【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?
スポンサーリンク

日本を代表する美しい花である「桜」は、その和風の魅力で多くの人々を引きつけます。

特に女の子の名前として人気がありますが、一部の人は、桜の花がすぐに散る性質が「短い命」を思わせ、伝統的に不吉な象徴とされてきたと言っています。

そこから、「『桜』は名前には良くない漢字」とされていることに驚く人もいます。

この記事では以下の点について解説します。

  • 名前に「桜」を使うと良くない3つの理由
  • 「桜」が名前に適している理由
  • 現代における「桜」の人気度

この情報を通じて、「桜」という名前に関する疑問や懸念を解消しましょう。

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

スポンサーリンク

名前に「桜」を使うと良くない3つの理由とは?

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

名前に「桜」は良くないとして選ばない理由は主に以下の3点です。

  • 一時的な美しさが不吉な意味を持つ
  • 『桜の樹の下には』という小説の影響
  • 偽の客、「サクラ」を連想させる

一時的な美しさが不吉な意味を持つ

名前に「桜」を使うと良くない一つ目の理由は、その一時的な美しさが不吉な意味を持つためです。

桜の花は開花後約2週間で散ります。

この儚さが日本人の心を惹きつける一方で、名前としては「短命」を連想させ、否定的な見方をされがちです。

武士時代は、日々の生活が戦いに彩られていました。

この時期、桜の花の短い生命に対する忌避感から、子供の名づけに「桜」という漢字を避ける習慣が存在しました。

また、家紋に桜を取り入れることも珍しかったと言われています。

このような考え方は、現代にも一部で見受けられ、特に年配者の間では「桜」を名前に採用することに反対する声があります。

一方、江戸時代以降(詳細は諸説ありますが)、桜は日本人にとって親しまれる存在となり、春の訪れと共に人々の心を和ませてきました。

しかしながら、桜の花が開花後すぐに散る性質は「短命」という印象を与えています。

戦国時代には、この特性が不吉なものと見なされていたとの記録もあります。

現代では桜の花が短期間で散るという印象は薄れていますが、当時の環境や土壌が影響していた可能性も考えられます。

梶井基次郎の『桜の樹の下には』が与えた影響

名前に「桜」を使うと良くない二つ目の理由は、梶井基次郎の短編小説『桜の樹の下には』に由来します。

梶井基次郎の短編作品『桜の樹の下には』は、その独特なスタイルと詩的な散文形式で知られています。

この作品には「桜の樹の下には死体が埋まっている」という有名な一節が含まれており、多くの読者に知られています。

この小説では、桜の美しさが地下に埋まった死体からの栄養を吸収しているという主人公の想像が描かれており、その奇妙で印象的な物語は読者の記憶に深く刻まれています。

また、この小説では、桜が美しい花を咲かせる理由として、馬や犬猫、人間の遺体が桜の木の下に埋まっているという考えが示されています。

このような描写は、一部の人々に桜に対して不吉なイメージを持たせることにも繋がりました。

実際に、動物の死骸が埋まっている場所では栄養豊かな植物が育つことがありますが、これは桜に限らず、多くの植物に共通する現象です。

この小説が示すように、桜は古くから日本人にとって偉大な存在であり、その美しさと神秘性が人々の心を捉えてきたのです。

桜の花に対する哀愁と不気味さ

桜はその美しさで知られていますが、同時に哀愁や不気味さを感じさせることもあります。

『桜の樹の下には』を読んだ人々は、桜の花がただ美しいだけでなく、恐ろしい側面も持つと感じることがあります。

このようなイメージがあるため、名前として「桜」を選ぶことに躊躇する人もいるのです。

「サクラ」という言葉の負の連想

名前に「桜」を使うと良くない三つ目の理由は、「サクラ」という言葉の負の連想にあります。

不人気な店が賑わって見せかけるために雇われる人々を「サクラ」と呼びます。これは一種の見せかけの行為です。

江戸時代の歌舞伎では、観客を盛り上げるために特定の人々が掛け声をかける役割を担っていました。

これらの人々は、無料で歌舞伎を見る代わりに、演出の一環として盛り上げる役割を果たしていました。

彼らが「サクラ」と呼ばれるようになったのは、以下の理由によります。

  • 桜の花見は無料で楽しめることから、無料で歌舞伎を見ることになぞらえられた。
  • 桜の花が一時的に咲いてすぐ散ることから、その場限りの盛り上がりを象徴する。

このような背景から、現代でも「サクラ」という言葉はあまり良いイメージを持たれていません。

このような意味合いを持つ言葉を子供の名前にすることに対して、一部の人々は疑問を感じるのです。

スポンサーリンク

名前としての「桜」の魅力と適合性

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

一部で「桜」の漢字に否定的な意見もありますが、以下のような理由から、実は名前にふさわしいとも言えます。

  • 広く愛される象徴的な花
  • 毎年確実に花を咲かせる生命力
  • 長い樹齢を通じた長寿の象徴

全国民に愛される象徴的な花

春になると、日本中の人々が桜の花を楽しみにしています。

桜は日本人にとって特別な存在であり、広く愛されています。

名前に「桜」を用いることで、そのようなポジティブなイメージを人々に与えることができるでしょう。

毎年確実に花を咲かせる生命力

確かに桜の花は短命ですが、毎年確実に美しい花を咲かせる力があります。

これは、逆境に負けずに立ち上がる強さの象徴とも言えます。

桜の花は一時的ですが、その根は強く、毎年花を咲かせる生命力を持っています。

長い樹齢と長寿の象徴

都市部に植えられるソメイヨシノの寿命は比較的短いですが、山桜のように長寿の種類もあります。

中には数百年を超える古木も存在します。

桜の花は一時的ですが、樹自体は長寿であり、名前に「桜」を用いることで長寿を願う意味合いも込められます。

スポンサーリンク

現代における「桜」の名前の流行度

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

現在、「桜」という漢字は人名としてどの程度の人気を博しているのでしょうか。

以下の二つの観点からその人気度を探ります。

  • 最新の赤ちゃん命名ランキング
  • 赤ちゃんに「桜」を使った名前30選
  • 「桜」を名に持つ著名人

最新の赤ちゃん命名ランキングにおける「桜」

毎年、新生児の名前のトレンドは大手機関によって発表されます。

最近のランキングで「桜」を含む名前はどのような位置にいるのでしょうか。

女の子の名前では以下のようなランキングがありました。

17位:美桜
59位:実桜
59位:心桜
91位:未桜

参考:明治安田生命 | 名前ランキング

一方、男の子の名前では「桜」を含む名前はランキングに入っていませんでした。

赤ちゃんに「桜」を使った名前30選

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

  • 桜音(おと・おとね):桜のように美しく、音楽的な響き
  • 桜羽(おとは・さわ):桜の花びらのように軽やかで優雅
  • 桜菜(さな):桜のように華やかで、菜の花のように清新
  • 桜愛(さくら・さら):桜のように愛らしく、愛情深い
  • 桜叶(おと・おうか):桜の葉のように穏やかで、成長を象徴
  • 桜子(さくらこ):桜のように美しく、子供らしい純真さ
  • 桜空(さら・さくら):桜の下の空のように広がりと可能性
  • 桜彩(さあや・さや):桜の彩りのように鮮やかで美しい
  • 桜華(おうか):桜の花のように華やかで魅力的
  • 桜和(さわ):桜のように穏やかで和やか
  • 桜來(さくら):桜のように訪れる幸福と希望
  • 桜都(おと):桜の都のように美しく洗練された
  • 桜良(さくら):桜のように良い意味を持つ
  • 桜(さくら):桜そのものの美しさと儚さ
  • 桜那(さな):桜のように美しく、那のように個性的
  • 蒼桜(あお・そら):蒼い空と桜の組み合わせ、自由と美しさ
  • 羽桜(はお):羽のように軽やかで、桜のように美しい
  • 莉桜(りお):莉の花のように繊細で、桜のように美しい
  • 理桜(りお):理にかなった美しさ、桜のように清楚
  • 里桜(りお):里の暖かさと桜の美しさ
  • 凛桜(りお):凛とした美しさと桜の優雅さ
  • 凛桜(りお・りおん):凛とした桜のような強さと美しさ
  • 璃桜(りお・りおん):璃のように透明感のある桜の美しさ
  • 梨桜(りお):梨のように甘く、桜のように美しい
  • 美桜(みお・みおう):美しい桜のような魅力
  • 美桜莉(みおり):美しい桜の花と莉の花の組み合わせ
  • 実桜(みお):実り多い桜のような豊かさ
  • 未桜(みお・みおう):未来への希望を持つ桜のような美しさ
  • 心桜(みお・こはる):心の中に咲く桜のような温かさ
  • 奈桜(なお):奈のように自然な美しさと桜の華やかさ
  • 菜桜(なお):菜の花のように清新で、桜のように美しい
  • 愛桜(あいら・まお):愛される桜のような美しさ
  • 彩桜(さら・さくら):彩り豊かな桜のような魅力
  • 茉桜(まお):茉莉花のように香り高く、桜のように美しい
  • 真桜(まお):真実の美しさを持つ桜
  • 舞桜(まお):舞う桜の花びらのように軽やかで美しい
  • 千桜(ちお・ちさ):千の桜のように豊かで華やか
  • 凪桜(なぎさ):凪のように穏やかで、桜のように美しい
  • 碧桜(あお・みお):碧い空と桜の美しい組み合わせ
  • 結桜(ゆら):結ばれた桜のように強い絆と美しさ

「桜」を名に持つ著名人たち

「桜」の漢字を名前に含む著名人をいくつか挙げてみましょう。

  • 末永桜花:アイドル
  • 宇田川桜夢:アイドル
  • 今田美桜:女優
  • 野田美桜:女優
  • 工藤美桜:女優
  • 安藤咲桜:タレント
  • 丹下桜:声優
  • 松井菜桜子:声優
  • 今井美桜:アナウンサー

これらの名前から、「桜」を「お」と読むパターンが特に人気であることがわかります。

また、「さくら」という響きを異なる漢字で表現する例も増えているようです。

まとめ:「桜」を名前に良くない、最終的にどうする?

【桜】名前に使うと良くない3つ理由!短い命を連想する?

「桜」という名前が良くないとされるのは、以下の三つの理由です。

  • 短命な花であることから不吉とされる。
  • 梶井基次郎の『桜の樹の下には』による影響。
  • 偽の客を意味する「サクラ」との関連。

一方で、桜は受験の合格や幸運の象徴としても知られています。

この花の短命さが不吉な意味を持つとされる一方で、その美しさや象徴性は多くの人に愛されています。

名前として「桜」を選ぶかどうかは、最終的には親の判断に委ねられます。

個人的には、桜には明るく前向きなイメージがあるため、名前として採用するのも良い選択だと思います。

おすすめの記事