【最新】名前に「絢」を使うとよくない6つの理由!「あざむく」の意味に繋がる?
スポンサーリンク

名前としての「絢」に対して疑問を持つ人がいるのはなぜでしょうか?

その主な理由は、「あざむく」という意味に繋がる恐れに不安を抱く方や多くの人が「あや」という読み方しか知らないことや、古風な印象を感じるからです。

この漢字は、1976年から人名用漢字に指定されました。

「綾」や「彩」と比べて、より落ち着いた雰囲気を持ち、「あや」と読む漢字の選択肢としては依然として人気があります。

とはいえ、一部の人々は「名前に向かない」との意見を持っています。

この記事では、以下の点について詳しく解説します。

  • 「絢」の意味と由来
  • 「絢」という漢字の持つイメージ
  • 「絢」の名前としての読み方
  • 「絢」が名前によくないとされる理由
  • 「絢」を名前にふさわしいとされる理由
  • 「絢」の現在の人気度
  • 「絢」を使った名前の例

この記事を読めば、きっと「絢」に対する疑問や不安が解消されるでしょう。

名前に「絢」を使うとよくない6つの理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

「絢」の意味とその由来は?

「絢」の意味とその由来

「絢」という漢字は、「糸」と「旬」によって構成されています。

「旬」は「均」と同じ意味を持ち、「均一な織り目」を表します。

これらの要素から、「美しい織物の模様」という意味の「絢」という漢字が生まれました。

「絢爛(ケンラン)」や「絢飾(ケンショク)」など、「絢」を含む言葉は一般に「美しい様子」を表すことが多いです。

スポンサーリンク

「絢」という漢字の持つイメージは?

「絢」という漢字の持つイメージ

「絢」という漢字は、その美しさから「織物の華やかな模様」を思い起こさせます。

色とりどりの糸を複雑に織り成す様は、目を引く豪華さに満ちており、「華やかさ」や「洗練されたスタイル」の象徴と言えます。

さらに、繊細に織り成された布のように、「繊細さ」「上品さ」「高貴さ」のイメージも与えます。

スポンサーリンク

名前としての「絢」の読み方は?

名前としての「絢」の読み方

「絢」という漢字は、一般的には「あや」という訓読みで読まれ、特に女の子の名前としての人気があります。

しかし近年は、「けん」という音読みで男の子にも使われることが増えています。

また、他の読み方としては「じゅん」「はる」「あ」などもありますが、これらはあまり一般的ではないため、選択する際には注意が必要です。

「あや」と読む他の漢字には、「彩」「綾」「文」「紋」などがあり、「けん」と読む漢字には、「健」「兼」「権」「研」などがあります。これらの漢字を参考にしてみてください。

名前に「絢」を使うのはよくない6つの理由

名前に「絢」を使うのはよくない6つの理由

名前としての「絢」に関して疑問を抱く人が挙げる6つの主な理由を探ってみましょう。

  • 「あざむく」という意味に繋がる恐れ
  • 「あや」以外の読み方の知識が少ない
  • 時代遅れのイメージが強い
  • 名前の重みに負ける可能性
  • 組み合わせによるキラキラネームのリスク
  • 「あや」という名前に対する女性のネガティブなイメージ

「あざむく」という意味に繋がる恐れ

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の一つめは、姓名判断の観点から見ると、「絢」という名前には「あ」の音が2回出てくるため、音の重さが運気の停滞をもたらす恐れがあるとされています。

さらに、「あざむく」という意味合いも想起されがちです。

このため、姓名判断を重視する方々には、「絢」という名前は避けた方が良いかもしれません。

「あや」以外の読み方の知識が少ない

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の二つめは、

多くの人が「あや」という読み方しか知らないことです。

訓読みとしての「あや」
音読みとしての「ケン」

シンプルに「あや」と読まれる場合は広く認知されていますが、他の読み方ではすぐには理解されないことがあります。

フリガナがない場合、特に読みにくい名前になり得るため、生涯にわたる名前としては注意が必要です。

時代遅れのイメージが強い

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の三つめは、時代遅れのイメージが挙げられます。

1976年に人名用漢字として追加されたこの漢字は、新しいように思えますが、実際には1940年代まで使われていた古い漢字の復活です。

そのため、特に高齢の方々には、「絢」という名前は古めかしく、昭和の時代を彷彿とさせるようです。

しかし、若い世代には新鮮でユニークな漢字として受け入れられています。

名前の重みに負ける可能性

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の四つめは、「名前負け」の可能性です。

「豪華絢爛」という言葉が示すように、「絢」という漢字は美しさを強く想起させます。

そのため、特に女の子にこの名前を付ける場合、美しさへの期待というプレッシャーを感じる可能性があります。

組み合わせによるキラキラネームのリスク

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の五つめは、組み合わせによって非常にユニークな、いわゆるキラキラネームになる可能性があることです。

「あや」以外にも「ケン」「しゅん」「はる」といった読み方が可能なため、他の漢字と組み合わせると、多様な名前が作れます。

これは親のセンスに依存しますが、読み方が自由度高い漢字を使う際には慎重さが求められます。

「あや」という名前に対する女性のネガティブなイメージ

「絢」という漢字が名前によくないとされる理由の六つめは、女性の中に「あや」という名前に対するネガティブなイメージがあることです。

いくつかの掲示板では、「あや」という名前の人に対して不快な体験を持つ女性が見受けられます。

しかし、これは「あや」という名前が性格に直接影響するわけではなく、単に同じ名前の人に悪い印象を持つ人がいるという程度のことです。

「絢」を名前にふさわしいとされる2つの理由

「絢」を名前にふさわしいとされる2つの理由

「絢」という名前がなぜ多くの親たちに選ばれるのか、その理由を探ってみましょう。

適切な名前とされるポイントは次の通りです。

  • 美しい成長への願いを込めて
  • 書きやすい漢字構造

美しい成長への願いを込めて

「絢」という漢字は、「織物の美しい模様」という意味を持っています。

これは、親が子供に対して持つ「美しく成長してほしい」という願いを象徴しています。

名前に込められた願いは、時に子供にとって重荷になることもありますが、「絢」という比較的珍しい漢字を用いることで、その意味が他人にはあまり知られていないため、心配は少ないでしょう。

特に女の子に対しては、「織物の模様のような美しさ」を願う意味合いがあります。

書きやすい漢字構造

「絢」という漢字は、「糸」と「旬」から成り立っています。

多くの画数があるものの、構成要素がシンプルであり、小学校の低学年の子供たちでも書きやすいと言えます。

一生名前として自分で書く機会が多いため、書きやすさは重要な要素です。

「絢」はその点でも合格点を得られる漢字です。

「絢」の名前の現在の人気度は?

「絢」の名前の現在の人気度は?

現在、どれくらい「絢」という名前が人気なのか、以下のデータから見てみましょう。

  • 赤ちゃんの命名ランキングでの「絢」
  • 「絢」を含む名前の有名人

赤ちゃんの命名ランキングでの「絢」

赤ちゃんの命名における「絢」の人気度を知るため、最近の命名ランキングを参考にしました。

データによると、「絢」を含む名前は男の子では82位にランクインしていましたが、女の子ではランク外でした。
参考:明治安田生命 | 名前ランキング

「絢」を含む名前の有名人

「絢」という名前を持つ有名人は、様々な分野で活躍しています。

例えば、

  • 大森絢音:女優
  • 大政絢:女優
  • 内山絢貴:女優
  • 吉田絢乃:女優
  • 東野絢香:俳優
  • 永山絢斗:俳優
  • 鈴木絢音:俳優/文筆家
  • 絢香:歌手
  • 堀絢子:声優
  • 中田絢千:モデル
  • 吉丸絢梓:サッカー選手
  • 中橋絢也:サッカー選手
  • 安田絢恵:ハンドボール選手
  • 櫻本絢子:バトミントン選手
  • 中大路絢野:バレーボール選手
  • 正田絢子:レスリング選手
  • 牛久絢太郎:格闘家
  • 大楽絢太:作家
  • 鈴木絢女:国際政治学者

これらの有名人は、それぞれの分野で著名な存在となっており、「絢」という名前が幅広い年齢層に受け入れられていることがうかがえます。

「絢」を使った男の子の名前50選

「絢」を使った男の子の名前50選

男の子に「絢」という漢字を使った名前の例をご紹介します。

さまざまな読み方や組み合わせで、個性的かつ魅力的な名前が生まれます。

  • 絢(ケン):華やかで個性的な魅力を持つ名前。
  • 絢斗(アヤト):活気に満ち、冒険心あふれる若者をイメージする名前。
  • 絢杜(ケント):自然と調和し、穏やかな心を育む名前。
  • 絢心(ケンシン):感性豊かで心の優しさを大切にする名前。
  • 絢大(ケンタ):大きな成長と可能性を秘めた名前。
  • 絢晴(ケンセイ):晴れやかな未来と明るい人生を願う名前。
  • 絢佑(ケンユウ):周囲を助け、支える力強い存在を象徴する名前。
  • 絢大(アヤタ):壮大な夢と目標を持つ名前。
  • 絢太郎(アヤタロウ/ケンタロウ):伝統と新しさを併せ持つ名前。
  • 絢也(ケンヤ):革新的でありながら、誠実さを持つ名前。
  • 絢仁(アヤヒト):人々とのつながりを大切にする名前。
  • 絢一(ケンイチ):唯一無二の個性と才能を示す名前。
  • 絢史(ケンシ):歴史を重んじ、学問に秀でる名前。
  • 絢士郎(ケンシロウ):勇敢で正義感あふれるリーダーを思わせる名前。
  • 絢吾(ケンゴ):自分自身を大切にし、常に前進する名前。
  • 絢樹(アヤキ):堅実で信頼できる、木のように強い名前。
  • 絢輔(ケンスケ):人を支え、共に成長する名前。
  • 絢乃介(アヤノスケ/ケンノスケ):伝統を守りながら新しい道を切り開く名前。
  • 壮絢(ソウケン):壮大で華やかな人生を歩む名前。
  • 絢央(アヤオ):中心となり、人々を引き寄せる名前。
  • 絢音(アヤネ):音楽や芸術に対する感受性が豊かな名前。
  • 絢次(ケンジアヤジ):次世代をリードする革新的な存在を象徴する名前。
  • 絢朔(アヤサク/ケンサク):新しい始まりと冒険心を持つ名前。
  • 絢吉(アヤキチ/ケンキチ):幸運と喜びをもたらす明るい名前。
  • 絢士(アヤシ):知性と品格を兼ね備えた名前。
  • 絢世(アヤセ):世界を舞台に活躍する名前。
  • 絢之伸(アヤノシン):自己成長と拡大を目指す名前。
  • 絢乃輔(アヤノスケ):支え合い、共に成長する関係を意味する名前。
  • 絢治(アヤハル):調和と秩序をもたらす、リーダーシップある名前。
  • 絢彦(アヤヒコ):伝統的な価値と現代的な感覚を併せ持つ名前。
  • 絢広(アヤヒロ):広い視野を持ち、人々に影響を与える名前。
  • 絢文(アヤフミ):文化や芸術に優れ、創造性を示す名前。
  • 絢臣(アヤオミ):社会に貢献し、人々に尊敬される名前。
  • 絢雅(アヤマサ):エレガントで洗練された雰囲気を持つ名前。
  • 絢祥(ケンショウ):幸福と繁栄を願う、明るい未来を象徴する名前。
  • 絢真(ケンマ):真実と誠実さを大切にする名前。
  • 絢希(ジュンキ):希望と夢を追い求める名前。
  • 絢吾(ジュンゴ):自分の道を切り開く強い意志を持つ名前。
  • 絢慎(ジュンシン):慎重で思慮深い、信頼できる名前。
  • 絢輔(ジュンスケ):協力的で他人をサポートする心を持つ名前。
  • 絢大(ジュンダイ):大胆な挑戦と成長を示す名前。
  • 絢聖(ジュンセイ):聖なるような純粋さと誠実さを持つ名前。
  • 絢平(ジュンペイ):平和と調和を愛する心を持つ名前。
  • 絢矢(ジュンヤ):直進する強さと目標達成を意味する名前。
  • 友絢(トモハル):友情と温かい人間関係を大切にする名前。
  • 絢紀(ハルキ):歴史や記録に名を刻むような人生を歩む名前。
  • 絢信(ハルチカ):信念を持ち、常に真実を追求する名前。
  • 絢成(ハルナリ):成長と発展を続ける力強い名前。
  • 絢麻(ハルマ):自然と調和し、心地よい安らぎを与える名前。
  • 絢靖(ハルヤス):穏やかで平和を愛する心を持つ名前。

「絢」を使った女の子の名前50選

「絢」を使った女の子の名前50選

女の子にも人気の「絢」を使った名前の例を集めました。

多様な響きと意味合いで、それぞれの子にぴったりの名前が見つかると思いますので、名付けの参考にしてくださいね。

  • 絢(アヤ):華やかで明るい未来を象徴する名前。
  • 絢華(アヤカ):美しい花のように愛らしく、魅力的な名前。
  • 絢音(アヤネ):音楽のように心地よく、感性豊かな名前。
  • 絢乃(アヤノ):優雅で、品のある落ち着きを持つ名前。
  • 絢子(アヤコ):伝統的な美しさと現代的な輝きを合わせ持つ名前。
  • 絢那(アヤナ):華やかでありながら、深い内面の美を持つ名前。
  • 絢瀬(アヤセ):清らかな水辺の景色を思わせる清潔感ある名前。
  • 絢羽(アヤハ):羽のように軽やかで、自由な精神を持つ名前。
  • 絢美(アヤミ):美しさと知性を兼ね備えた名前。
  • 絢芽(アヤメ):新しい生命の芽吹きを象徴する希望あふれる名前。
  • 絢莉(アヤリ):華やかでありながら、上品な魅力を持つ名前。
  • 咲絢(サアヤ):花のように咲き誇る明るい人生を願う名前。
  • 絢香莉(アカリ):光輝く未来と香り高い存在を意味する名前。
  • 麻絢(マアヤ):自然な美しさと心地よい個性を持つ名前。
  • 絢帆(アヤホ):帆のように風を受けて進む、強く美しい名前。
  • 絢紗(アヤサ):繊細で美しい絹のような柔らかさを持つ名前。
  • 絢絵(アヤエ):絵画のように色鮮やかな人生を送る名前。
  • 乃絢(ノア):優雅で、穏やかな存在感を持つ名前。
  • 莉絢(リア):美しい花のような華やかさと優しさを持つ名前。
  • 由絢(ユア):由緒ある美しさと、個性的な魅力を持つ名前。
  • 優絢(ユウア):優しさと華やかさを兼ね備えた名前。
  • 琉絢(ルア):宝石のように輝く美しさと強さを持つ名前。
  • 絢心(アコ):心から溢れる美しさと感性を持つ名前。
  • 絢桜(アオ):桜のように美しく、瞬く間に心を奪う名前。
  • 絢佳(ジュンカ):優れた美しさと、心地よい響きを持つ名前。
  • 絢那(ジュンナ):華やかでありながら、深い思慮を持つ名前。
  • 絢陽(ハルヒ):陽光のように温かく、明るい未来を象徴する名前。
  • 小絢(コハル):小さながらも輝く存在感を持つ名前。
  • 千絢(チハル):千の美しさを秘めた、多彩な魅力を持つ名前。
  • 絢衣星(アイセ):星のように輝く存在感と美しさを持つ名前。
  • 絢衣音(アイネ):美しい衣装のように華やかな音色を持つ名前。
  • 絢央衣(アオイ):中心となる美しさと、清らかなイメージを持つ名前。
  • 絢咲子(アサコ):花のように美しく咲き誇る名前。
  • 絢優羽(アユハ):優雅な羽のように軽やかで美しい名前。
  • 絢里咲(アリサ):華やかな里で咲く花のような名前。
  • 絢莉珠(アリス):珠のように貴重で、輝きを放つ名前。
  • 絢寿(アズ):長寿と幸福を願う、華やかな名前。
  • 絢優(アユ):優雅でありながら、力強い意志を持つ名前。
  • 有絢(アリア):存在そのものが華やかで、人を惹きつける名前。
  • 心絢(ミハル):心から溢れる美しさと、暖かさを持つ名前。
  • 羅絢(ラアヤ):織物のように緻密で美しい名前。
  • 梨絢(リアヤ):梨のように甘く、優しい魅力を持つ名前。
  • 絢々咲(アアサ):華やかに咲き乱れる美しい姿を表す名前。
  • 絢紗南(アサナ):南国のように明るく、温かい名前。
  • 絢優芽(アユメ):優しい芽吹きのように、穏やかで希望に満ちた名前。
  • 絢心咲(アミサ):心から溢れる愛と、花のように美しい名前。
  • 絢月華(アゲハ):月夜に咲く花のように神秘的で美しい名前。
  • 絢衣月(アイル):衣をまとう月のように、静かで美しい名前。
  • 絢夏音(アカネ):夏の音色のように明るく、元気な名前。
  • 絢來(アキ):未来への期待と希望を込めた名前。

まとめ:「絢」という名前、最終的にどうする?

まとめ:「絢」という名前、最終的にどうする?

名前としての「絢」に対して懸念される点は、主に次の6つです。

  • 「あざむく」という意味に繋がる恐れ
  • 「あや」以外の読み方の知識が少ない
  • 時代遅れのイメージが強い
  • 名前の重みに負ける可能性
  • 組み合わせによるキラキラネームのリスク
  • 「あや」という名前に対する女性のネガティブなイメージ

これらは「絢」という漢字自体に問題があるわけではなく、主に個々のイメージや印象に基づく意見です。

実際、漢字としての「絢」には何の問題もありません。

最終的な私の意見としては、「絢」という名前を選ぶこと自体に何の問題もないと考えます。

もし親御さんがこの名前を気に入っていれば、細かな懸念を気にせずに、お子さんにこの美しい名前を選んであげるのも素敵な選択です。

おすすめの記事