【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?
スポンサーリンク

「巴(ともえ)」という漢字、古風で可愛らしさがあるけれど、名前にするにはちょっと考えどころがあるんです。

  • 歴史的な負のイメージ
  • 「男女の交わり」の象徴
  • 「とぐろを巻いた蛇」の由来
  • 読みにくさ

こんな理由から、「巴」を名前に使うのは避けた方がいいかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。今回は、

  • 「巴」が名前に向かない理由
  • 「巴」を使うメリット
  • 「巴」の人気度

これらをじっくりと掘り下げてみました。

この記事を読めば、「巴」を赤ちゃんの名前にするかどうか、あなた自身で判断できるはずですよ。

【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?

スポンサーリンク

「巴」の意味とその由来

「巴」の意味とその由来

先ずは、「巴」の漢字と意味・由来を見ていきましょう。

  • 意味: 「巴」はもともとは蛇を表す象形文字として使われました。そのため、蛇や大蛇を意味することがあります。また、この漢字は「切望する」「憧れる」といった意味でも使われることがあります。これは、何かを強く望む心が蛇のように絡みつく様子を表すためです。
  • 由来: 「巴」の字形は、古代の甲骨文字や金文において、蛇の形を模したものです。この漢字は、蛇の体が曲がりくねっている様子を表現しています。時間が経つにつれて、この漢字はより抽象的な形に変化し、現在の形になりました。

日本では、弓を射る際に弦が手首に当たらないようにする「鞆(トモ)」という道具がありました。

この道具の形が「巴」と似ていたため、日本に伝わった際に「巴(トモエ)」と読むようになったんです。

そうして、「鞆絵」や「巴紋(ともえもん)」として、日本独自の文化として広まりました。

柔道の「巴投げ」や「三つ巴」の表現も、この「巴紋」から来ているんですよ。

スポンサーリンク

「巴」の持つイメージは?

【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?

次に、「巴」の持つイメージについて解説します。

「巴」という漢字は、日常生活ではあまり目にすることがないかもしれませんが、この漢字には日本の伝統的な美しさが感じられます。

もともと蛇を表す象形文字として使われ、蛇や大蛇を意味することがありますが、「切望する」「憧れる」といった感情を象徴することもあります。

この漢字は、蛇の体が曲がりくねっている様子を表現しており、時間が経つにつれてより抽象的な形に変化しました。

日本文化においては、「巴」は家紋や神紋、太鼓や屋根の装飾などに見られ、文化に深く根ざしています。

「巴紋」は「和」や「神聖」、「清らか」といったイメージを持ち合わせており、さらに「うずまき」からは「影響力」の象徴とも考えられます。

また、歴史上の人物「巴御前(トモエゴゼン)」からは、「才色兼備」という印象も受けます。

スポンサーリンク

名前に「巴」を使うと良くない4つの理由

名前に「巴」を使うと良くない4つの理由

「巴」を名前にすることには、いくつかの懸念点があるんです。

私が調べた結果、以下の4つの理由が挙げられます。

  • 歴史的な負のイメージ
  • 「男女の交わり」の象徴
  • 「とぐろを巻いた蛇」の由来
  • 読みにくさ

これらは一般的な見解ではなく、あくまで一部の人々の解釈に過ぎませんが、気になる方は少なくないでしょう。

それでは、これらの理由を一つずつ見ていきましょう。

歴史的な負のイメージとは?

「巴」が名前に向かないとされる理由の一つに、その漢字が持つ歴史的な負のイメージがあります。

日本の歴史を見ると、「巴」は戦乱や対立の象徴として使われることがありました。

「三つ巴」のような表現は、複数の勢力が絡み合う複雑な争いを示唆しています。

このような背景から、名前に使う際には、その歴史的な意味合いを考慮する必要があるのです。

特に、子供の将来に影響を与えないように、慎重に選ぶことが大切です。

「男女の交わり」の象徴とは?

「巴」が名前に適さないとされるもう一つの理由は、この漢字が「男女の交わり」を象徴していることです。

「巴」は本来、「陰陽和合」の概念を表し、異なる性質のものが結びつき、新たなものを生み出すことを意味します。

しかし、この性質から「男女の性的な交わり」を連想させることもあります。

そのため、子供の名前として「巴」を選ぶ際には、このような意味合いを考慮する必要があります。

「とぐろを巻いた蛇」の由来とは?

「巴」が名前に適さない理由の次は、この漢字が「とぐろを巻いた蛇」の形を由来としていることです。

この漢字は、蛇が身を丸めている様子を表す象形文字です。

この形状から、うずまきや渦巻きを意味するようになりました。

日本文化では、蛇は時に邪悪や危険の象徴とされることがあります。

そのため、名前に「巴」を含めると、不吉な印象を与える可能性があるのです。

読みにくさが原因?

最後に、「巴」が名前に適さない理由として、読みにくさが挙げられます。

「巴」は一般的な日本の名前と比べて、読み方が複数存在し、読み取りにくいことがあります。

主な読み方は「トモエ」ですが、「ハ」や「トモ」といった読み方もあります。

名前に読みにくい漢字を使用すると、他人が正しく読むのが難しくなり、コミュニケーションに支障をきたすこともあります。

そのため、名前を選ぶ際には、読みやすさを重視することが推奨されます。

「巴」を名前に選ぶ際の魅力的な4つのポイント

【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?

「巴」という漢字を赤ちゃんの名前に選ぶことには、実は素敵なメリットがたくさんあるんです。

ここでは、その魅力を4つのポイントでご紹介します。

  • 女性らしさの象徴
  • 「巴御前」の勇敢なイメージ
  • 「調和」の深い意味
  • 「巴里」を思わせる洗練されたイメージ

これらのメリットを詳しく見ていきましょう。

女性らしさの魅力

「巴」は日常ではあまり見かけない漢字ですが、その独特な魅力があります。

特に「巴紋」は、日本独自の文化で育まれた模様で、古くから様々な場所で使われてきました。

この模様は、水の渦巻きを思わせるデザインで、火災除けや神聖な場所の装飾にも用いられています。

「和」や「清らかさ」を感じさせるこの模様を名前に取り入れることで、「日本の美しさを持つ子」「協調性を大切にする子」という願いを込めることができます。

また、「巴御前」のような歴史上の人物からは、「美しさ」と「才能」を兼ね備えた魅力的な人物になるような願いも込められますね。

「巴御前」の勇敢なイメージ

「巴」の名前には、「巴御前」という歴史上の勇敢な女性武者のイメージが込められています。

巴御前は、その美しさと共に武勇にも優れた伝説的な存在です。

この名前を子供に与えることで、強さや勇気、自信を育む助けになるかもしれません。

また、巴御前の物語は日本の文化や歴史に深く根ざしており、子供に伝統や歴史への興味を持たせる素晴らしいきっかけにもなります。

「調和」の深い意味

「巴」の漢字は、「調和」という深い意味を持っています。

「陰陽和合」を象徴するこの漢字は、異なる要素が調和して一つになる様子を示します。

この意味から、「巴」と名付けられた子供は、周囲との調和を大切にし、平和や美しさを象徴する人物になることが期待されます。

また、この漢字は日本の伝統的な美しさや文化とも関連しており、和の雰囲気を持つ名前としても魅力的です。

「巴里」の洗練されたイメージ

「巴」を名前に選ぶもう一つのメリットは、それが「巴里(パリ)」の洗練されたイメージを思わせることです。

パリはファッションや美の中心地として世界的に知られています。

このため、「巴」という名前は、パリのような洗練さやエレガンスを連想させ、子供に洗練された印象を与えることができます。

「巴」の現代の人気度は?

【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?

「巴」という漢字、今の時代にどれほどの人気があるのでしょうか?

この疑問に答えるために、次の2つのポイントからその人気度を探ってみました。

  • 赤ちゃんの名前ランキング
  • 「巴」を名前に持つ有名人

さて、その結果はどうだったのでしょうか?

赤ちゃんの名前ランキングでの「巴」

毎年、赤ちゃんの名前に関するランキングが発表されます。

そこで「巴」の順位を見てみると、残念ながら男女共にトップ100には入っていませんでした。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

これを見ると、現在の「巴」の人気度は少し控えめな印象を受けますね。

「巴」の漢字が名前に入っている有名人

「巴」の漢字を名前に持つ有名人を調べてみると、様々な分野で活躍する人々が見つかりました。

  • 岩崎巴人(いわさきはじん):日本画家
  • 里村紹巴(さとむらじょうは):歌人
  • 倉岡水巴(くらおかみずは):声優
  • 板垣巴瑠(いたがきばる):漫画家
  • 土屋巴瑞季(つちやはずき):ファッションモデル
  • 鳩野宗巴(はとのそうは):幕末藩士
  • 橋本一巴(はしもといっぱ):戦国武将
  • 纐纈琴巴(こうけつことは):アナウンサー
  • 今井巴菜(いまいはな):元女子プロ野球選手
  • 井澤愛巴(いざわあいは):気象予報士
  • 中尾巴美(なかおともみ):元女子バレーボール選手
  • 中村巴奈重(なかむらはなえ):作曲家
  • 上野巴恵(うえのともえ):女子柔道家
  • 山根巴(やまねともえ):文学研究者
  • 赤澤巴菜乃(あかざわはなの):俳優/タレント
  • 大和田小巴音(おおわだこはね):タレント
  • 本郷柚巴(ほんごうゆずは):アイドル
  • 北川陵巴(きたがわりょうは):アイドル

ご覧のように、多岐にわたる分野で「巴」の名を持つ人々が活躍しています。

これらの事例から、「巴」という名前が持つ独特の魅力が、さまざまな分野で光を放っていることがわかります。

「巴」の漢字を使った女の子の名前例

「巴」の漢字を使った女の子の名前

「巴」の漢字を使った女の子の名前をご紹介します。

伝統的な響きから魅力的、可愛い名前まで、幅広い選択肢がありますよ。

  • 巴(ともえ):伝統と新しさを兼ね備えた、品格ある名前。
  • 巴枝(ともえ):自然と調和し、穏やかな心を持つ名前。
  • 巴恵(ともえ):知恵と優しさを大切にする、温かい名前。
  • 巴琉(はる):春のように明るく、希望に満ちた名前。
  • 巴留(はる):安定と成長を象徴する、信頼感のある名前。
  • 巴瑚(ともこ):海のように広い心を持ち、穏やかな名前。
  • 巴子(ともこ):親しみやすく、人々を結ぶ名前。
  • 一巴(かずは):独立心が強く、目標に向かって進む名前。
  • 和巴(かずは):平和と調和を愛し、周囲を和ませる名前。
  • 巴美(ともみ):美しさと内面の豊かさを兼ね備えた名前。
  • 巴心(ともみ):心のこもった行動を大切にする名前。
  • 巴花(ともか):花のように華やかで、人を惹きつける名前。
  • 巴佳(ともか):良いことへの期待を込めた、明るい名前。
  • 琴巴(ことは):音楽のように心に響く、感性豊かな名前。
  • 寿巴(ことは):長寿と幸福を願う、祝福された名前。
  • 思巴(ことは):思慮深く、考える力を重んじる名前。
  • 鈴巴(すずは):澄んだ音のように純粋で清らかな名前。
  • 涼巴(すずは):涼やかで心地よい、穏やかな性格の名前。
  • 彩巴(いろは):多彩でカラフルな人生を送ることを願う名前。
  • 巴菜(はな):自然と共生し、生命力あふれる名前。
  • 巴奈(はな):積極的で、前向きな姿勢を持つ名前。
  • 巴南(はな):温かみと親しみやすさを持つ、陽気な名前。
  • 柚巴(ゆずは):爽やかで元気な、活力あふれる名前。
  • 音巴(おとは):音楽のように人の心を動かす、感動的な名前。
  • 乙巴(おとは):繊細で洗練された、上品な印象の名前。
  • 優巴(ゆうは):優しさと寛大さを持ち合わせた、温かい名前。
  • 悠巴(ゆうは):悠々自適に生きる、自由な精神の名前。
  • 七巴(ななは):幸運と喜びをもたらす、明るい未来の名前。
  • 那菜巴(ななは):自然との調和を大切にする、穏やかな名前。
  • 巴月(はづき):月のように静かで、深い内面を持つ名前。
  • 紅巴(くれは):情熱的で、生き生きとしたエネルギーの名前。
  • 心巴(ここは):心のこもった行動を大切にする、温かい名前。
  • 碧巴(あおは):青空のように広い視野を持つ、明るい名前。
  • 依千巴(いちは):一つ一つを大切にする、丁寧な生き方の名前。
  • 巴貴(ともき):貴重な存在であり続ける、尊い名前。
  • 巴瑠妃(はるひ):春の日のように温かく、優しい名前。
  • 愛巴(いとは):愛情深く、人々を大切にする名前。
  • 絃巴(いとは):絆を大切にし、人との関係を育む名前。
  • 友巴(ともは):友情を大切にし、周りを支える名前。
  • 梓巴(あずは):強くてしなやか、自立心を持つ名前。
  • 彩巴(あやは):色とりどりの才能を持ち、多才な名前。
  • 菜巴(なのは):自然と共に生き、健やかな成長を願う名前。
  • 巴瑠菜(はるな):春のように新しい始まりを象徴する名前。
  • 巴陽(ともひ):太陽のように明るく、元気な名前。
  • 康巴(やすは):健康と安定を願い、穏やかな生活の名前。
  • 巴南(ともな):南国のように暖かく、心地よい名前。
  • 小巴(このは):小さな葉のように、成長を願う名前。
  • 萌々巴(ももは):新しい芽吹きを象徴し、希望に満ちた名前。
  • 美巴(みつは):美しさと知性を兼ね備えた、魅力的な名前。
  • 雪巴(ゆきは):雪のように純粋で、清らかな心の名前。
  • 藍巴(あいは):藍色のように深く、落ち着いた名前。
  • 巴來(はく):未来への期待を込めた、希望に満ちた名前。
  • 悠乃巴(ゆのは):悠久の時を感じさせる、歴史ある名前。
  • 巴唯(ともい):唯一無二の存在であることを願う名前。
  • 巴琉(ともる):光る宝石のように、輝く未来を象徴する名前。
  • 巴奈子(はなこ):花のように愛らしく、人々を和ませる名前。
  • 巴菜恵(はなえ):恵み豊かな自然を象徴する、穏やかな名前。
  • 巴音(はおん):音楽のように心に響く、感性豊かな名前。
  • 巴緒(はお):繋がりを大切にし、人との絆を育む名前。
  • 巴莉(ともり):華やかで明るい、人生を楽しむ名前。
  • 巴澄(はすみ):澄んだ心を持ち、穏やかな性格の名前。
  • 麦巴(むぎは):自然と共に育ち、健康的な生活を願う名前。
  • 埜乃巴(ののは):野原のように広がる、自由な精神の名前。
  • 巴亜斗(はあと):大胆で冒険心あふれる、活動的な名前。
  • 海巴奈(みはな):海のように広い心を持ち、穏やかな名前。
  • 巴菜美(はなみ):美しい自然を愛し、穏やかな心の名前。

まとめ:名前に「巴」を使うと良くないと言われる理由、最終的にどうする?

【巴】名前に使うと良くない4つの理由!とぐろを巻いた蛇を連想する?

「巴」という漢字に関する懸念点は、以下の4つが挙げられました。

  • 歴史的な負のイメージ
  • 男女の交わりの意味
  • とぐろを巻いた蛇の由来
  • 読みにくさ

これらは完全に否定的なものではなく、人によっては気になるポイントかもしれません。

最終的な判断は、親御さんに委ねられます。

私の個人的な見解では、多くの人は「巴」に対して悪いイメージを持っていないため、赤ちゃんの名前に使っても問題ないと思います。

もし親御さんがこの名前を気に入っているなら、細かい問題点は気にせずに選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事