【最新】名前に「慶」を使うと良くない6つの理由!実は縁起が悪い?
スポンサーリンク

「慶」という漢字、名前に使うのは本当に避けるべきでしょうか?

縁起や実用性に関しては確かに疑問がありますが、一概に悪い漢字とは言えないのかもしれません。

最終的には名付ける側の判断が大切です。

「慶」という漢字は、一見すると高貴で重厚な印象を与えます。

しかし、一部の人々は「名前には良くない」と警鐘を鳴らしています。

この記事では、以下の点について詳しく解説していきます。

  • 「慶」の意味とその由来
  • 「慶」の持つイメージ
  • 「慶」は名前として良くない6つの理由
  • 「慶」を名前にふさわしいとされる理由
  • 「慶」の現在の人気度
  • 「慶」を使った子供の名前例

この記事を読めば、「慶」を名前に使うべきかどうかの判断がしやすくなるはずです。

名前に「慶」を使うと良くない6つの理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

「慶」の意味とその由来は?

「慶」の意味とその由来は?

「慶」という漢字は、祝い事や喜びを表す意味を持ちます。

その成り立ちには2つの説があります。

一つは、お祝いの際に鹿の皮を贈る習慣から、「鹿」と「心」を組み合わせたものです。

もう一つは、古代の裁判で勝利者に与えられた聖獣「廌」の胸に「心」を加える行為に由来します。

どちらの説も、喜びや祝福のシーンを象徴しています。

スポンサーリンク

「慶」の持つイメージは?

「慶」の持つイメージは?

「慶」は、その意味から明るく楽しいイメージを持ちます。

歴史上の人物、例えば戦国時代の武将「前田慶次」や江戸幕府の最後の将軍「徳川慶喜」にも使われているため、強さや男らしさを連想させることも。

また、「和風慶雲」「大慶至極」などの四字熟語にも見られるように、賢さや上品さ、ポジティブな印象も与えます。

スポンサーリンク

名前に「慶」は良くないとされる6つの理由

名前に「慶」は良くないとされる6つの理由

名前に「慶」が良くないとされる理由は以下の6つです。

  • 高級感が強く、敬遠されることがある
  • 縁起が良い漢字が逆に不吉とされることがある
  • 子供には書きにくい
  • 画数の多さが問題
  • 名前に負けることが心配される
  • 女の子の名前に使うと男の子と間違われることがある

これらの理由には驚かれるかもしれませんが、これからご説明しますので、ご覧ください。

高級感が強く、敬遠されることがある

「慶」の字は、格式が高く伝統的なイメージを持ちます。

これが、名前の持ち主に対して特定の固定観念を抱かせる可能性があり、自由度や柔軟性を重視する場合には適さないかもしれません。

縁起が良い漢字が逆に不吉とされることがある

一見「めでたい」や「幸福」といったポジティブな意味を持つ漢字ですが、「慶」のような漢字は、幸せの後に不幸が来るという考え方もあります。

このような解釈に基づくと、「慶」は名前に使うのに適さないとされることもあるのです。

子供には書きにくい

「慶」は小学校では習わないため、小学生にとっては馴染みの薄い漢字です。

同年代の子供たちは書くことが難しく、名前の持ち主自身も書道の時間に苦労することが予想されます。

複雑な漢字であるため、墨で塗りつぶしたような仕上がりになることもあり得ます。

画数の多さが問題

「慶」は15画と画数が多く、他の漢字と組み合わせるとさらに多くなります。

これにより、名前を書くのに時間がかかることが問題となることも。

特に時間制限のあるテストでは、解答時間が削られる可能性があります。

名前に負けることが心配される

「慶」は良い意味を持つ漢字ですが、歴史上の偉人にも使われているため、「名前負け」を心配する声もあります。

この漢字を名前に使うことに対して、一部では慎重な意見が出ることがあります。

女の子の名前に使うと男の子と間違われることがある

「慶」という漢字は、男の子の名前としてよく使われます。

しかし、女の子にこの漢字を使うと、性別を誤解されることがあります。

他にも「けい」と読む漢字は多いため、「慶」を選ぶ必要性に疑問を持つ人もいます。

「慶」は名前にふさわしい3つの理由

「慶」は名前にふさわしい3つの理由

「慶」という漢字が名前にふさわしいと私が考えるのは、以下の3つの理由に基づいています。

  • ポジティブなイメージが溢れる「慶」
  • 説明しやすい「慶」
  • 画数がもたらす良い運勢

それでは、これらの理由を一つずつ見ていきましょう。

ポジティブなイメージが溢れる「慶」

「慶」を名前に選ぶ人は、この漢字が持つ明るく祝福的なイメージに惹かれることでしょう。

私自身も「慶」を見ると、以下のようなポジティブな印象が浮かびます。

  • 慶事(祝い事)
  • 慶春(新春を祝う挨拶)
  • 慶應義塾大学(慶応大学)

このように、「慶」の字を見ると、多くの人が好意的なイメージを持つことでしょう。

説明しやすい「慶」

「慶」は書くのが難しい漢字かもしれませんが、一般的にはよく知られています。

例えば、電話で自分の名前を説明する際には、

慶応大学の「慶」と書きます。

 

松坂慶子の「慶」と書きます。

と言えば、すぐに理解してもらえるでしょう。

画数がもたらす良い運勢

姓名判断では、名前の画数によって運勢が左右されるとされています。

特に「慶」の15画は、地格(名前だけの画数)において最上位のランクに位置します。

これは、特に人生の前半において良い運勢をもたらすとされています。

※人生の後半の運勢は、名前全体の画数によって判断されると言われています。

「慶」の現在の人気度は?

現代において、「慶」の漢字はどれほどの人気を誇っているのでしょうか?

以下の2つの指標からその人気度を探ります。

  • 「慶」の命名ランキング
  • 「慶」を名前に持つ有名人

「慶」の命名ランキング

毎年、赤ちゃんに付けられた名前の人気ランキングが発表されています。

最新のデータによると、「慶」を含む名前は男の子では92位にランクインしていますが、女の子ではランク外でした。
参考:【明治安田生命】名前ランキング

これは、「慶」が決して主流ではないものの、特別珍しいわけでもないことを示しています。

「慶」を名前に持つ有名人

「慶」の漢字を名に持つ有名人は多数います。

例えば、

  • 荻野目慶子:俳優
  • 松坂慶子:俳優
  • 久冨慶子:アナウンサー
  • 小島一慶:ナレーター
  • 中尾明慶:タレント
  • 小島慶子:タレント、エッセイスト、元アナウンサー
  • 小山慶一郎:アイドル
  • 佐藤慶:俳優
  • 荒牧慶彦:俳優
  • 橘慶太:歌手
  • 川原慶久:声優
  • 東慶悟:サッカー選手
  • 知念慶:サッカー選手
  • 坪井慶介:元サッカー選手
  • 飯尾一慶:元サッカー選手
  • 井川慶:野球選手
  • 大川慶悟:水球選手
  • 鈴木慶一:ミュージシャン
  • 浅利慶太:実業家
  • 徳川慶喜:徳川幕府将軍
  • 前田慶次:戦国時代の武将

これらの例からも、「慶」の漢字は多様な分野で活躍する人々に愛されていることがわかります。

「慶」を活用した男の子の名前50選

「慶」を使った男の子の名前を、バラエティ豊かな50例を紹介します。

定番からユニークな名前まで、名付けの際の参考にしてみてください。

  • 慶(けい):慶びを常に持ち、幸せを呼ぶ名前。
  • 慶大(けいた):大きな慶びと成功を願う、希望に満ちた名前。
  • 慶汰(けいた):広い心を持ち、人々を包み込む名前。
  • 慶太(けいた):太陽のように明るく、力強い意志を持つ名前。
  • 慶門(けいと):新しい門出を祝福し、未来への道を切り開く名前。
  • 慶斗(けいと):戦う力と、大きな慶びを持つ名前。
  • 慶仁(けいと):仁愛に満ち、人々を惹きつける名前。
  • 慶次(けいじ):次々と成功を収め、前進し続ける名前。
  • 慶児(けいじ):子供らしい純粋さと、成長への期待を込めた名前。
  • 慶典(よしのり):典範となるような、立派な人物になることを願う名前。
  • 慶伍(けいご):団結力と、共に歩む強さを持つ名前。
  • 慶悟(けいご):悟りを開き、知恵と洞察力を持つ名前。
  • 慶吾(けいご):自己を大切にし、堂々とした存在感の名前。
  • 慶輔(けいすけ):支える力と、周囲を助ける優しさの名前。
  • 慶亮(けいすけ):亮らかで、明るい未来を照らす名前。
  • 慶志(けいし):志高く、大きな目標に向かって進む名前。
  • 慶士(けいし):士のように高潔で、品格ある名前。
  • 慶治(よしはる):治める力と、平和をもたらす名前。
  • 慶陽(よしはる):陽のように温かく、人々を照らす名前。
  • 慶昌(よしあき):昌盛をもたらし、繁栄する名前。
  • 慶明(よしあき):明るく、知的な輝きを放つ名前。
  • 慶希(よしき):希望を持ち、理想を追い求める名前。
  • 慶和(よしかず):和やかで、人々との調和を大切にする名前。
  • 晃慶(あきよし):輝く晃のように明るく、慶びと希望をもたらす名前。
  • 真慶(まさよし):真実と誠実さを大切にし、慶びを分かち合う名前。
  • 慶幸(よしゆき):幸せを運び、周囲に慶びを広げる名前。
  • 慶磨(けいま):磨き抜かれた才能で、成功と慶びを収める名前。
  • 慶弥(けいや):広がりと発展を意味し、慶びを運ぶ名前。
  • 慶裕(よしひろ):裕福な心で、慶びと豊かさをもたらす名前。
  • 慶俊(けいしゅん):俊逸な才能で、慶びと成功を目指す名前。
  • 慶考(よしたか):深い思考と、慶びをもたらす知恵の名前。
  • 慶昌(よしまさ):昌盛と繁栄を象徴し、慶びを育む名前。
  • 和慶(かずよし):和やかな心で、周囲に慶びをもたらす名前。
  • 慶剛(よしたけ):剛毅な心で、困難を乗り越え慶びを得る名前。
  • 慶亘(よしのぶ):広く亘る慶びと、長い成功を願う名前。
  • 慶人(よしと):人々に慶びをもたらし、優しさ溢れる名前。
  • 泰慶(やすよし):泰平の慶びと、安定した幸福を願う名前。
  • 慶治郎(けいじろう):治める力と、慶びを分かち合う名前。
  • 慶樹(けいじゅ):樹のように成長し、慶びを育む名前。
  • 慶知(よしとも):知恵と慶びを兼ね備え、人々を導く名前。
  • 慶忠(よしただ):忠実さと慶びを持ち、信頼される名前。
  • 佳慶(よしちか):佳しい慶びと、美しい人生を歩む名前。
  • 慶志郎(けいしろう):志高く、慶びと成功を目指す名前。
  • 慶真(けいしん):真実と誠実さを持ち、慶びを分かち合う名前。
  • 重慶(しげよし):重厚な慶びと、深い信頼を象徴する名前。
  • 春慶(はるちか):春のように明るく、慶び溢れる名前。
  • 匡慶(まさちか):正しさと慶びを持ち、人々を導く名前。
  • 慶汰朗(けいたろう):明るく慶びを広げ、希望に満ちた名前。
  • 慶匠(けいしょう):匠の技と慶びを持ち、創造力豊かな名前。
  • 尚慶(ひさよし):尚び高い慶びと、長い成功を願う名前。
  • 慶喜(けいき):喜びと慶びを持ち、周囲を明るくする名前。
  • 一慶(いちか):一つの慶びを大切にし、独特な魅力の名前。
  • 慶成(けいせい):成し遂げる力と、慶びを持つ名前。
  • 乙慶(いっけい):乙女座のように独特で、慶びを持つ名前。
  • 高慶(たかよし):高い志と慶びを持ち、目標に向かう名前。
  • 直慶(なおちか):直接的な慶びと、誠実さを持つ名前。
  • 慶之丞(けいのすけ):慶びを支える力と、頼もしさの名前。
  • 忠慶(ただよし):忠実さと慶びを持ち、信頼される名前。
  • 信慶(のぶよし):信じる力と、慶びを持つ名前。
  • 慶哉(きょうや):慶びと喜びが溢れる、明るい未来の名前。
  • 侑慶(ゆうけい):助ける力と、慶びを持つ名前。

「慶」を使う女の子の名前50選

次に、「慶」を使った女の子の名前を、バラエティ豊かな50例を紹介します。

定番からユニークな名前まで、名付けの際の参考にしてみてください。

  • 慶(きょう):慶びを常に持ち、幸せを呼ぶ名前。
  • 慶恋(けいこ):愛される存在で、恋多き幸せを願う名前。
  • 慶呼(けいこ):呼びかけるような温かさと、人々を惹きつける名前。
  • 慶香(けいか):香り高く、周囲を魅了する美しさの名前。
  • 慶禾(けいか):禾のように成長し、豊かな人生を願う名前。
  • 慶夏(けいか):夏のように明るく、活発な魅力の名前。
  • 慶菜(けいな):菜園のように豊かで、健やかな成長を願う名前。
  • 慶凪(けいな):凪のように穏やかで、平和な心の名前。
  • 慶登(けいと):登る力強さと、高みを目指す意志の名前。
  • 慶音(けいと):音楽のように美しく、心に響く名前。
  • 慶佳(よしか):佳しい日々を願い、美しい人生の名前。
  • 慶果(よしか):果実のように甘く、実り多き人生の名前。
  • 慶花(のりか):花のように美しく、華やかな人生を願う名前。
  • 慶圭(のりか):圭のように尖り、目標を達成する名前。
  • 慶子(よしこ):子供らしい純粋さと、幸せを願う名前。
  • 慶枝(よしえ):枝のように広がり、人との繋がりを大切にする名前。
  • 慶依(けい):依存するように、人々に愛される名前。
  • 一慶(いちか):一つの慶びを大切にし、独特な魅力の名前。
  • 慶未(よしみ):未来に向かって慶びを持ち、希望に満ちた名前。
  • 慶乃(よしの):乃の字がもたらす、穏やかな麗しさの名前。
  • 慶伽(きょうか):伽のように神秘的で、魅力的な名前。
  • 未慶(みのり):未来に慶びを持ち、豊かな収穫を願う名前。
  • 光慶(みのり):光のように明るく、慶びを照らす名前。
  • 美慶(みちか):美しさと慶びを持ち、魅力的な人生の名前。
  • 沙慶(さちか):沙のように細やかで、慶びを持つ名前。
  • 慶樹(けいき):樹のように成長し、慶びを育む名前。
  • 慶葉(よしは):葉のように新鮮で、慶びを持つ名前。
  • 慶穂(よしほ):穂のように豊かで、慶びを育む優しい名前。
  • 莉慶(りちか):莉のように繊細で、慶びを持つ美しい名前。
  • 慶湖(やすこ):湖のように穏やかで、慶びを湛える名前。
  • 慶姫(けいひ):姫のように優雅で、慶びを纏う名前。
  • 慶恵(ちかえ):恵まれた才能と、慶びを持つ名前。
  • 慶与(ちかよ):与える喜びと、慶びを持つ温かい名前。
  • 慶奈(よしな):奈良のように歴史的で、慶びを持つ名前。
  • 慶実(けいみ):実のように豊かで、慶びを持つ名前。
  • 慶梨(けいり):梨のように甘く、慶びを持つ名前。
  • 慶凛(けいりん):凛とした強さと、慶びを持つ名前。
  • 慶沙(けいさ):沙のように細やかで、慶びを持つ名前。
  • 葵慶(ききょう):葵の花のように明るく、慶びを持つ名前。
  • 慶麻(けいま):麻のように自然で、慶びを持つ名前。
  • 慶衣(よしい):衣のように身に纏う、慶びを持つ名前。
  • 慶愛(けいあ):愛に満ち、慶びを持つ温かい名前。
  • 慶朋(けいほ):友と共に慶びを分かち合う、親しみやすい名前。
  • 真慶(まちか):真実と誠実さを持ち、慶びを分かち合う名前。
  • 宇慶(うきょう):宇宙のように広く、慶びを持つ名前。
  • 妃慶珠(きよみ):妃のように優雅で、慶びの珠を持つ名前。
  • 慶良(けら):良いことへの慶びと、幸せを願う名前。
  • 紗慶子(さよこ):紗のように繊細で、慶びを持つ名前。
  • 多慶子(たけこ):多くの慶びを持ち、幸せを願う名前。
  • 慶江(のりえ):江のように流れる慶びと、穏やかな名前。
  • 慶美(のりみ):美しさと慶びを持ち、魅力的な人生の名前。
  • 慶代(のりよ):代々続く慶びと、長い幸せを願う名前。
  • 慶心(やすみ):心に慶びを持ち、穏やかな愛情の名前。
  • 慶世(やすよ):世界に慶びを広げる、平和を願う名前。
  • 凛慶(りんけい):凛とした強さと、慶びを持つ名前。
  • 慶春(けいしゅん):春のように新しい慶びと、希望の名前。
  • 慶和(けいわ):和やかな慶びと、穏やかな人生の名前。
  • 慶江子(けえこ):江のように流れる慶びと、優しさの名前。

まとめ:「慶」という名前、最終的にどうする?

「慶」という漢字が名前に良くないとされる主な理由は以下の6点です。

  • 高級感が強く、敬遠されることがある
  • 縁起が良い漢字が逆に不吉とされることがある
  • 子供には書きにくい
  • 画数の多さが問題
  • 名前に負けることが心配される
  • 女の子の名前に使うと男の子と間違われることがある

これらの点には一定の不便さがあるかもしれませんが、それ以外は大きな問題ではないと思われます。

私の見解では、「慶」を含む名前は十分に選択肢として考えられます。

親御さんがこの名前を気に入っていれば、小さな懸念点は気にせずに選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事