【最新】名前に「凌」を使うと良くない5つの理由!漢字の意味が関係する?
スポンサーリンク

「凌」という漢字、名前に使うのはどうなのでしょうか?

「凌辱」という言葉を思い浮かべる人もいるため、避けるべきだという意見も耳にします。

しかし、これはあくまで一例に過ぎません。

実は「しのぐ」「のりこえる」といった、前向きな意味合いも持っているんですよ。

だから、名前に使っても問題ないと言えるでしょう。

この漢字には、本来素敵な意味が込められています。

それでも、「凌」を名前にしたいけれど、マイナスのイメージに心配する方もいるかもしれませんね。

この記事では、そんな方々のために、

  • 「凌」の意味と由来
  • 「凌」を使うと良くない理由
  • 「凌」、子供の名前としての4つの魅力
  • 「凌」の現在の人気度
  • 「凌」を使った子供の名前例

などをご紹介します。

子どもの名前は、一生の伴侶。だからこそ、親御さんは選び方に慎重になるものです。

この記事が、名前選びの参考になれば幸いです。

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由!漢字の意味が関係する?

スポンサーリンク

「凌」の意味と由来って?

「凌」の意味と由来

「凌」という漢字は、元々「とがった氷の角」という意味から、「突き出る」「際立つ」といった意味で使われてきました。

そこから派生して、「困難を乗り越える」「優れる」といった意味も持つようになったんです。

名前に使う際は、この「困難を乗り越える」「優れる」というポジティブなイメージが好まれがちです。

また、「りょう」という読みが美しい響きであることも、人気の理由の一つですね。

スポンサーリンク

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由とは?

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由とは?

では、なぜ「凌」が名前に向かないと言われるのでしょうか?

主な理由は以下の5つです。

  • ショッキングな意味を持つ
  • 読み方がわからない人がいる
  • 漢字自体の認知度が低い
  • 読み方や意味の誤解が生じやすい
  • 派手な印象を与えることがある

これらの理由から、「凌」が名前に適さないとされることがあります。

それぞれの点について、詳しく見ていきましょう。

ショッキングな意味を持つ

「凌辱」という言葉があるため、「凌」にはネガティブなイメージがつきまといます。

子供の名前に使う漢字としては、このような意味合いを持つものは避けた方が無難かもしれませんね。

読めない人もいる

「凌」という名前は、漢字があまり一般的でないため、読み方がわかりにくいと感じる人もいます。

読み間違いも起こりがちで、名前の発音に悩むこともあるでしょう。

子供の名前は、読みやすく、覚えやすいものが理想です。

漢字自体の認知度が低い

「凌」という漢字は、一般的にあまり使われないため、認知度が低いのです。

名前に使うと、周囲から「どんな字?」と尋ねられることが多く、説明が必要になることもあります。

読み方や意味が間違えられやすい

「凌」という漢字は、読み方や意味が似た漢字と混同されやすいです。

馴染みの薄い漢字を名前に使うと、誤解されることや、意図しない印象を与えるリスクがあります。

派手すぎる印象を与えることがある

「凌」は、スタイリッシュで派手な印象を与えることがあります。

子供の名前には、あまりにも個性的すぎると目立ちすぎることも。

また、個性的な名前は、その人の性格やキャラクターに影響を与えることも考えられますね。

スポンサーリンク

「凌」、子供の名前としての4つの魅力

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由!漢字の意味が関係する?

「凌」という漢字を名前に使うことに対しては賛否両論ありますが、実は子供の名前として非常に魅力的な側面も持っています。

ここでは、その4つの理由をご紹介します。

  • 個性的な魅力
  • 男女どちらにも使える汎用性
  • 覚えやすく響きの良い音
  • 珍しさと特別感

これらの点を詳しく解説します。

個性的な魅力

「凌」という名前は、一般的な名前とは一線を画します。

この個性的な魅力は、子供が自分自身を発見し、自信を持つ上で大きな助けになるかもしれません。

また、珍しい名前は、人々の記憶に残りやすく、個性を際立たせる効果があります。

男女どちらにも使える汎用性

「凌」という漢字は、男女どちらの名前にも使えるのが大きな魅力です。

現代では、性別に囚われず名前を選ぶ傾向があり、「凌」はその流れにマッチしています。

男女どちらにも使えることで、性別に対する偏見や差別を避けることもできます。

覚えやすく響きの良い音

「凌」という名前は、その響きが覚えやすく、聞き取りやすいという特徴があります。

シンプルで洗練された音は、日本語に馴染みやすく、人々の耳に心地よく響きます。

このような名前は、日常生活で頻繁に使われるため、覚えやすさは非常に重要です。

珍しさと特別感

「凌」という漢字は一般的ではないため、名前としての珍しさがあります。

この珍しさは、子供に特別感を与えることができます。

学校や職場で「凌さん」と呼ばれると、他の人とはっきり区別がつきます。

また、珍しい名前は、その由来や意味について話す機会を増やし、コミュニケーションのきっかけにもなります。

ただし、あまりにも珍しい名前は、覚えにくいと感じる人もいるかもしれませんが、「凌」は聞き取りやすく発音しやすい点も魅力の一つです。

「凌」の現在の人気度はどうなの?

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由!漢字の意味が関係する?

「凌」という漢字が現代社会でどれほどの人気を博しているのか、以下の2つの視点から探ってみましょう。

  • 名前ランキングにおける「凌」
  • 「凌」を名に持つ有名人

これらを通じて、「凌」の現在の人気度を見ていきます。

名前ランキングにおける「凌」

毎年、大手機関が発表する赤ちゃんの命名ランキングに注目してみましょう。

調査結果、男の子の名前として「凌久」が37位、「凌空」が77位にランクイン。

一方、女の子の名前ではトップ100に「凌」を含む名前は見当たりませんでした。

これらのデータから、男の子の名前としてはある程度の人気があるものの、女の子の名前としてはまだ浸透していないことがわかります。

「凌」を名に持つ有名人

「凌」という漢字を名前に持つ有名人を見てみると、以下のような方々がいます。

  • 西方凌:女優
  • 成田凌:俳優
  • 石橋凌:俳優
  • 竹中凌平:俳優
  • 三山凌輝:俳優
  • 小園凌央:俳優
  • 松田凌:俳優
  • 西村凌:野球選手
  • 崔凌也:ラグビー選手
  • 白崎凌兵:サッカー選手
  • 加藤凌平:体操競技選手
  • 小山凌:アナウンサー
  • 司馬凌海:医学者、言語学者

これを見ると、男性の有名人には多くの「凌」が見られますが、女性では少ない傾向があります。

このことからも、男性名としての「凌」の使用が一般的であることが伺えます。

「凌」を含む男の子の名前例

「凌」を含む男の子の名前

「凌」を使った男の子の名前をご紹介します。

これらは、人気のある名前から珍しいものまで幅広く集めました。

名付けの際の参考にしてみてください。

  • 凌太(りょうた):力強さと大きな存在感を象徴する名前。
  • 凌汰(りょうた):広大な海を凌ぐような、大らかな心を持つ名前。
  • 凌輔(りょうすけ):支えとなる力と賢さを兼ね備えた名前。
  • 凌介(りょうすけ):積極的に介入し、強い意志を持つ名前。
  • 凌馬(りょうま):馬のような力強さと野心を持つ名前。
  • 凌真(りょうま):真実を凌ぐような、誠実な心を持つ名前。
  • 凌吾(りょうご):自己を大切にし、堂々とした態度を持つ名前。
  • 凌梧(りょうご):梧桐のように高く、堅固な名前。
  • 凌之(りょうじ):高潔で品格ある士のような名前。
  • 凌士(りょうじ):品格と高潔さを兼ね備えた名前。
  • 凌雅(りょうが):雅やかさと他を凌駕する名前。
  • 凌駕(りょうが):他を凌駕する力と才能を持つ名前。
  • 凌矢(りょうや):矢のようにまっすぐで目標に向かう名前。
  • 凌弥(りょうや):広がりを持ち、愛される名前。
  • 凌杜(りょうと):静かで聡明な杜のような名前。
  • 凌聡(りょうと):聡明さと高い理解力を持つ名前。
  • 凌空(りく):空を凌ぐような高い志を持つ名前。
  • 凌太郎(りょうたろう):健康で力強い太郎のような名前。
  • 凌央(りょう):中心となり、周囲を引き寄せる名前。
  • 凌平(りょうへい):平和を愛し、穏やかな名前。
  • 凌一(りょういち):一番を目指し、力強い名前。
  • 凌世(りょうせい):世界を凌ぐような広い視野の名前。
  • 凌來(りょうき):未来を凌ぐような希望に満ちた名前。
  • 凌久斗(りくと):長く続く戦いを意味する勇敢な名前。
  • 凌仁(りひと):仁愛を持ち、人々を惹きつける名前。
  • 凌大(りょうだい):大きな存在感と力強さを持つ名前。
  • 凌桜(りお):桜のように美しく華やかな名前。
  • 凌之輔(りょうのすけ):支える力と賢さを持つ名前。
  • 凌佑(りょうゆう):佑ける力と優しさを持つ名前。
  • 凌一朗(りょういちろう):明るく広い視野を持つ名前。
  • 凌人(りと):人々を凌ぐような卓越した名前。
  • 凌市(りょうし):賑やかで人々を惹きつける名前。
  • 凌三(りょうぞう):三つの力を持ちバランスの良い名前。
  • 凌栄(りょうえい):栄えある未来を目指す希望に満ちた名前。
  • 凌己(りき):自己を凌ぐような自己超越の名前。
  • 侑凌(ゆうり):侑ける力と凌ぐ力を持つ名前。
  • 央凌(おうり):中心となり周囲を凌ぐ名前。
  • 凌月(りつき):月を凌ぐような美しい輝きの名前。
  • 凌(しのぐ):困難を凌ぐ力と強さを持つ名前。
  • 凌士朗(りょうしろう):高潔で朗らかな名前。
  • 煌凌(こうりょう):煌びやかで凌ぐ力を持つ名前。
  • 凌久(りょうく):長く続く力と持続する強さの名前。
  • 凌采(しのと):采を凌ぐような個性的な名前。
  • 凌生(しのぶ):生き抜く力と静かな強さの名前。
  • 凌威(りょうい):威厳を持ち凌ぐ力を持つ名前。
  • 凌弦(りょうげん):弦のようにしなやかで力強い名前。
  • 凌瀬(りょうせ):瀬を凌ぐような迅速な行動力の名前。
  • 凌悠(りはる):悠々としていて凌ぐ力を持つ名前。
  • 史凌(しりょう):歴史を凌ぐような偉大な名前。
  • 凌咲(りょうさく):花のように咲き凌ぐ力を持つ名前。

「凌」を含む女の子の名前例

「凌」を含む女の子の名前

次に、「凌」を取り入れた女の子の名前をご紹介します。

これらは人気のある名前から珍しいものまで様々です。

名付けの際の参考にしてみてください。

  • 凌歌(りょうか):歌のように美しく、心に響く名前。
  • 凌花(りょうか):花のように華やかで、優美な名前。
  • 凌香(りょうか):香り高く、魅力的な名前。
  • 凌子(りょうこ):子供らしい純粋さと、凌ぐ力を持つ名前。
  • 凌湖(りょうこ):湖のように穏やかで、広い心を持つ名前。
  • 凌菜(りょうな):菜の花のように明るく元気な名前。
  • 凌央(りょう):中心となり、周囲を引き寄せる名前。
  • 凌羽(りょうは):羽のように軽やかで自由な心の名前。
  • 凌(しの):困難を凌ぐ力と強さを持つ名前。
  • 凌巴(しのは):円滑で柔軟な名前。
  • 凌歩(しのぶ):着実に進む歩みを表す名前。
  • 栞凌(しおり):大切にされる栞のような名前。
  • 凌愛(りあ):愛に満ちた、凌ぐ力を持つ名前。
  • 凌玖(りく):貴重で特別な名前。
  • 凌乃(りの):穏やかな麗しさを持つ名前。
  • 凌亜(りょうあ):特別で力強い名前。
  • 華凌(かりょう):華やかさと力強さを兼ね備えた名前。
  • 凌梨(しのり):梨のように甘く、力強い名前。
  • 千凌(ちしの):千の物語を持つ名前。
  • 愛凌(あいり):愛される存在で、力強い名前。
  • 凌奏(りんか):奏でるような美しさを持つ名前。
  • 和凌(かりん):和やかさと力強さを持つ名前。
  • 凌舞(しのぷ):軽やかに舞うような名前。
  • 文凌(ふじの):知的で力強い名前。
  • 凌夢(りむ):夢のような美しさを持つ名前。
  • 凌葵(りりあ):葵のように明るく力強い名前。

まとめ:名前に「凌」を使うことに最終的にどうする?

名前に「凌」を使うと良くない5つの理由!漢字の意味が関係する?

「凌」という名前について、良くないと感じる理由は様々です。

例えば、日本語の「凌ぐ」という単語には、「他人を圧倒する」という意味があります。

そのため、「凌」という名前を持つ人が自己中心的な印象を与える可能性があるという意見も……。

ただし、漢字自体が良くないというわけではありません。

個人の印象や人間関係は、名前よりも多くの要素で決まります。

また、「凌」という名前には、「荒波を凌ぐ」というように、逆境に立ち向かう強い意志や精神力を表す意味もあります。

名前は親が決めるものであり、その人の一生を左右する重要なもの。

そのため、「凌」という名前を付ける際には、よく考えて決めることが大切です。

個人の性格や環境によって、その名前が良いものになる場合も大いにあるはずですから。

おすすめの記事