「聖」を名前に使うとよくない5つの意味|家族や友人の意見は?
スポンサーリンク

名前をつける際、「聖」という字を選ぶことについて、多くの方が疑問を持っています。

特に、この字が持つ意味や影響に関する不安があります。

そこでこの記事では、

  • 「聖」が名前に不適切とされる理由
  • 「聖」を名前に選ぶメリット

について詳しく解説します。

この記事を読めば、名付けに関する迷いが晴れ、決断に至るでしょう。

 

スポンサーリンク

「聖」という名前に関する5つの懸念

「聖」という名前に対する懸念は以下の5点です。

  • 最近の事件に関連する名前として見られがち
  • 皇族や高貴な称号と関連付けられる
  • キリスト教の聖人を連想させる
  • キリスト教徒と誤解されることがある
  • 「せい」以外の読み方が一般には理解しにくい

これらはいずれも気になるポイントです。

それぞれの点について詳しく見ていきましょう。

事件に関連する名前としてのイメージ

過去数十年を振り返ると、大きなニュースとなった事件には「聖」を名前に持つ人物がいくつかいます。

  • 一般人による事件
  • 芸能人による事件

これらの事件には、「聖」を名前に持つ人物が関与していたことがあります。

これらの事件は社会に大きな影響を与え、多くの人々の記憶に残っています。

その結果、「聖」という名前には否定的なイメージが付きまとい、

「聖」を名前にすると不吉だ!

という批判が生まれています。

【反論】単なる偶然

私の見解では、

「聖」を名前に持つ全ての人が問題を起こすわけではなく、偶然の一致に過ぎない。

ということです。ですから、過度に心配する必要はありません。

高貴な称号としての「聖」

漢字辞典で「聖」を調べると、次のような意味があります。

皇族。また、皇族に関連する用語。

「皇族」とは、神から命を受けて国を治める人のことを指します。

日本では天皇を指します。

このような高貴な漢字を一般人の子供に使用することに対し、

畏れ多く、不敬だ

と考える人もいます。

【反論】多様な意味合い

「聖」には他にも以下のような意味があります。

  • 賢い人
  • その分野の第一人者

例えば、囲碁や将棋のトッププレイヤーは「棋聖」と呼ばれ、音楽の優れた人物は「楽聖」と称されます。

「聖」という漢字は、国のリーダーだけでなく、様々な分野で優れた人物にも使用されます。

したがって、天皇と同列に扱うことに対する遠慮は不要です。

キリスト教の聖人称号としての「聖」

多くの日本人が知るキリスト教の宣教師、フランシスコ・ザビエルは「聖フランシスコ・ザビエル」と呼ばれています。

これはキリスト教において、聖人(聖者)の名前に先立って「聖」を置く慣習を反映しています。

例えば、「鈴木聖」という名前は、西洋式に名前を逆にすると「聖・鈴木」となり、まるで聖人のような印象を与えます。

この事実を知る人々、特にキリスト教徒からは、

名前に「聖」を使うのは不適切だ!

と見なされる可能性があります。

【反論】過剰な懸念

日本ではキリスト教の知識は一般的ではなく、「聖」が聖人の称号として使われることを知る人は少数です。

さらに、「聖」には「純粋で清らか」という意味もあります。

他人から名前の由来を尋ねられた際には、

清らかで純粋な心を持つ人になってほしいという願いを込めて選んだ

と説明するのが良いでしょう。

キリスト教徒との誤解

「聖」=「キリスト教」=「クリスチャン」という連想を持つ人もいます。

名前に「聖」が含まれているだけで、キリスト教徒だと誤解されることもあるかもしれません。

他の漢字と比較しても、「聖」は強い印象を与えることは間違いありません。個人的には、「聖」を見ると、

  • イエス・キリスト
  • 天からの輝く光
  • 天使たちのラッパ

などが思い浮かびます。

【反論】広く普及している漢字

現在、「聖」を名前に使用する有名人は多くいます。

芸能界、スポーツ界、政治界に至るまで様々です。

「聖」はもはや一般的な漢字であり、それを使っているからといってクリスチャンだと考える人はほとんどいません。

読みにくい「聖」の異読み

一般的に「聖」は「せい」と読まれます。

「聖子(せいこ)」なら誰もが読めますが、他にも多くの読み方が存在します。

例えば、

  • あきら(聖)
  • きよし(聖)
  • さとる(聖)
  • さとし(聖)
  • きよし(聖)
  • ひじり(聖)
  • あき(聖人/あきひと)
  • しょう(聖二/しょうじ・聖子/しょうこ)
  • きよ(聖治/きよはる・聖司/きよし・聖美/きよみ)
  • しょう(聖二/しょうじ・聖子/しょうこ)

フリガナがなければ読みにくい名前になりがちです。

読みにくいから「聖」は名前に適さない!

と感じる人もいるでしょう。

【反論】現代の名付けトレンド

最近では、複雑な漢字を使った難読名が珍しくありません。

10代のスポーツ選手が登場すると、その名前の読みにくさに驚くこともあります。

時にはキラキラネームと揶揄されることもありますが、現代ではこれが一般的です。

「聖」に関しても、特別に心配する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

「聖」の漢字の基本情報

「聖」という漢字は、名前に使われるとき特別な意味を持ちますが、その基本的な情報についてはあまり知られていません。

ここでは、「聖」という字の基本的な情報、例えばその読み方や画数などを紹介します。

これらの情報は、名前を考える際にとても役立ちます。

さらに、この字がどのようにして作られたのか、どんな歴史があるのかについても触れます。

これらの知識を身につけることで、名前に「聖」を使うときの意味がより深く理解できるようになります。

聖の字の読み方と画数

「聖」は一般的に「せい」と読まれ、名前に使われる場合は「ひじり」と読むこともあります。

この読み方により、異なる印象を与えることが可能です。

また、この漢字は13画で、名前を選ぶ際には画数が重要な要素となります。

画数が「幸運」や「健康」をもたらすと考えられることもありますが、実際には運命を直接決めるわけではありません。

加えて、「聖」は形が美しいとされ、書くときはバランス良く、力強さと優雅さを兼ね備えた形にすることが大切です。

書道の授業では、その美しい形を表現するために筆の持ち方や筆圧に注意が払われます。

「聖」はその読み方、画数、形の美しさによって、名前に深い意味と美しさを与えることができます。

スポンサーリンク

「聖」の由来と深い意味

「聖」という漢字は、ただの文字以上の意味を持っています。

ここでは、「聖」という字の由来と、その深い意味について探ります。

この字がどのようにして生まれ、時間を経てどのように変化してきたのかを紐解きます。

また、この字が持つ象徴的な意味や、それがどのように文化や歴史に影響を与えてきたのかについても詳しく説明します。

「聖」の歴史的背景

「聖」という漢字は、長い歴史を持ち、その背景には多くの文化的な意味が込められています。

この字は、古代中国で生まれ、そこから日本へと伝わりました。

中国では、この字は高い道徳や神聖なものを象徴する言葉として使われてきました。

特に、儒教や仏教などの宗教的な文脈で重要な役割を果たしています。

日本においても、「聖」は特別な意味を持つ漢字として受け入れられました。

日本の歴史の中で、この字は神聖さや尊敬を表す言葉として使われてきました。

例えば、歴史上の重要な人物や神社、寺院などにこの字が使われることがあります。

これは、その人や場所が持つ特別な価値や尊厳を示すためです。

また、「聖」という字は、日本の文化や伝統の中で、美しいものや尊いものを表現するために使われることがよくあります。

例えば、日本の伝統的な詩や物語の中で、「聖」の字を見ることができます。

これらの作品では、この字が持つ深い意味や美しさが、物語の中で重要な役割を果たしています。

このように、「聖」という漢字は、その歴史的背景や文化的な価値を通じて、日本の伝統や美意識に深く根ざしています。

この字を名前に使うことは、その人の名前に歴史的な意味や文化的な価値を加えることを意味し、その人の人生に豊かな物語をもたらすことができます。

「聖」という名前の肯定的な側面

「聖」という名前に対する否定的な見方がある一方で、多くの親が子供にこの名前を選んでいます。

その理由を以下に推測してみました。

  • 魅力的な響きを持つ
  • 最近の名前トレンドからは外れている
  • 成功した著名人が多い

魅力的な響きの「聖」

「聖」には否定的なイメージを持つ人もいますが、同時に

とても魅力的!

と感じる人も少なくありません。

特に「聖(ひじり)」という読み方は、女の子の名前として人気があります。

例えば、女優の小島聖さんのような美しい有名人の影響もあるかもしれません。

名前トレンドからの逸脱

2021年の子供の名前ランキングでは、「聖」を含む名前はトップ100に入っていません。

これは、「聖」が現在のトレンドから外れていることを意味します。

しかし、これは逆にチャンスかもしれません。

人気のある名前を選ぶと、幼稚園や小学校で他の子と名前が重なることがあります。

一方で、「聖」を選べば、その子の名前はユニークで目立つことでしょう。

成功した著名人の例

「聖」を名前に持つ著名人の中には、目立つようなネガティブな例もありますが、それを上回る成功した人物が多くいます。

以下に、職業別にいくつかの例を挙げてみましょう。

俳優

  • 萩原聖人 (はぎわらまさと)
  • 吉舎聖史 (きささとし)
  • 興津聖 (おきつさとし)
  • 近藤聖俊 (こんどうまさとし)
  • 江藤聖矢 (えとうせいや)
  • 桜井聖 (さくらいひじり)
  • 住友聖命 (すみともせいめい)
  • 小幡晃聖 (おばたこうせい)
  • 上野聖太 (うえのせいた)
  • 森聖二 (もりせいじ)

タレント

  • 安原聖晶 (やすはらきよあき)
  • 安藤聖 (あんどうきよし)
  • 伊原聖羅 (いはらせいら)

モデル

  • 橘聖奈 (たちばなせいな)
  • 宮島聖 (みやじまひじり)
  • サルバトーレ周聖 (さるばとーれしゅうせい)

女優

  • 安田聖愛 (やすだせいあ)
  • 関本聖 (せきもとひじり)
  • 舘山聖奈 (たてやませいな)

声優

  • 吉田聖子 (よしだせいこ)
  • 中尾隆聖 (なかおりゅうせい)
  • 田村聖子 (たむらせいこ)

野球選手

  • 木浪聖也 (きなみせいや)
  • 松原聖弥 (まつばらせいや)
  • 森中聖雄 (もりなかまさお)

サッカー選手

  • 金古聖司 (かねこせいじ)
  • 黒木聖仁 (くろぎまさと)
  • 篠原聖 (しのはらしょう)

ラグビー選手

  • 仲谷聖史 (なかたにさとし)
  • 古川聖人 (ふるかわまさと)
  • 上田聖 (うえださとし)

漫画家

  • 岸本聖史 (きしもとせいし)
  • 高野聖ーナ (こうやひじりーナ)
  • 樹崎聖 (きさきたかし)

小説家

  • 下永聖高 (しもながきよたか)
  • 舟橋聖一 (ふなはしせいいち)
  • 竹河聖 (たけかわせい)

「聖」のついた名前に家族や友人の意見は?

「聖」という字を名前に含むことについて、実際の人々はどう感じているのでしょうか?

ここでは、実際に「聖」を名前に持つ人々や、その家族、友人からの意見を集めています。

これらの生の声を通じて、「聖」という字が名前にもたらす実際の影響について深く理解することができます。

私の息子は聖○と名付けられています。
調べたときには悪いイメージはありませんでした。
単一の文字「聖」だけで判断するのは難しいかもしれませんが、姓を含めて全体を見るべきだと思います。
女の子は成長に伴って変わるので、名前が人生を完全に決定するわけではないと思います。

名前が人生を定めるわけではないと思います。
私は特に画数にこだわらずに名前を選びました。
名前で運命が決まるという考え方は理解しがたいです。
親が愛を込めて名付けることが何よりも大切です。
例えば、私の父は「聖」と名付けられましたが、
彼は家族関係も良好で、仕事も成功し、健康で、
私の知る人々の中で最も充実した人生を送っています。

同じ名前を持つ著名人もいるので、心配する必要はないかもしれませんね。

もし不安なら、その名前は避けるべきです。
私自身は、他人の見解をあまり気にせずに子供の名前を決めました。
例えば、私の弟は「聖○」という名前ですが、私はそれが適切だと考えています。息子は聖○と名付けられています。

名前の選択は大事ですが、ネットや書籍の情報には信頼できないものも多いので、
それらに深く囚われる必要はありません。
内容がいつも正しいとは限らないからです。
真剣に名前を考えるなら、専門家に相談するのが理想ですが、
信頼できる専門家を見つけるのは難しいでしょう。
たとえ名前に不吉な漢字が含まれていたとしても(聖や寿がそうだとは言いませんが)、
全員が同じ運命をたどるわけではないので、良い人も悪い人もいます。
愛情を込めて育てることで、子供は良い人生を送る可能性が高まります。
だから、好きな名前を選び、不確かな情報に惑わされずに、子供を大切に育ててください。

悪い名前だとは思わないですね。私には非常に素敵な名前に思えます。

これらの体験談からわかるのは、「聖」という字を名前に持つことは、その人の人生に大きな影響を与える可能性があるということです。

この字は、持ち主に特別な意味や価値を与える一方で、それに伴う責任や期待も生じることがあります。

それぞれの人がこの字をどのように受け止め、自分の人生にどのように組み込んでいくかは、その人の個性や環境によって異なります。

まとめ:「聖」を名前に使うとよくない|最終的にどうする?

「聖」という名前に対する懸念は主に以下の5点です。

  • 事件の加害者としてのイメージ
  • 高貴な称号としての使用
  • キリスト教の聖人との関連
  • キリスト教徒との誤解
  • 一般的でない読み方の難しさ

これらの点について検討しましたが、漢字「聖」には基本的にポジティブな意味があります。

したがって、名付けにおいて過度に心配する必要はないでしょう。

おすすめの記事