「丞」を名前に使うと良くないとされる5つの懸念点|読み書きの難しさは問題?
スポンサーリンク

日本的な雰囲気を持つ「丞」は、特に男の子の名前によく使われますが、一部では否定的な意見も存在します。

今回は以下の点に焦点を当てます。

  • 「丞」を避けるべき理由
  • 「丞」が適切な名前である理由
  • 「丞」の人気度に関する現状分析

この記事を読むことで、「丞」に関する懸念や疑問が解消されるでしょう。

スポンサーリンク

名前としての「丞」に関する5つの懸念点とは?

「丞」が避けられる理由は主に以下の5点です。

  • 読み書きが困難
  • 補助的な役割を連想させる
  • 過度に個性的(キラキラネーム)と見なされること
  • 芸能人やフィクションのキャラクターを連想させる
  • デジタルデバイスでの文字入力が難しい

1つ目:読み書きの難しさ

「丞」が避けられる主な理由の一つは、一般的に読み書きが難しいことです。

「丞」は人名用漢字であり、常用漢字ではないため、

  • 学校で教えられない
  • 印刷物やメディアであまり見かけない

といった理由で、馴染みの薄い漢字です。

このため、他人が「丞」という名前を正確に読むのは難しいでしょう。

また、電話での説明など、口頭での伝達も困難を伴うことがあります。

2つ目:補助的な役割のイメージ

「丞」が避けられる二つ目の理由は、補助的な役割を連想させることです。

「丞」には「補助する」という意味があり、かつて律令制下での補佐官を指す言葉でした。

このため、「丞」という名前は、補助的な役割を想起させるという見方もあります。

3つ目:個性的な名前としての誤解

「丞」が避けられる三つ目の理由は、キラキラネームとしての誤解です。

1951年に人名用漢字に加えられた「丞」は、あまり一般的ではありません。

このため、一部の人々はこの名前に対して違和感を覚えることがあります。

さらに、様々な読み方が可能で、

  • ショウ
  • ジョウ
  • すけ
  • たすく
  • すすむ
  • つぐ

など、多様な組み合わせでユニークな名前を作ることができますが、これがキラキラネームと見なされる原因となっています。

4つ目:芸能人やキャラクターを想起させる

「丞」が避けられる四つ目の理由は、芸能人やフィクションのキャラクターを連想させることです。

日本の伝統芸能や漫画、アニメのキャラクターに「丞」という名前が多く見られます。

このため、「丞」を名前に選ぶと、現実離れした印象や、周囲からのからかいの対象になる可能性があると考える人もいます。

5つ目:デジタルデバイスでの入力の難しさ

「丞」が避けられる五つ目の理由は、スマートフォンやパソコンでの文字入力の難しさです。

現代では、友人や知人の名前をデジタルデバイスで入力する機会が多いですが、「丞」は「じょう」と入力してもすぐには表示されません。

「すけ」という読み方では比較的早く表示されますが、必ずしもこの読み方をするわけではないため、入力の際に不便を感じることがあります。

スポンサーリンク

「丞」の漢字の由来と意義

漢字「丞」には、困っている人を救うという深い意味が込められています。

この文字は、穴に落ちた人を両側から支えて救う様子を表す象形文字が進化したものです。

この漢字を名前に使用すると、他の漢字との組み合わせによって、「助け合いの心を持つ優しい人に育ってほしい」という願いを表現できます。

また、歴史的には、官庁の補助役を示す言葉としても用いられていました。

例えば、皇帝や王の側近である大臣を「丞相(じょうしょう)」と呼んだこともあります。

この用法から、「丞」には他人を支える、補助するという意味も含まれています。

先ほどもお伝えしましたが、「丞」の読み方には、「ショウ」「ジョウ」「すけ」「すすむ」「たすく」「つぐ」といったバリエーションがあります。音読みでは、「丞ける(たすける)」と読むこともあります。

スポンサーリンク

「丞」が適切な名前である理由

「丞」には赤ちゃんの名前として適切な理由があります。

  • 困っている人を助ける意味合い
  • 古風で落ち着いた印象

助け合いの精神を象徴する

「丞」は本来、

  • 両手
  • ひざまずく人
  • 落とし穴

を組み合わせた字形で、「落とし穴に落ちた人を助ける」という意味を持ちます。

この意味から、「丞」を名前に選ぶことで、困っている人を助ける精神を持った人に育ってほしいという願いが込められています。

歴史的な深みと落ち着き

歴史上の人物には「丞」の名を持つ人が多く、特に江戸時代には「~之丞」という形でよく使われました。

  • 堀江六之丞(ほりえろくのじょう):百姓一揆の指導者
  • 山崎丞(やまざきすすむ):新選組
  • 上野俊之丞(うえのとしのじょう):蘭学者

このように、歴史に詳しい人ほど、「丞」の漢字には古風で落ち着いた印象を持つことでしょう。

「丞」の人気度の現状分析

現在の「丞」の人気度は、以下の2つの指標で分析しました。

  • 赤ちゃんの命名ランキング
  • 「丞」を名前に持つ著名人

赤ちゃんの命名ランキングの分析

最近の赤ちゃんの命名ランキングを見ると、「丞」の人気度が分かります。

  • 男の子:ランク外
  • 女の子:ランク外

参考:明治安田生命 | 名前ランキング2023

予想通り、トップ100には入っていませんが、珍しい名前を求める親にとっては魅力的な選択肢です。

「丞」を名前に持つ著名人

  • 宮本 啓丞(みやもと けいすけ):アナウンサー
  • 松岡 禎丞(まつおか よしつぐ):声優
  • 坂井 丞(さかい しょう):水泳選手
  • 落合 兄丞(おちあい きょうすけ):タレント
  • 森 雪之丞(もり ゆきのじょう):作詞家
  • 高橋 勇丞(たかはし ゆうすけ):野球選手
  • 水玉 螢之丞(みずたま けいのじょう):イラストレーター
  • 瀬川 菊之丞(せがわ きくのじょう):俳優
  • 宮國 椋丞(みやぐに・りょうすけ):野球選手
  • 山崎 銀之丞(やまざき ぎんのじょう):俳優
  • 河合 雪之丞(かわいゆきのじょう):俳優
  • 崎村 祐丞(さきむら ゆうすけ):サッカー選手
  • 堀丞(ほり じょう):俳優
  • 藤原丞(ふじわら たすく):芸人
  • 森雪之丞(もり ゆきのじょう):作詞家

「丞」を名前に持つ著名人は多くはありませんが、一定の存在感はあります。

「丞」を使った男の子の名前130選

  • 丞一(じょういち):第一の存在としての強さと信頼性
  • 丞生(しょうき):生命の輝きと活力ある若さ
  • 丞希(しょうき):希望を持ち、理想を追い求める心
  • 丞紀(しょうき):歴史に名を刻むような偉大さ
  • 丞輝(じょうき):輝くような才能と魅力
  • 丞伍(しょうご):団結力と協調性を持つ
  • 丞吾(しょうご):自己を大切にする強い意志
  • 丞梧(しょうご):梧桐の木のように堅固で信頼性がある
  • 丞二(じょうじ):第二の支えとなる安定感
  • 丞士(じょうじ):士のように誠実で勇敢
  • 丞史(じょうじ):歴史を紡ぐような深い知識
  • 丞司(じょうじ):指導者としての資質と責任感
  • 丞志(じょうじ):高い志を持ち、目標に向かって進む
  • 丞治(じょうじ):治める力と公正さ
  • 丞慈(じょうじ):慈しみ深く、思いやりのある心
  • 丞瞬(じょうしゅん):瞬間を大切にする鋭敏さ
  • 丞仁(しょうじん):仁義を重んじ、人間性豊か
  • 丞介(じょうすけ):介入し、支える力強さ
  • 丞佑(じょうすけ):佑助する力と守護の精神
  • 丞助(じょうすけ):助け合いの心と協力性
  • 丞将(じょうすけ):将来に向けた大きな可能性
  • 丞輔(じょうすけ):輔ける力とサポートの精神
  • 丞晴(しょうせい):晴れやかな心と明るい未来
  • 丞星(じょうせい):星のように輝く存在
  • 丞晟(じょうせい):晟明な知性と洞察力
  • 丞誠(じょうせい):誠実さと真摯な態度
  • 丞武(じょうぶ):武士のような勇気と力強さ
  • 丞太(しょうた):太陽のように明るく元気
  • 丞泰(しょうた):泰然とした落ち着きと安定感
  • 丞冬(しょうと):冬の静けさと内省的な美しさ
  • 丞飛(しょうひ):高く飛ぶような野心と可能性
  • 丞平(しょうへい):平和を愛し、穏やかな心
  • 丞茉(しょうま):茉莉花のように香り高く、清楚
  • 丞真(しょうま):真実を追求する純粋な心
  • 丞馬(しょうま):馬のように力強く、忍耐強い
  • 丞哉(しょうや):大きな可能性を秘めた若者
  • 丞矢(じょうや):矢のようにまっすぐで速い進歩
  • 丞理(しょうり):理にかなった行動と思慮深さ
  • 丞璃(しょうり):璃のように透明感のある純粋さ
  • 丞男(すけじろお):男らしさと勇敢さを兼ね備える
  • 丞弘(すけひろ):広い視野と大きな心を持つ
  • 丞之(すけゆき):進むべき道を示す指導者
  • 丞久(たすく):長く続く努力と忍耐
  • 丞来(たすく):未来への希望と進歩
  • 丞玖(たすく):高貴でありながら謙虚な心
  • 丞琥(たすく):琥珀のように温かみのある魅力
  • 丞駆(たすく):力強く前進する意志と活力
  • 丞人(つぐと):人々を導くリーダーシップ
  • 丞範(つぐのり):模範となる行動と責任感
  • 丞巳(つぐみ):巳のようにしなやかで知恵がある
  • 旦丞(あきすけ):明けの明星のように希望を示す
  • 諒丞(あきつぐ):誠実さと理解力を持つ
  • 栄丞(えいすけ):栄光をもたらす才能と魅力
  • 瑛丞(えいすけ):瑛々と輝く知性と明晰さ
  • 影丞(えいすけ):影のように支える力強さ
  • 桜丞(おうすけ):桜のように美しく、華やかな存在
  • 凰丞(おうすけ):凰のように高貴で威厳のある
  • 莞丞(かんすけ):莞のように柔軟で忍耐強い
  • 希丞(きすけ):希望を持ち、理想を追い求める
  • 杏丞(きょうすけ):杏の花のように優しく、愛らしい
  • 慧丞(けいすけ):慧明のように知恵があり、明るい
  • 啓丞(けいすけ):啓発する力と新たな道を切り開く
  • 蛍丞(けいすけ):蛍のようにひっそりと輝く知性
  • 建丞(けんすけ):建設的な思考と行動力
  • 剣丞(けんすけ):剣のように鋭い洞察力と勇気
  • 拳丞(けんすけ):拳のように強く、不屈の精神
  • 煌丞(こうじょう):煌びやかで華やかな魅力
  • 功丞(こうすけ):功績を成し遂げる才能と努力
  • 晃丞(こうすけ):晃々と輝く明るさと活力
  • 紘丞(こうすけ):紘大な視野と包容力
  • 航丞(こうすけ):航海するように広い世界を目指す
  • 郷丞(ごうすけ):郷に帰る温かさと親しみやすさ
  • 佐丞(さすけ):佐助する力と協力的な性格
  • 爽丞(さわつぐ):爽やかで清々しい魅力
  • 秀丞(しゅうすけ):秀でた才能と優れた能力
  • 修丞(しゅうすけ):修練を重ねた技術と知識
  • 俊丞(しゅんすけ):俊敏で機敏な行動力
  • 駿丞(しゅんすけ):駿馬のように速く、力強い
  • 星丞(しょうすけ):星のように明るく輝く存在
  • 祥丞(しょうすけ):幸福と吉祥をもたらす
  • 渉丞(しょうすけ):広い分野に渉る多才な能力
  • 純丞(じゅんすけ):純粋で清らかな心
  • 潤丞(じゅんすけ):潤いと豊かさをもたらす
  • 真丞(しんすけ):真実を追求する誠実さ
  • 征丞(せいすけ):征服する力と勇気
  • 星丞(せいすけ):星のように輝く明るさ
  • 泉丞(せんすけ):泉のように清らかで豊かな心
  • 奏丞(そうすけ):音楽の奏でるような才能
  • 泰丞(たいすけ):泰然自若とした落ち着き
  • 崇丞(たかつぐ):崇高な理想と志を持つ
  • 只丞(ただすけ):ただ一つの大切な存在
  • 天丞(てんすけ):天から授かった才能
  • 理丞(みちすけ):理にかなった行動と思慮深さ
  • 佑丞(ゆうすけ):佑助する力と守護の精神
  • 結丞(ゆうすけ):結びつきと絆を大切にする
  • 庸丞(ようすけ):庸常な日常に彩りを加える
  • 竜丞(りゅうすけ):竜のように強く、威厳のある
  • 琉丞(りゅうすけ):琉璃のように美しく輝く
  • 了丞(りょうすけ):了解と理解の深い人
  • 諒丞(りょうすけ):誠実で信頼できる人
  • 愛之丞(あいのじょう):愛情深く、人々を惹きつける
  • 藍乃丞(あいのすけ):藍色のように落ち着いた魅力
  • 葵之丞(あおのじょう):葵の花のように明るく元気
  • 明之丞(あきのじょう):明るい未来を照らす存在
  • 彰之丞(あきのじょう):彰明な才能とリーダーシップ
  • 緋之丞(あけのじょう):緋色のように情熱的
  • 曉之丞(あけのじょう):曉のように新しい始まり
  • 朝之丞(あさのすけ):朝のように新鮮で清新
  • 篤之丞(あつのじょう):篤実で誠実な心
  • 絢之丞(あやのじょう):絢爛豪華な魅力
  • 郁之丞(いくのすけ):郁のように成長し続ける
  • 瑛之丞(えいのすけ):瑛々と輝く知性と明晰さ
  • 斧之丞(おののすけ):斧のように力強く、切り開く力
  • 改之丞(かいのじょう):改革をもたらす力と意志
  • 京之丞(きょうのすけ):京の都のように洗練された
  • 圭之丞(けいのすけ):圭のように尖った才能
  • 慶之丞(けいのすけ):慶びと喜びをもたらす
  • 剣乃丞(けんのすけ):剣のように鋭い洞察力
  • 賢乃丞(けんのすけ):賢明で知恵深い
  • 虹之丞(こうのすけ):虹のように多彩で魅力的
  • 作之丞(さくのすけ):作り出す才能と創造性
  • 心之丞(しんのすけ):心の温かさと思いやり
  • 颯之丞(そうのすけ):颯爽とした姿と行動力
  • 陽之丞(はるのじょう):陽光のように温かく明るい
  • 秀之丞(ひでのじょう):秀でた才能と優れた能力
  • 冬之丞(ふゆのじょう):冬の静けさと内省的な美しさ
  • 充之丞(みつのじょう):充実した人生と豊かな心
  • 光之丞(みつのじょう):光のように明るく輝く
  • 夢乃丞(ゆめのじょう):夢を追い続ける情熱

まとめ:「丞」を名前にする際の5つの懸念

「丞」が名前として避けられる主な理由は以下の5点です。

  • 読み書きの難しさ
  • 補助的な役割のイメージ
  • 個性的な名前としての誤解
  • 芸能人やキャラクターを連想させる
  • 文字入力の難しさ

これらの実用的な不便さは否定できませんが、「補佐する」という意味合いは他人を助けるポジティブな側面も持っています。

他人からどのように見られるかは気になるかもしれませんが、名付け親が気に入っていれば、それが最も重要です。

おすすめの記事