名前に「汐」を含む漢字はよくない3つの懸念点|命名の際の注意事項
スポンサーリンク

「汐」という漢字を名前に含めることについては、一部で否定的な意見が存在します。

特に、水を象徴する「さんずい」が含まれているため、古来より水難を連想させるとして敬遠される傾向にありました。

夕暮れ時の海を思わせる「汐」の美しさに魅了される人も多く、子供の名前として考慮する方は少なくありません。

しかし、この漢字を用いることには賛否が分かれるところです。

そこで、本記事では「汐」が名前に適さないとされる理由、名前に選ぶメリット、そして現代における「汐」の人気度について詳しく解説します。

この情報をもとに、「汐」を子供の名前に採用するかどうかの判断材料としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

名前に「汐」を使う際の3つの懸念点

「汐」が名前に適さないとされる理由は主に以下の三つです。

1.「水関連の漢字は不吉」という伝統的な見解があること。

水を連想させる漢字は、不幸や災難を引き寄せると考えられることがあります。

2.「汐」は正確な読み方がされにくいという問題があります。

これは、一般的な教育カリキュラムであまり教えられない「常用外漢字」であるため、読み間違えられることが多いのです。

3.歴史的に「汐」は特定の階級を示す名称として使われていたことも、その使用を躊躇させる一因となっています。

特に、江戸時代の遊女の階級名としての使用が知られていますが、この事実は現代ではあまり知られていません。

水関連漢字の不吉なイメージ

「汐」が名前として好まれない一つの理由は、水に関連する漢字が持つ不吉なイメージにあります。

現代社会ではこのような考え方は徐々に薄れつつありますが、水を思わせる漢字は依然として「流れ去る」「水難に遭う」といった否定的な印象を与えることがあります。

これは、花や植物、季節を象徴する漢字が「散る」「枯れる」「変わる」といった変化を連想させることと似ています。

さらに、渓、雲、流、水、霞などの漢字は、かつて芸術家たちの雅号に好んで使用されていました。

このため、労働を重視する文化の中で、特に長男の名前としては適さないと見なされることもありました。

ただし、これらの見解は個人の感覚や好みに基づくもので、社会的な事実や縁起とは直接関連していません。

名付けにおいては、親の好みが最も重要です。水関連の漢字が好ましくないと感じる場合、金属や石を連想させる漢字を選ぶのも良い選択です。

例えば、「岩男」や「鉄之助」のような名前が昔からありました。

しかし、個人の好みを一般的な事実として語る人もいるため、そうした意見に惑わされないことが大切です。

例えば、泰、益、永などの漢字には水の要素が含まれている一方で、霞には水の関連がないなど、名付けにおける専門知識を持つことが重要です。

「さんずい」や「雨かんむり」だけで判断するのは適切ではありません。

読み方の誤解と誤読のリスク

「汐」が名前に適さないとされるもう一つの理由は、読み方に関する誤解と誤読のリスクです。

「汐」は一般的な教育カリキュラムではあまり教えられず、メディアでも目にする機会が少ない「常用外漢字」に分類されるため、正しい読み方を知る人は少ないのです。

その結果、「汐」を含む名前は誤って読まれることが多く、場合によっては読み方がわからないという状況にもなります。

例えば、「汐夏(せな)」、「汐乃(きよの)」、「汐那(きよな)」、「汐楠(せな)」、「汐惟(せい)」、「汐波(きよは)」など、これらの名前の正しい読み方を知る人は少ないでしょう。

子供が成長するにつれて、「お名前はどう読むのですか?」と尋ねられる機会が増えることを考えると、より一般的で読みやすい漢字を選ぶことが望ましいかもしれません。

歴史的背景:遊女の階級名としての「汐」

「汐」が名前として適さないとされるもう一つの理由は、その歴史的背景にあります。

具体的には、江戸時代に「汐」が遊女の階級名として使用されていたことが挙げられます。

辞書で「汐」を検索すると、江戸時代の大阪での遊女の階級名としての記載が見つかります。

これは、「揚げ代が3匁の遊女」として特定の階級を示していたものです。

しかし、この事実は遠い過去のものであり、現代ではほとんど知られていないため、この歴史的な背景を深く懸念する必要はありません。

スポンサーリンク

「汐」の名前が持つポジティブな側面

一方で、「汐」には否定的な見方とは裏腹に、肯定的な意味合いも含まれています。

「汐」という名前を子供に付けることで、以下のような素晴らしい特性が育まれる可能性があります。

  • 魅力的な性格の形成
  • タイミングを見極める能力の発達

愛嬌のある性格への影響

「汐」には「愛嬌」という意味も含まれており、これは人々を引き付ける魅力的な表情や仕草を指します。

「男は度胸、女は愛嬌」という言葉が示すように、愛嬌は人間関係において重要な要素です。

女の子の名前に「汐」を用いることで、周囲から好かれる性格が育つ可能性があります。

「汐時」を見極める力

「汐時」とは、最適なタイミングやチャンスのことを指します。

「汐」という名前は、人生の重要な局面でチャンスを逃さず、幸運を掴む力を象徴することができます。

このように、「汐」には子供の将来に対してポジティブな願いを込めることが可能です。

スポンサーリンク

「汐」漢字の深い意味とは?

「汐」という漢字は、読み方として「しお」や「せき」とされ、その意味は「潮」と同じです。

この漢字には、以下のような美しい意味が込められています。

  • 控えめで従順、慎み深く、いじらしいこと。
  • かわいらしさや可憐さ。
  • けなげさや殊勝な様子。
  • 上品で優美な雰囲気。

これらの意味は、日本の伝統的な美徳である「大和撫子」のイメージを喚起します。

その起源は封建時代にまでさかのぼります。

当時、塩は非常に貴重で、百姓の女性たちはしばしば、出陣する武士から塩を求めていました。

「汐」の漢字の起源

「汐」という漢字は、「氵(さんずい)」と「夕」が組み合わさってできています。

「夕」は夕方の月を象徴し、「夕べ」や「日暮れ」を意味します。

これに「水」を表す「氵」を加えることで、「夕べの海の満ち引き」を表現しています。

対照的な意味を持つのが、「朝」の海の満ち引きを意味する「潮」です。

日常生活では、これらの漢字はどちらも「海の満ち引き」を表すものとして、特に区別されることなく使用されています。

女の子の名前に「汐」は適切か?

例えば、ジブリ映画「耳をすませば」に登場するヒロイン、月島雫の姉の名前が「月島汐(つきしま しお)」とされています。

女の子の名前に「汐」を使用することに関しては、縁起が悪いとされる意見も存在します。

これは、「さんずい」の漢字が「水→流れる」という連想を引き起こし、不吉とされることが理由です。

しかし、名前の意味に関する見解は多様であり、一概には言えません。

たとえば、作家の柴田錬三郎は『姓名について』の中で、姓名判断は根拠のないものだと指摘しています。

彼は、中国で帝王や貴族が後継者に凶名を付けた事例を挙げ、名前が運命を左右するという考えに疑問を投げかけています。

現代における「汐」の人気と認知度

「汐」という漢字の現代における人気度を探るため、赤ちゃんの命名トレンドと名前に「汐」を含む著名人の二つの視点から分析を行いました。

赤ちゃんの名付けトレンドとしての「汐」

最新の赤ちゃん命名ランキングを参考に、「汐」を含む名前の人気度を調査しました。

このランキングは、昨年生まれた赤ちゃんに付けられた名前の中で最も人気のあるものを上位100位まで集計しています。

その結果、女の子も男の子も含め、「汐」を含む名前は100位以内にランクインしていませんでした。
■参考:参考:明治安田生命 | 名前ランキング2023

これは、「汐」が広く一般的な人気を得ているわけではないことを示しています。

しかし、他の子供と名前が重複する可能性が低いため、ユニークな名前を求める親にとっては魅力的な選択肢になる可能性があります。

「汐」を名前に持つ著名人

「汐」を名前に含む著名人のリストを作成し、この漢字の社会的認知度を探りました。以下は、特に知名度が高い人物たちです。

女性著名人

  • 宮木汐音(女優)
  • 忽那汐里(女優)
  • 秋田汐梨(モデル)
  • 大森汐莉(モデル)
  • 小木曽汐莉(女優)
  • 武野汐那(女優)
  • 澤田汐音(モデル)
  • 池澤汐音(女優)
  • 颯美汐紗(タカラジェンヌ)
  • 河島汐里(モデル)
  • 大窪汐里(女優)
  • 石塚汐花(女優)
  • 仲俣汐里(女優)
  • 松原汐織(モデル)
  • 山﨑汐莉(女優)
  • 宮崎真汐(女優)
  • 熊谷汐華(サッカー選手)
  • 西田汐里(アイドル)
  • 水沢汐里(女優)

男性著名人

  • 鶴房汐恩(アイドル)
  • 遠藤汐(ゲームライター)

このリストからは、「汐」を名前に持つ著名人が様々な分野で活躍していることが分かります。

これは、「汐」という漢字が特定の分野や性別に限らず、幅広い層に受け入れられていることを示しています。

「汐」を使った女の子の名前例

「汐」という漢字を使用した女の子の名前の例を紹介します。これらは、様々な読み方や組み合わせで「汐」の魅力を引き出しています。

  • 汐夏(しおか):夏の海のように明るく活発な性格。
  • 汐香(ゆうか):潮風の香りのように爽やかで魅力的。
  • 羽汐(うしお):羽のように軽やかで、潮のように穏やか。
  • 汐梨(しおり):知的で落ち着いた、信頼感のある人物。
  • 汐瑛(さえ):明るく知的、前向きな印象を与える。
  • 汐珠(しじゅ):潮の輝きのように繊細で美しい。
  • 汐莉(ゆうり):爽やかで優しい、人々を惹きつける。
  • 汐李(しおり):穏やかで優しい、家族思いの人。
  • 美汐(みしお):美しく、潮のように自然体でいる。
  • 汐緒音(しおね):音楽のように心地よく、穏やかな存在。
  • 七汐(ななせ):七つの海のように広い心を持つ。
  • 汐寮(しおり):潮の流れのように穏やかで、頼りがいがある。
  • 汐音(しおん):潮騒のように穏やかで、心地よい響き。
  • 汐那(せな):潮風を感じさせる、自由で爽やかな性格。
  • 汐美(しおみ):潮の美しさを象徴するような、上品な魅力。
  • 汐凛(しおり):潮の冷たさのように凛とした強さを持つ。
  • 汐華(きよか):潮の花のように繊細で美しい。
  • 千汐(ちなぎ):千の海を思わせる、深い感受性を持つ。
  • 汐理(しおり):潮の流れのように理知的で、冷静な判断力。
  • 汐里(ゆいり):潮の里のように温かく、家庭的な雰囲気。
  • 汐菜(しおな):潮風に育まれた野菜のように、健康的で元気。
  • 汐璃(しょり):潮の輝きのように透明感があり、純粋。
  • 海汐(みゆ):海の広さと潮の力強さを兼ね備えた人。
  • 汐杏(しおり):潮の香りと杏の甘さを合わせ持つ、優しい人。
  • 汐加(しほか):潮のように穏やかで、加えて温かい心を持つ。
  • 海汐(みしお):海の広がりと潮の穏やかさを持つ、落ち着いた人。
  • 汐南(しおな):南国の海のように明るく、暖かい心の持ち主。
  • 汐香(しおか):潮風の香りのように心地よく、魅力的な存在。
  • 汐菜(せな):新鮮な野菜のように健康的で、生命力に満ちた人。
  • 汐璃(しおり):潮の輝きのようにクリアで、純粋な心を持つ。
  • 汐花(しおか):潮風に揺れる花のように、繊細で美しい。
  • 汐菜(ゆうな):潮風に育まれた野菜のように、新鮮で元気な人。
  • 汐羅(せら):潮の流れるように柔軟で、洗練された雰囲気。
  • 汐織(しおり):潮の流れを織りなすように、計算高く賢い。
  • 汐音(しおね):潮騒のように穏やかで、心地よい存在。
  • 汐陽(しおひ):潮風と太陽のように、明るく元気な性格。
  • 汐帆海(しほみ):帆を広げる船のように、冒険心あふれる人。
  • 汐野子(さやこ):潮風に吹かれる野原のように、自然体で穏やか。
  • 汐莉(しおり):潮の流れるように穏やかで、知的な印象。
  • 汐桜(しおん):潮風に揺れる桜のように、優雅で美しい。
  • 汐莉(しおり):潮の流れる穏やかさと、理知的な魅力を持つ。
  • 汐貴(ゆうき):潮の力強さと、貴族的な優雅さを兼ね備える。
  • 汐花(きよか):潮風に咲く花のように、清楚で上品な美しさ。
  • 汐里(しおり):潮の里のように温かく、親しみやすい雰囲気。
  • 千汐(ちしお):千の海の広がりを持ち、深い感受性を表す。
  • 汐栞(しおり):潮の流れをしっかりと捉える、賢明な人物。
  • 汐華(きよか):潮風に舞う花のように、繊細で魅力的。
  • 汐良(しおら):潮のように穏やかで、良い心を持つ人。
  • 汐李菜(せりな):潮風に育つ李のように、健康的で鮮やか。
  • 汐厘(しおり):潮の微細な動きを捉える、繊細で注意深い人。
  • 璃汐(りせ):璃のように透明感があり、潮のように自然体。
  • 汐海(しおみ):潮の広がりと海の深さを持つ、落ち着いた人物。
  • 汐七(しおな):七つの海のように多様性を持ち、開放的。

「汐」を使った男の子の名前例

「汐」という漢字を使用した男の子の名前の例を紹介します。これらは、様々な読み方や組み合わせで「汐」の魅力を引き出しています。

  • 汐人(しおと):潮のように穏やかで、人々を惹きつける魅力。
  • 汐夢(しおん):潮騒のような夢のような、神秘的な存在。
  • 汐恩(しおん):潮の恵みのように、周囲に優しさを与える。
  • 汐(しおん):潮の流れのように自然で、穏やかな性格。
  • 汐彦(せきひこ):潮の力強さと、武士のような勇敢さ。
  • 汐士(きよし):潮の清らかさと、紳士的な品格を持つ。
  • 汐那(せな):潮風のように爽やかで、自由な精神。
  • 汐(うしお):潮の流れのように力強く、穏やかな心。
  • 汐生(しお):潮の生命力を感じさせる、活力ある人物。
  • 汐規(きよちか):潮の規則正しさと、堅実な性格。
  • 拓汐(たくしお):海を拓くように、冒険心あふれる人。
  • 汐寧(しおね):潮の静けさと、穏やかな心の持ち主。
  • 汐音(しおん):潮騒のように心地よく、穏やかな響き。
  • 汐登(きよと):潮の登り潮のように、向上心が強い。
  • 汐哉(しおや):潮の広がりのように、大らかな心を持つ。
  • 歩汐雅(ふうが):歩む潮のように、雅やかで洗練された。
  • 汐穏(しおん):潮の穏やかさと、心の平和を象徴する。
  • 真汐(ましお):真の潮のように、純粋で誠実な人物。
  • 一汐(かずしお):一つの潮のように、ユニークで特別な存在。
  • 良汐朗(りょうたろう):良い潮のように、明るく朗らかな性格。

まとめ:名前に「汐」を含む漢字はよくない3つの懸念点に最終的にどうする

「汐」という漢字を名前に用いる際の懸念点は、主に以下の三つに集約されます。

1.「さんずい」を含む漢字が不吉とされる伝統:日本の伝統的な文化では、水関連の漢字が不吉とされることがあります。この考え方は現代でも一部に根強く残っていますが、名付けにおいてこれをどの程度重視するかは親の判断によります。

2.読み間違いや認識の誤解が生じやすい:「汐」は一般的にあまり使われない「常用外漢字」であるため、正しい読み方を知る人が少なく、誤読される可能性があります。このリスクは、他の漢字との組み合わせや漢字の一般的な認知度によって変わります。

3・歴史的に遊女の階級名として使用されていたこと:「汐」が江戸時代に遊女の階級名として使用されていたという歴史的背景もありますが、この事実は現代ではほとんど知られておらず、名付けにおいて特に重要視する必要はありません。

これらの点を踏まえた上で、最終的に「汐」という漢字を名前に用いるかどうかは、親が子供の将来を考えて決定することになります。

おすすめの記事