融資・資金調達のサポート

開業資金の調達を考えている方へ

  • 事業を始めるための借り入れをしたい
  • 補助金や助成金も活用したい
  • 経営計画書の書き方が分からない
  • どの金融機関に相談すればいいのか分からない
  • 開業後も適切に資金を運用していくためのアドバイスが欲しい
  • 融資を受けるためのサポートをして欲しい

事業内容にもよりますが、設備投資が必要なものや、黒字までに時間がかかる場合には、自己資金以外に外部から資金を調達する必要があります。しかし、開業前は実績がまだないため、しっかりと数字に基づく経営計画書を作成し、説得力のある申請をしなければ、金融機関も知人もお金を貸してくれません。

当事務所は、開業のために必要な資金だけでなく、今後の運転資金なども全て考慮した上で、資金調達のための力強い資料となる経営計画書の作成をお手伝いさせて頂いております。資金についての不安がある方や、確実な事業スタートを切りたい方は、ぜひ近江清秀公認会計士税理士事務所へご相談ください。

金融機関における融資の流れ

融資相談

まずは融資申請を検討している旨を窓口でお話し頂き、プランや申請方法についての説明を受けます。

融資の申請

経営計画書を始めとする各種資料を揃えて、融資の申請を行います。多くの場合、経営者が金融機関の担当者と面談をすることになります。

審査

事業所などの調査や、担保物件の確認、そして事業計画の実効性などを審査します。

融資決定、契約

融資が決定されれば、その後は具体的な契約手続きを進めていくことになります。

資金振込み

金融機関から融資するお金が振り込まれます。

その後の経営状況確認

資金の使い道や、売上、利益などの報告が必要なこともあります。

資金調達する際のポイント

融資を申し込む際には、以下のポイントを重点的に審査されることになります。当事務所では、これらの観点を踏まえた経営計画書や申請書の作成をサポートさせて頂きます。

  • 事業計画書はしっかりと考えて作られているか
  • 売上見込みや黒字化の時期は現実性があるか
  • 返済計画表には根拠があるか
  • 経営者は信頼できるか
  • 担保はあるか
  • 保証人はいるか
  • 自己資金はどれくらい持っているか
  • 熱意や本気度が感じられるか
  • 近江清秀公認会計士税理士事務所 OFFICIAL SITE
  • 相続でお悩みの方はこちら 安心できる神戸相続NAVI
  • 公式Facebook
(078)959-8522