすんだ青」という色合いが関係しています。

一般的に私たちが想像する鮮やかなブルーとは異なり、「蒼」は控えめで地味な青色を表します。

実は「蒼」は、倉に干し草をしまう様子や、倉の屋根に茂る草木を象徴する漢字として使われてきました。

古代日本では「緑」も「青」と呼ばれていたこと、そして「草」を意味する点から、「蒼」は現代の「緑色」に近い色を指しているのです。

「青二才」というイメージ

「蒼」が名前に良くないとされる理由の中には、「青二才」という言葉が関係しています。

「青二才」とは、経験が浅く未熟な若者を指す言葉です。

漢字は異なりますが、「あお」という響きから、人々は無意識に「青二才」を連想することがあります。

キラキラネーム(DQNネーム)としての印象

最後の懸念点は、「蒼」がキラキラネーム(DQNネーム)のように見えることです。

「蒼」は近年人気が出始めた漢字で、昭和時代にはほとんど使われていませんでした。

そのため、年配の方々からは「現代的すぎて違和感がある」と感じられることもあります。

また、キラキラネームとしての印象が強まるような他の漢字と組み合わせると、さらにその傾向が強くなる可能性があります。

そのため、名前の候補を考える際には、周囲の意見を聞くことも大切です。

スポンサーリンク

「蒼」を名前に選ぶ親の願いとは?

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

「蒼」を子どもの名前に選ぶ際、親はこんな美しい願いを込めています。

  • 健やかな成長を願う
  • 大きな夢を持ち、広い世界で活躍してほしい

健やかな成長を願う

「蒼」という漢字には、「草木が青々と育つ」という意味があります。

これは子どもが健康で元気に成長してほしいという親の願いを象徴しています。

空の広さや自然の緑も思い起こさせるこの漢字は、子どもの明るい未来への希望を表しているのです。

大きな夢を持ち、広い世界で活躍してほしい

「蒼天」という言葉は、広い青空を意味し、「蒼海」は広大な海を表します。

これらの言葉は、子どもが大きな夢を持ち、広い世界で自由に羽ばたいてほしいという親の願いを込めたものです。

広い空や海のように、限りない可能性を秘めた未来を子どもに託す思いが、「蒼」という名前には込められています。

「蒼」の名前の現在の人気度

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

現在、「蒼」という漢字の人気度はどの程度なのでしょうか。

以下のデータから見てみましょう。

  • 赤ちゃんの命名ランキング
  • 名前に「蒼」を持つ有名人

赤ちゃんの命名ランキングでの位置

最近の赤ちゃんの名前のトレンドを見ると、「蒼」は非常に人気があります。

大手機関が発表した命名ランキングによると、

男の子の名前では1位(蒼)・14位(蒼空)・20位(蒼真)・40位(蒼生)・46位(蒼大)・70位(蒼翔)・77位(蒼人)と複数のランキングに登場しています。

女の子の名前では、98位に「蒼依」という名前がランクインしています。

これらのデータから、「蒼」が現代の赤ちゃんの名付けにおいて非常に人気があることがわかります。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

名前に「蒼」の漢字を含む有名人たち

「蒼」という名前を持つ現役の有名人は、どのような方々がいるのでしょうか。

ここでは、男女別にいくつかの例を挙げてみましょう。

活躍する男性有名人

名前に「蒼」の漢字を含む男性有名人には、以下のような方々がいます。

  • 市川蒼:声優としての才能を発揮
  • 福士蒼汰:映画やドラマで見かける俳優
  • 高岡蒼佑:舞台や映像作品で活躍する俳優
  • 中村蒼:俳優として活躍
  • 池谷蒼大:プロ野球界で注目される選手

これらの方々は、それぞれの分野で素晴らしい才能を発揮しています。

活躍する女性有名人

一方、女性では以下のような有名人がいます。

  • 岩本乃蒼:テレビで活躍するアナウンサー
  • 伊東蒼:演技力で魅了する女優

これらの女性有名人も、若い世代を中心に注目を集めています。

名前に「蒼」の漢字を含む有名人はまだ多くはありませんが、現在の人気を考えると、今後10年、20年の間にその数は増えていくことが予想されます。

男の子におすすめの「蒼」を含む名前

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

「蒼」という漢字を使った男の子の名前には、以下のような素敵な候補があります。

  • 蒼陽(あおはる・あおひ):青空のように広がる希望と明るさを象徴。
  • 蒼貴(あおたか):高貴で清らかな心を持つ、品格ある人物へ。
  • 蒼樹(あおき):大地に根ざし、青々と成長する強さと生命力。
  • 蒼士郎(あおしろう):知恵と勇気を兼ね備え、人々を導く存在。
  • 蒼生(あお・あおい):生命の輝きと新鮮な息吹を持つ、清新な青年。
  • 蒼登(あおと):高みを目指し、果敢に挑戦する勇敢な心。
  • 蒼幸(あおゆき):幸福を運ぶ青い風、周囲を明るくする。
  • 蒼太朗(そうたろう):広大な未来へと進む、朗らかな若者。
  • 蒼汰(そうた):新しい時代を切り開く、力強い意志の持ち主。
  • 蒼誠(そうせい):誠実さを大切にし、人々に信頼される人。
  • 蒼介(そうすけ):周囲を支え、和をもたらす心優しい人。
  • 蒼二朗(そうじろう):二つの光を持ち、人生を明るく照らす。
  • 蒼史(そうし):歴史に名を刻むような、偉大な業績を成す。
  • 蒼元(そうげん):原点に立ち返り、常に新たな挑戦をする。
  • 蒼吉(そうきち):幸運を呼び込み、常に前向きな精神を持つ。
  • 蒼河(そうが):流れる川のように、柔軟で変化に富む。
  • 蒼一(そういち):一番星のように輝き、道を照らす存在。
  • 蒼真(そうま):真実を追求し、正直な心を持つ。
  • 蒼人(そうと):多くの人々と共に歩み、大きな影響を与える。
  • 蒼也(そうや):青春の輝きを持ち、常に新鮮な発想で挑む。
  • 智蒼(ともひろ):知恵と青い空のような広がりを持つ
  • 知蒼(ちひろ):知識と清らかな心を兼ね備え、人々を啓発。
  • 龍蒼(たつひろ):龍のように力強く、大空を駆ける壮大な夢持ち。
  • 蒼信(ひろのぶ):信念を持ち、常に正義と誠実さを追求。
  • 蒼光(ひろみつ):光輝く未来へと導く、希望の象徴。
  • 蒼翔(ひろと):高く飛び立ち、限界を超える野心と勇気。
  • 蒼暁(ひろあき):暁の光のように、新たな始まりと希望を示す。

これらの名前は、それぞれに深い意味と願いが込められており、子どもの将来に素晴らしい影響を与えることでしょう。

女の子におすすめの「蒼」を含む名前

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由|悪い意味は本当か?

女の子の名前に「蒼」を取り入れると、以下のような魅力的な選択肢があります。

  • 蒼夏(あおか):夏の青空のように明るく、爽やかな印象。
  • 蒼彩(あおい):多彩な色彩を持ち、鮮やかな人生を歩む。
  • 蒼桜(あお):桜のように儚く美しく、清楚な印象。
  • 蒼子(あおこ・あおね):青い海のように広く深い心を持つ。
  • 蒼波(あおは):波のように力強く、時に優しく包み込む。
  • 蒼葉(あおは・あおば):新緑のように生命力に満ち、成長する。
  • 蒼菜(あおな):自然の恵みを受け、健やかに育つ。
  • 蒼音(あおね):穏やかな音色のように、心地よい存在。
  • 蒼海(あおみ):広大な海のように、無限の可能性を秘める。
  • 蒼果(そうか):果実のように甘く、人生を彩る。
  • 蒼奈(そうな):穏やかで、周囲を和ませる優しい心。
  • 蒼美(そうみ):美しさと知性を兼ね備え、魅力的な女性。
  • 蒼凪(ひろな):静かな海の凪のように、穏やかで優しい。
  • 蒼(みひろ):広い空のように、自由で開放的な精神。
  • 茉蒼(まひろ):清らかで爽やか、自然の美しさを象徴。
  • 七蒼(なひろ):七色の光を放ち、多面的な魅力を持つ。
  • 千蒼(ちひろ):千の物語を持ち、深い感受性と豊かな心。

これらの名前は、それぞれが持つ独特の魅力と、女の子の未来への美しい願いが込められています。

まとめ:名前に「蒼」を使うと良くない、最終的にどうする?

名前に「蒼」を使うと良くない6つの理由!悪い意味は本当か?

「蒼」という名前が持つ懸念点は、以下の6つでした。

  • 元気がない印象を与える漢字であること
  • 老いた様子を連想させる漢字であること
  • 慌ただしいまたはあわてる状態を示す漢字であること
  • 鮮やかなブルーではなく、くすんだ青を思わせること
  • 未熟な「青二才」というイメージを持つこと
  • キラキラネーム(DQNネーム)のように見える可能性があること

これらは「蒼」が持つ様々な側面ですが、この漢字は良い意味も悪い意味も含んでいます。

多くの漢字がそうであるように、「蒼」もまた、その両面を持つ一つの漢字です。

私の考えでは、名前に込められる良い意味に注目し、それを大切にすることが重要です。

親御さんがこの名前に特別な思いを寄せているならば、小さな懸念点は気にせず、心に響く名前を選ぶのが最善の選択かもしれません。

おすすめの記事