【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?
スポンサーリンク

「涼」という名前、一見すると涼しげで心地よい響きがありますよね。

特に、暑い夏を快適に過ごしたいと願う日本の気候では、この「涼」の字が持つ爽やかなイメージは魅力的です。

女の子の名前「涼子」や男の子の名前「涼」としても人気があります。

でも、ちょっと待ってください。

実は「涼」には、名前として使うには少し考えものな面があるんです。

一部では、「涼」を名前に使うことに対して、あまり良くないという意見もあるんですよ。

今回は、そんな「涼」の名前に隠された理由を探ってみましょう。

また、「涼」を名付ける際のメリットや、現在の人気度、後半では、赤ちゃんの名前を男女別に説明付きで紹介。

この記事を読めば、名付けに関する迷いがすっきり晴れるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

「涼」の漢字に込められた意味と由来

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

赤ちゃんの名前によく使われる「涼」という漢字。

この字には、「すがすがしい」「涼しい」といった意味が込められています。

まさに爽やかなイメージそのものですね。

さらに、「涼」は「水」を表す「氵」と「高い場所の丘」を意味する「京」から成り立っています。

これは「高い丘は風通しが良く、水も冷たく感じる」という素敵な由来を持っているんですよ。

スポンサーリンク

「涼」の漢字の読み方と字画数

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という漢字は、字画数が11画と比較的少なめです。

読み方には「すず」「りょう」といったバリエーションがありますね。

「涼」一文字で名前にすることも、男女問わず人気があります。

例えば、「りょうま」「りょうすけ」は男の子に、「りょうこ」「すずか」は女の子によく使われる名前です。

名前を決める際には、苗字とのバランスや、組み合わせる漢字の意味とイメージも大切にして、心に響く「涼」の名前を選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

名前に「涼」の漢字を使うと良くない6つの理由

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という漢字を名前に選ぶ際、考慮すべき6つのポイントがあります。

これらは、私が独自に調査し、分析した結果ですが、多くの方にとって参考になるはずです。

それでは、それぞれのポイントを見ていきましょう。

  • 「さんずい」の漢字は縁起が悪いとされる
  • 「思いやりがない」という意味合い
  • 「物寂しい」という感覚
  • 「悲しみ」という意味の側面
  • 冬には寒々しい印象を与える
  • 季節感の限定性

これらの点を踏まえて、名前を選ぶ際の参考にしてみてください。

「さんずい」の漢字は縁起が悪いとされる

「さんずい」は水を象徴する漢字です。

古くから、水に関連する漢字は、水難事故や流れるものとしての運命を連想させるため、縁起が悪いとされてきました。

例えば、水泳やマリンスポーツでの事故などがこれに該当します。

このような信念は、古い時代の験担ぎから生まれたもので、今日でも一部でその影響が見られます。

水難事故のリスク

水難事故とは、海や河川、湖沼、プールなどで起こる事故のことを指します。

水の活動中に起こる怪我や、最悪の場合、命を落とすリスクが含まれます。

このような事故のリスクが、さんずいの漢字を避ける理由の一つとされています。

「流れる」ことへの連想

「さんずい」が「水」を意味し、「水」が「流れるもの」として捉えられるため、人生で起こりうるさまざまな出来事が「流れる」運命にあるとも言われています。

例えば、妊娠が流産に終わる、良縁が破談になる、昇進や勤務地の変更が流れるなど、人生の重要な局面での変化を象徴するとされています。

これもまた、昔の人々の験担ぎに基づく考え方の一つです。

「思いやりがない」という意味合い

「涼」という漢字には、「思いやりがない」という意味も含まれています。

これは、他人に興味がない、自己中心的な行動を取る、他人に厳しく自分に甘いといった特徴を持つ人物像を連想させます。

親としては、子供がこのような性格に育つことを望まないため、名前に含める際には注意が必要です。

「物寂しい」という感覚

「涼」には、「物寂しい」というニュアンスもあります。

これは、「なんとなく寂しい」という感覚を表します。

名前にこの漢字を含めると、孤独や寂しさを感じる人物になるのではないかと心配する声もあります。

「悲しみ」という意味の側面

意外なことに、「涼」には「悲しみ」という意味も含まれています。

夏が終わり涼しい秋が訪れると、人々はどこか悲しい気持ちになることがあります。

しかし、悲しみの後には喜びがあるという前向きな解釈も可能です。

冬には寒々しい印象を与える

夏には涼しさを感じさせる「涼」ですが、冬になると寒々しい印象を与えることがあります。

夏向きの漢字であるため、冬には季節感が合わないと感じられることがあります。

季節感の限定性

「涼」という漢字は、夏の季節を強く連想させますが、名前は一年中使われるものです。

そのため、夏以外の季節には季節感が合わないと感じられることがあります。

例えば、冬に「涼」という名前を聞くと、季節とのギャップが際立ち、季節感が限定的であると捉えられることがあります。

「涼」の名前に込められた2つの魅力

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という名前には、いくつかの懸念点がある一方で、魅力的な側面もあります。

特に、以下の2つのメリットは、名付けを考える際に心に留めておくと良いでしょう。

  • 爽やかでクールな印象を与える
  • 知的で落ち着いたイメージを持つ

これらの特徴は、「涼」という名前の持つ独特の魅力です。

爽やかさとクールな印象

「涼」という名前を聞くと、多くの人は自然と爽やかでクールな人物を思い浮かべます。

例えば、芸能界において「涼」を名前に持つ人々は、そのようなイメージを持たれがちです。

この名前は、人々の心に穏やかで清涼感のある印象を残す力を持っています。

知的なイメージの創造

「涼」という名前は、その涼しげな響きから、知的で落ち着いた人物のイメージを生み出します。

この名前を持つ人は、冷静で頭の良い印象を与えることが多いです。

このように、「涼」は名前としての魅力を持ち、人々の心にポジティブなイメージを植え付けることができます。

「涼」の名前の現在のトレンド

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という名前は現在、どの程度の人気を誇っているのでしょうか?

この疑問に答えるために、以下の2つの観点から分析してみましょう。

  • 赤ちゃんの命名ランキングでの位置
  • 有名人の間での「涼」の使用状況

これらのデータを通じて、「涼」の現在の人気度を探ります。

赤ちゃんの命名ランキングでの「涼」

毎年発表される赤ちゃんの名前ランキングにおいて、「涼」はどのような位置にいるのでしょうか?

最近のデータによると、男の子の名前としては「涼真」が92位にランクインしていますが、女の子の名前としてはランク外のようです。参考:明治安田生命 | 名前ランキング

これは、「涼」が男の子の名前としてはまだ一定の人気を保っていることを示しています。

「涼」を名前に持つ有名人

「涼」を名前に含む人々を見てみると、男性有名人と女性有名人の両方でその名を見ることができます。

例えば、俳優の篠原涼子や山田涼介、竹内涼真などがいます。

これらの有名人は、その名前が持つ爽やかさや知的なイメージを体現していると言えるでしょう。

それでは、「涼」を名前に持つ有名人をご紹介します。

  • 香取涼子:モデル
  • 竹内涼真:モデル
  • 日向涼子:モデル
  • 福田涼奈:モデル
  • 鈴木涼子:モデル
  • 蒼井涼香 :モデル
  • 山田涼介:歌手
  • 千葉涼平:歌手
  • 片寄涼太:歌手
  • 小原涼:歌手
  • 天野涼:歌手
  • 吉田涼哉:歌手
  • 青柳涼子:歌手
  • 横山涼:俳優
  • 賀久涼太:俳優
  • 皆川涼:俳優
  • 坂口涼太郎:俳優
  • 三浦涼介:俳優
  • 山本涼介:俳優
  • 市村涼風:俳優
  • 勝地涼:俳優
  • 小林涼:俳優
  • 朝霧涼:俳優
  • 藤本涼:俳優
  • 乃木涼介:俳優
  • 派矢涼平:俳優
  • 板橋涼太:俳優
  • 布袋涼大:俳優
  • 堀越涼:俳優
  • 竜星涼:俳優
  • 榿澤涼太:俳優
  • 齋藤涼祐:俳優
  • 田山涼成:俳優
  • 鈴木涼太:俳優
  • 笠原涼二:俳優
  • 宮舘涼太:俳優
  • 篠原涼子:女優
  • 金沢涼恵:女優
  • 広末涼子:女優
  • 城立涼香:女優
  • 水月涼子:女優
  • 田波涼子:女優
  • 土屋涼子:女優
  • 藤野涼子:女優
  • 米倉涼子:女優
  • 魏涼子:女優
  • 小林涼子:女優
  • 松井涼子:女優
  • 森下涼子:女優
  • 朝宮涼子:女優
  • 安住涼子:女優
  • しほの涼:タレント
  • 安松涼子:タレント
  • 亀岡涼子:タレント
  • 橋場涼香:タレント
  • 山谷涼香:タレント
  • 小川涼:タレント
  • 森田涼花:タレント
  • 神谷涼太:タレント
  • 星野涼子:タレント
  • 大島涼花:タレント
  • 長田涼子:タレント
  • 田中涼子:タレント
  • 田中涼星:タレント
  • 白井涼:タレント
  • 桧垣涼也:タレント

「涼」を含む男の子の名前の魅力的な例

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という漢字は、男の子の名前にも素敵な響きをもたらします。

ここでは、その清涼感と穏やかさを表現するいくつかの名前の例をご紹介します。

  • 涼(りょう):清涼感あふれる、穏やかな心の名前。
  • 涼介(りょうすけ):涼やかさと介護の心を持つ名前。
  • 涼晃(すずあき):涼やかで明るい未来を照らす名前。
  • 涼貴(すずき):涼しさと貴重さを兼ね備えた名前。
  • 涼史(すずし):涼やかな歴史を刻むような名前。
  • 涼成(すずしげ):涼やかさと成長を意味する名前。
  • 涼史(すずふみ):涼やかな物語を紡ぐような名前。
  • 涼矢(すずや):涼やかな矢のように直進する名前。
  • 涼玖(りく):涼やかさと九の強さを持つ名前。
  • 涼雅(りょうが):涼やかで雅な印象を与える名前。
  • 涼吉(りょうきち):涼やかさと吉祥を兼ね備えた名前。
  • 涼元(りょうげん):涼やかで元気な活力を持つ名前。
  • 涼吾(りょうご):涼やかさと自我を持つ名前。
  • 涼悟(りょうご):涼やかで悟りの深さを持つ名前。
  • 涼史(りょうじ):涼やかな歴史を築くような名前。
  • 涼慈(りょうじ):涼やかで慈愛に満ちた名前。
  • 涼仁(りょうじ):涼やかさと仁義を兼ね備えた名前。
  • 涼佑(りょうすけ):涼やかで助け合いの心を持つ名前。
  • 涼晴(りょうせい):涼やかで晴れやかな未来を示す名前。
  • 涼生(りょうせい):涼やかで生命力あふれる名前。
  • 涼聖(りょうせい):涼やかで聖なる光を放つ名前。
  • 涼誠(りょうせい):涼やかで誠実な心を持つ名前。
  • 涼造(りょうぞう):涼やかで造り出す力を持つ名前。
  • 涼平(りょうへい):涼やかで平和を愛する名前。
  • 涼真(りょうま):涼やかで真実を追求する名前。
  • 涼馬(りょうま):涼やかで馬のように力強い名前。
  • 一涼(いすず):一つの涼やかさを大切にする名前。
  • 伊涼(いすず):個性的で涼やかな魅力を持つ名前。
  • 羽涼(うりょう):羽のように軽やかで涼やかな名前。
  • 永涼(えいり):永遠に涼やかな心を持つ名前。
  • 桜涼(おうり):桜のように美しく涼やかな名前。
  • 快涼(かいり):快適で涼やかな心地よさを持つ名前。
  • 来涼(くるり):涼やかな風が訪れるような名前。
  • 圭涼(けいすけ):涼やかで圭のように尖った名前。
  • 光涼(こうりょう):光のように明るく涼やかな名前。
  • 詩涼(しりょう):詩のように美しく涼やかな名前。
  • 士涼(しりょう):士のように堂々と涼やかな名前。
  • 志涼(しりょう):志高く涼やかな心を持つ名前。
  • 史涼(しりょう):歴史に名を刻む涼やかな名前。
  • 晴涼(せいりょう):晴れやかで涼やかな心を持つ名前。
  • 想涼(そうすけ):想いを込めた涼やかな名前。
  • 蒼涼(そうすけ):蒼い空のように広く涼やかな名前。
  • 奏涼(そうすけ):奏でる音のように涼やかな名前。
  • 爽涼(そうすけ):爽やかで涼やかな心を持つ名前。
  • 宗涼(そうすけ):宗のように尊く涼やかな名前。
  • 大涼(だいすけ):大きな涼やかさを持つ名前。
  • 敦涼(だいすけ):敦厚で涼やかな心を持つ名前。
  • 時涼(ときすず):時を超える涼やかな魅力の名前。
  • 登涼(とりょう):登り詰める涼やかな力を持つ名前。
  • 和涼(わりょう):和やかで涼やかな心を持つ名前。

これらの名前は、涼やかさとともに、それぞれ独特の意味や魅力を持っています。

子供に名前をつける際には、これらの例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

「涼」を含む女の子の名前の魅力的な例

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という漢字は、女の子の名前にも清涼感と優雅さをもたらします。

以下は、その魅力を反映したいくつかの名前の例です。

  • 涼(すず):清涼感あふれ、穏やかな心を持つ名前。
  • 涼加(きよか):涼しさと加わる優しさを表す名前。
  • 涼美(きよみ):涼やかな美しさを象徴する名前。
  • 涼良(きよら):心地よい涼しさと良さを兼ね備えた名前。
  • 涼絵(すずえ):涼やかな風景を描くような名前。
  • 涼笑(すずえ):涼やかな笑顔が魅力的な名前。
  • 涼花(すずか):涼しげな花のように爽やかな名前。
  • 涼夏(すずか):涼やかな夏を思わせる爽快な名前。
  • 涼楓(すずか):涼風のように心地よい名前。
  • 涼華(すずか):涼やかで華やかな印象を与える名前。
  • 涼那(すずな):涼しさと優雅さを合わせ持つ名前。
  • 涼菜(すずな):涼やかな緑を思わせる爽やかな名前。
  • 涼奈(すずな):涼しさと愛らしさを兼ね備えた名前。
  • 涼音(すずね):涼やかな音色を響かせる名前。
  • 涼乃(すずの):涼やかな風を連れてくる名前。
  • 涼葉(すずは):涼しい風に揺れる葉のような名前。
  • 涼羽(すずは):軽やかで涼やかな羽のような名前。
  • 涼波(すずは):涼しげな波のように穏やかな名前。
  • 涼帆(すずほ):涼風を受けて進む帆のような名前。
  • 涼穂(すずほ):穂のように成長する涼やかな名前。
  • 涼蘭(すずらん):涼やかで上品な蘭のような名前。
  • 涼鈴(すずり):涼やかな鈴の音のような名前。
  • 涼香(りょうか):涼やかな香りを放つ上品な名前。
  • 涼子(りょうこ):涼しさと子供らしさを合わせた名前。
  • 涼奈(りょうな):涼やかで優しい印象を与える名前。
  • 涼菜(りょうな):涼しげな緑を思わせる清涼な名前。
  • 愛涼(あいり):愛らしさと涼やかさを兼ね備えた名前。
  • 藍涼(あいり):藍色のように深く涼やかな名前。
  • 哀涼(あいり):優しさと涼やかさを感じさせる名前。
  • 衣涼(いすず):涼やかな衣のように心地よい名前。
  • 伊涼(いすず):個性的で涼やかな魅力を持つ名前。
  • 木涼(こすず):木陰の涼しさを感じさせる名前。
  • 小涼(こすず):小さくても涼やかな存在感の名前。
  • 湖涼(こすず):湖のように穏やかで涼やかな名前。
  • 恋涼(こすず):恋する心を涼やかにする名前。
  • 智涼(ちすず):知恵と涼やかさを兼ね備えた名前。
  • 千涼(ちすず):千の涼しさを持つ爽やかな名前。
  • 知涼(ちすず):知的で涼やかな印象を与える名前。
  • 光涼(ひかり):光のように明るく涼やかな名前。
  • 真涼(ますず):真実のように純粋で涼やかな名前。
  • 麻涼(ますず):麻のように自然で涼やかな名前。
  • 未涼(みすず):未来に向かって涼やかに成長する名前。
  • 美涼(みすず):美しさと涼やかさを兼ね備えた名前。
  • 実涼(みすず):実り豊かな涼やかさを持つ名前。
  • 深涼(みすず):深みのある涼やかな魅力を持つ名前。
  • 弥涼(みすず):広がりを持つ涼やかな名前。
  • 三涼(みすず):三つの涼しさを持つユニークな名前。
  • 理涼(りすず):理知的で涼やかな印象を与える名前。
  • 李涼(りすず):李のように甘く涼やかな名前。
  • 莉涼(りすず):莉の花のように美しく涼やかな名前。

これらの名前は、それぞれに独特の魅力と意味を持ち、女の子にぴったりの涼やかさを表現しています。

名付けの際には、これらの例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:「涼」の名前について、最終的にどうする?

【涼】名前に使うと良くない6つの理由!流れる運命を連想する?

「涼」という漢字を名前に選ぶ際には、いくつかの注意点があります。

これらは、名付けを考える上で重要なポイントです。

  • 「さんずい」を含む漢字は縁起が悪いとされることがある。
  • 「思いやりがない」という意味が含まれる可能性がある。
  • 「物寂しい」という感覚を与えることがある。
  • 「悲しみ」という意味を持つこともある。
  • 冬には寒々しい印象を与えることがある。
  • 季節感が限定的になることがある。

これらの点を考慮すると、名前としての「涼」は複雑な側面を持っています。

しかし、名前には様々な意味が込められるもので、良い面だけを見れば、「涼」は名付けに適した漢字と言えるでしょう。

最終的には、その名前が持つ響きや意味が、お子さんにとって最適かどうかを考えることが大切です。

最後に私の見解は、「涼」を使った名前を選ぶことは問題ないと思います。

親御さんがこの名前を気に入っているのであれば、些細な問題点は気にせずに、この名前を選んでみてはどうでしょうか。

おすすめの記事